FC2ブログ
独裁者のツーショット
- 2018/08/01(Wed) -
「奈良判定」ですか。日本のアマチュアボクシング界では、そのような不正がまかり通っているようです。

2年前の岩手国体における、岩手代表選手と奈良代表選手の試合の動画には、唖然とします。
アマチュアのルールでは、ダウンの評価がプロとは異なるそうですが、それにしてもひどい判定でした。
勝った奈良の選手も、試合後に勝者として手を挙げるのを明らかに躊躇していましたからね。

ボクシング連盟を私物化していると、連盟関係者ら300人以上から告発されたのが、終身会長の山根明氏です。
この人がまあ、なんともガラが悪い。

その山根氏に対して、高校総体の開会式の挨拶で今日、岐阜県の連盟幹部が辞任を求める発言をしました。
勇気ある行動だと思いますが、山根会長による報復が心配です。なにしろ独裁者ですから。

報復でいうなら、日大アメフト部の悪質タックル問題に関係して報復人事を行った、田中英寿理事長でしょう。
田中氏の辞任を求める日大職員組合の要望書に賛同して署名した人たちが、役職を解任されました。
日大もまた、田中氏が私物化しているようです。そしてこの人もまた、ひどくガラが悪い。

ネットはいま、田中英寿氏と元サッカー選手の中田英寿の名前が似ていることで盛り上がっています。
さらに、その田中氏とボクシング連盟の山根氏との恐るべきツーショット写真が、拡散しています。
2人とも、もう、その筋の人にしか見えません。
人を外見で判断しちゃいけませんけど、独裁者って、目つきが悪くなるんですかね。

この記事のURL | スポーツ | CM(0) | ▲ top
暑さ指数と運動
- 2018/07/21(Sat) -
全国多数の場所で猛暑を記録したというけど、昔に比べて観測点が増えただけじゃないの?
昔は、エアコン(クーラー)なんてなかった。最近の日本人が、暑さに弱くなっただけじゃないの?

などと言うのはたぶんもう、間違いです。きっとホントに異常に暑いのです。日本中がいま、大変なのです。
今月いっぱい猛暑が続き、8月に少し収まるけど、8月下旬からまた猛暑になるというイヤな予報も聞きます。

昔は「不快指数」なんて指標を使っていましたが、今年よく聞くのは「暑さ指数(WBGT)」ですね。

不快指数は、気温と湿度から計算する数値ですが、暑さ指数は、周辺の熱環境も考慮した数値とのこと。
WBGTは「Wet-Bulb Globe Temperature(湿球黒球温度)」の略だと。LGBTとは関係なさそう。

「黒球温度(A)」は、黒い玉の中の温度で、日なたの体感温度と相関がある
「湿球温度(B)」は、汗が蒸発するときに感じる涼しさを表す
「乾球温度(C)」は、普通の温度計の温度

屋外では、WBGT (℃) = 0.2A+0.7B+0.1C 、屋内では、WBGT (℃) = 0.3A+0.7B、と算出するそう。

この指標は、1954年に米海兵隊で開発されたそうですが、興味深いのはアメリカスポーツ医学会の指針です。
WBGTが28℃以上の場合は、10マイル以上の長距離走を禁止する、というもの。
これを踏まえて日本体育協会も、WBGT28℃以上は厳重警戒(激しい運動は中止)としています。

さて、今朝の東京のWBGT実測値は、朝7時で29.1℃、8時が30.0℃、9時が29.9℃でした。
東京オリンピックのマラソンは、スタート時間を午前7時に早めるそうですが、焼け石に水ですな。

この記事のURL | スポーツ | CM(0) | ▲ top
残念だけど誇らしい
- 2018/07/03(Tue) -
残念でした、今朝のベルギー戦。でも日本はよく戦った。今日はどうしても、サッカーの話題です。

休診日なので心置きなく夜中に起きて、ソファーに座って愛犬を撫でながら観戦しました。
前半からずっと良かった。鋭いパスがよく通るし、スピード感があるし、チャンスを生かして2点先制です。
これはすごい。まぐれじゃありませんよね。これが日本の実力。もしかして、勝っちゃうの?

