FC2ブログ
高齢者向けワクチン、ついに予約受付へ
- 2021/04/20(Tue) -
「医療関係者の協力が足らず、65歳以上だけに限定しても今年いっぱいか、場合によっては来年までかかる」

昨日も取り上げた、下村政調会長のムカつき発言。ガッカリなのは、メディアも賛同傾向だということです。
モーニングショーでは、医師会何してる、町医者が接種すればいいんだ、みたいな発言が相次いでいました。

何言ってるんですか。少なくとも熊本市では、医師会も開業医も保健所も、みな精一杯協力してますよ。
一般向けの新型コロナワクチン接種について、当院はこれまでに、次のような手続等を行ってきました。

(1)1月30日、熊本市保健所と医師会による、一般向けワクチン接種についての最初のWEB説明会
(2)2月5日、保健所の「住民向け接種に関する調査票」に、当院は4月から一般向け接種が可能であると回答
(3)2月19日、厚労省の専用フォームを使って「集合契約の委任状」を作成、印刷して保健所に郵送

あとは厚労省から、「ワクチン接種円滑化システム(V-SYS)」のIDが付与されるのをずっと待っていると、

(4)3月15日、厚労省からID連絡メール。ずいぶん待たせたくせに、24時間以内に手続きせよとせかします。
(5)そして本日、熊本市から「住民向け接種に係る予約受付の事前準備について」という書類が届きました。

同時に本日、熊本市では高齢者の接種を5/19に開始することが発表されました。予約受付は5/6からです。

ワクチンの確保がこれほどまでに遅いのは、日本がワクチン後進国(=ワクチンを軽視する国)だからです。
しかし自治体は、着実に準備を進めています。コロナ感染対策とワクチン準備を同時にこなすのは大変です。

多くの医療機関が、住民への接種を行う旨を早くから表明し、保健所の準備が整うのをずっと待ってきました。
その予約受付システムがようやく完成し、今日、接種日時や人数を具体的に計画できる段階に入ったのです。
医療関係者はみな「待ってました〜!」と叫んでますよ。「協力が足りない」などと言われる筋合いなどない。

この記事のURL | 予防接種 | CM(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