時間帯が早朝でなければ、ビールを1本プシュッと開けて前祝いでもしようかと思うほどでした。
翌朝ビデオで観戦しようという人たち(家人も)が、可哀想でなりません。この歴史的快挙は、生で見なきゃ。
興奮してノドがひどく乾いてきましたが、画面から目を離したくなかったので、ビールどころか水も飲まず。

問題は、ベルギーに1点入れられたときです。まだ1点勝っているのに、いや〜な汗が出てきました。
逆転されはしないかと、不吉な気持ちが芽生えてきました。いや、そう思うこと自体が不吉。まだ勝ってる。
いやしかし、ヘタをしたら追いつかれてしまうという恐怖は、ますます強まります。

追いつけ追い越せと勢いに乗るベルギー選手は、おそらくアドレナリン最高潮で勢いづいています。
一方で日本チームは、追いつかれまいと守りながらも攻め続けるという、微妙に危機的な精神状態。

ああ、ついに同点。サッカーに限らず多くのスポーツで、追いつかれた方が圧倒的に不利です。同点なのに。
このまま延長戦にもつれ込んだら勢いで負ける、と思えてきた矢先、その前に決着がついてしまいました。

まるで昔見た、あの「ドーハの悲劇」を思い出す、ゲーム終了直前の、あっけない幕切れでした。
でも今日は、日本チームが一段階ステップアップしたような印象を受けて、誇らしい気持ちになりました。

この記事のURL | スポーツ | CM(0) | ▲ top
時間かせぎ戦法への賛否
- 2018/06/29(Fri) -
戦略上は的確な判断だったとしても、時間かせぎのボール回しが延々と続くのを見るのは、辛かったですね。
私にしては珍しく夜更かしして見たサッカーW杯ポーランド戦は、嬉しさと虚しさが交錯する幕切れでした。

今日は日本中で賛否両論。こういう盛り上がりは、国会問題等で議論するよりは、よほど楽しい。

最後まで攻め続けて自力での決勝進出を目指すべきだと、試合中に私は思いましたが、素人考えですかね。
たしかに、あの状況で果敢に点を取りにいってカウンターで0―2になれば、結果的には最悪です。
でも、「SAMURAI BLUE」という名前はちょっと、わきに隠しておきたい気分になりました。

スタジアムに大ブーイングが響く中、0―1での負けを維持する戦法で決勝トーナメント進出を決めた日本。
ポーランドチームもまた、日本の無気力が伝染したかのように、時間消化に付き合ってくれました。
下手に攻めてカウンターで追いつかれるリスクを恐れたのでしょう。両国の利害が一致したわけです。

私はその時、こうなりゃセネガルが得点すればいいのにとさえ思い、チラチラNHKの方も見ていました。
セネガルが得点したのを知って日本が戦意を取り戻し、攻撃に転じて見事に得点する。それなら最高なのに。

最後まで戦い抜いたセネガルに、日本が「フェアプレーポイント」の差で勝ったというのも、実に皮肉な話。
今日の戦いを正当化するためには、決勝トーナメントの1回戦で勝って、世界に実力を示すしかありませんね。
FIFAランキング3位のベルギー戦。日本時間で7月3日の午前3時からですか。厳しい時間帯になりそうです。

この記事のURL | スポーツ | CM(0) | ▲ top
ロナウドか、ロナルドか
- 2018/06/16(Sat) -
サッカーワールドカップが始まりました。
昨日は、クリスティアーノ・ロナウドがハットトリックを見せてくれました。すごいです。
で、毎度のことですが、テレビでは「ロナウド」、新聞では「ロナルド」。これ、なんとかならんかね。

日本人が現に使ってる発音を重視するテレビと、現地の発音に即した表記にしたい新聞との、見解の相違か。
現地の発音が「ウ」と「ル」の中間なのが原因でしょう。4年前に議論されたときに、私はそう理解しました。
ただし、ポルトガルでは「ル」に近く、ブラジルでは「ウ」に近い発音だといいますから、ややこしい。

そもそも、外国語の発音をカタカナで表すことに限界があるのです。
語尾の「ル」だと、英語でも「ウ」に聞こえたりしますよね。「mail」は「メイウ」みたいに。
「メール」と「ロナルド」では「ル」の発音が異なるでしょうけど、正確なカナ表記ができないことは同じ。

子どもの頃、父の実家で古〜い英語の教科書を見つけたときのこと。
“ This is a pen. ” のフレーズに、フリガナがふってあって、「ズィス イズ ア ペン」でした。
最初にその言葉を聞き取って広めた日本人の、その聞き取り能力が、後の語学教育に大きく影響するようです。

のちに “ This ” は「ディス」表記になりましたが、それだって、「Th」の音を正確には表せてはいません。

関係ない話ですが、日本語でも「ル」と「ウ」の発音に分かれる言葉があることに、ふと気づきました。
私が子どもの頃(山口県在住)に「知っとる」と言ってた方言は、九州では「知っとう」です。
たぶん、知ってる→知っておる→知っとる→知っとう、なのでしょう(個人の意見です)。

この記事のURL | スポーツ | CM(0) | ▲ top
冬季五輪の楽しみ
- 2018/02/21(Wed) -
平昌オリンピックでは、日本人選手の活躍が目立つので、毎日楽しみです。
そのなかで今日は、「女子パシュート」と「女子カーリング」でしょうか。

「カーリング」のことを私は、スポーツというのはどうなのかと思っていた時期がありました。すみません。
しかし最近は、親切なテレビ解説のおかげでルールも戦術も多少わかってきたので、とても面白い。
あの、選手同士が北海道弁(?)で指示を出し合う声が丸聞こえなのも、なかなか盛り上がりますね。
今夜はスイスに敗れたけど、準決勝進出が決まったのは、よかった。明後日は、何かやってくれそうです。

「パシュート」の金メダルはすごかった。途中まで負けてたのに、最後に凄い勢いで逆転しました。
何がすごいかって、3選手が密着して一列になって、手足の動きが同じで、まったくずれてないことですね。
清水宏保氏による、「『Choo Choo TRAIN』のように3選手が重なっている」という表現がピッタリです。
こういう動きは日本人が得意だ、なんて軽く言うけど、なんで日本人にしかできないんでしょうね。不思議。

日本が獲得したメダルが、過去最多の11個になったと、メディアが大騒ぎしています。
まあ、それはめでたいことですが、金銀銅の区別なく合計した個数だけを比較するのは、どうなんでしょう。
長野五輪の10個のメダルのうち5個は金メダルですが、平昌では金メダルはまだ3個。今回は銀が多いですね。

競技種目は増えているし、ロシアも正式には参加していないし、過去との比較はほどほどにしときましょう。
それよりも、日本が過去にメダルを獲ったことのない種目へ幅を広げて、競技人口を増やしてほしいものです。
カーリングでもパシュートでも、日本人選手が強いと楽しいじゃないですか。

この記事のURL | スポーツ | CM(0) | ▲ top
男子フィギュアで金・銀
- 2018/02/17(Sat) -
さすが羽生結弦選手。すばらしかったですね。宇野昌磨選手とのワンツーフィニッシュもまた、良かった。
今日の男子フィギュアスケートは、診療の合間に見ておりました。予防接種を少々中断して、見ておりました。

昨日のショートプログラムは非の打ち所のない完璧な演技でしたが、今日はヒヤッとする場面がありました。
でも、こけなかった。あとで羽生選手曰く「意地で、こけなかった」。
この人は、演技もすごいけど、喋る内容やインタビューの受け答えが、実に冷静でしっかりしてますね。

それに比べると、松岡修造氏は相変わらず暑苦しく(良い意味で)、織田信成氏は泣きすぎです。

スピードスケートでは、元メダリストの清水宏保氏のテレビ解説がすばらしいと、話題ですね。
解説が的確で、わかりやすくて、遠慮がなくて、しゃべりが上手くて、しかも面白い。完璧じゃないですか。

スピードスケートの小平奈緒選手が銀メダルに終わったときの、清水氏の発言には、ドキッとします。
「銀メダルは悔しいんですよ。金メダルはうれしい、銀はくやしい、そして銅はほっとする」
これは清水氏のお決まりのフレーズらしいですが、一流の人たちの発言は、じつに重たくて、心を打ちます。

北朝鮮がらみの報道が続いて、少々しらけ気味の五輪開幕でしたが、いざ競技が始まると盛り上がりますね。
日本中から金メダルを期待され、しかも期待通りメダルをとった羽生選手は、とにかくすばらしい。

この記事のURL | スポーツ | CM(0) | ▲ top
スペシャルなエンジン
- 2017/06/05(Mon) -
Facebook等に勝手に現れる広告は、(1)興味が湧くもの、(2)興味がすごく湧くもの、に分かれます。

今朝はそれが、「Ferrari 458 Speciale(スペチアーレ)」という、私には無縁のスーパーカーでした。
まあいちおう、その動画広告を見ておきます。さらについでに、フェラーリのサイトも覗いておきます。
フィッシングサイトだと困るので、フェラーリの純正サイトから入ります。これ、常識ですね。

さて、なになに、0-100km/h加速が2.0秒だと。バケモノですか。エンジンは自然吸気のV8、出力605CV。

「CV」というのは、イタリア語 “Cavallo Vapore” の略。イタ車で出てくる「馬力」の意味ですね。
「PS」というのが、日本でもよく使われる馬力の単位ですが、ドイツ語 “Pferdestärke” が由来です。
これらはいずれも、フランス式の「仏馬力」を表しています。つまり、仏・独・伊は、同じ単位のグループ。

一方で、英米で使われているのが「英馬力」。 “horse power” を略した「HP」が使われます。
PSとHPは、ほぼ同じ意味なのに厳密には微妙に違い、数値は、PS>HP、となります。

最近の馬力表示は「kW(キロワット)」が使われることが多く、直感的にピンとこなくなってきましたね。

Ferrari 458 Specialeの、自然吸気、つまりターボなどの過給器なしで605CVという馬力は驚異的です。
排気量は4497mlなので、リッター当たり出力135CVという、まさにスペチアーレ (スペシャル) なエンジン。

昨年買い替える前の私の愛車も、リッター当たり137PSの高出力でしたが、それはツインターボ付きでした。
ターボで加給しまくって絞り出せる馬力を、このFerrariは自然吸気で達成してるところが、すごい。
フェラーリのサイトで、そのエンジン音を「大音響で」聞いてみると、これがまた、実にいいサウンド。
自然吸気の高性能エンジン車って、ドライブフィールも最高でしょうね。持ってる人がいたら乗せてください。

この記事のURL | スポーツ | CM(0) | ▲ top
いきなり歩く
- 2017/04/27(Thu) -
「大型飛び石連休」に突入したことは、昨日書いたとおり。今回の連休のテーマは、運動不足の解消です。
「1日1食 + 毎晩ブロッコリー」だけでは、体重維持の手段としては、必ずしも健全ではありません。
やはり適度な運動が必要なのです。そんなことはわかっています。わかっちゃいるけど、やってない。

そこで今日は、自宅からクリニックまで歩くことにしました。自転車ではなくウオーキングです。
せっかくの休日だというのに、行き先はクリニックです。距離は5キロ少々。
出かける前に日差しに気づき、急遽、散髪に行きました。変な日焼けを防ぐためです。
十分にストレッチして、軽装で出発です。スマホとカギを入れたウエストポーチが、体に食い込みます。

道中の退屈しのぎに音楽でも聴こうと思ったら、iPhone 7 Plusにイヤホンジャックが無い!
安全のため自転車では音楽を聴くことがなかったので、これまで気付きませんでした。
本来なら、ワイヤレスの「AirPods」(通称「うどん」)を使うべきところですが、購入していませんでした。
これを書いている今になって、イヤホンとLightingをつなぐアダプタがあることを思いだしましたが、手遅れ。

よって今日は音楽なしで、道ばたの草木や街並みや周囲の風景を眺めながら、適度に休憩しながら歩きました。
自宅からクリニックまでは、標高で言うなら下りなのですが、最後に白川の河岸段丘の段丘崖が待っています。
これをゼーゼー言いながら登り切り、ようやくクリニック着。所要時間70分。汗ダクダク。

3時間ほど休憩してクリニックを出発。また歩いて帰らなきゃならないのが、わかってはいたけど、つらい。
こんどは休憩なしで、とにかく風呂に入りたい一心で、サクサク歩いて帰りました。帰路の所要時間は55分。
往復で14,700歩でした。かなりの筋肉痛が、たぶん明後日ごろやって来ると思います。

この記事のURL | スポーツ | CM(0) | ▲ top
吉田選手、銀メダル
- 2016/08/19(Fri) -
未明まで準決勝戦を見届け、4時間ほど仮眠の後に今朝5時に起きて決勝を見た人も多いでしょう。私もです。
吉田沙保里選手はしかし、決勝に敗れ、銀メダルとなりました。4連覇はならず。でも立派な戦績です。

女子レスリングは今大会、次々に金メダルを取っていました。粘りと逆転の連続でした。
そのようなすばらしい試合を見ながら、いちばん期待し、しかし実は危惧もしていたのが吉田選手でした。
4連覇がかかるプレッシャーだけの問題ではないと思います。外国人選手も、みな緊張しています。
6分間で、フォールだけでなくポイントによって勝敗が決まるなら、こういうこともあるでしょう。

しかし多くの人が言っているように、吉田選手本人は銀メダルでも、ほかの選手の金メダルに貢献しました。
吉田選手を目標にして育ってきた若手が、大活躍したからです。

ほかの競技も同じ。水泳も、体操も、卓球も、バドミントンも、期待以上の活躍を見せてくれました。
東京五輪にはいろんなケチが付き、都知事選もからんで、リオ五輪が盛り上がるのか、当初は心配でした。
でもこれは、選手にはまったく関係の無い話。五輪の主役は、選手です。現に、とても盛り上がっています。

しかし、五輪が商業化し、利権がからみ、政争につながり、汚職やドーピングも起きています。
はたして東京五輪は、これ以上おかしな問題の起きないまま、無事開催されるのか。
すでに、4年後をめざして若手選手が始動しています。過去最大級の活躍が、当然のように期待されています。
そのプレッシャーは、もはやしょうがないとしても、外野で変なケチがつかないことを祈るばかりです。

この記事のURL | スポーツ | CM(0) | ▲ top
衣類紺印譚
- 2016/01/21(Thu) -
今週は、ひどく寒い日が続きますね。来週のはじめにかけて、もっと寒くなるようです。
自転車通勤は、寒くなってからずっと中断してます。なにしろ寒すぎます。
せっかく新しいダウンジャケットを買ったのですが、いまは自転車で通勤しようという気になりません。

車でさえ、朝の車内は寒くてたまりません。クリニックの朝の清掃も、風が強いときには凍える思いです。
自転車用として買った、お気に入りのベージュのダウンジャケットは、もっぱら日常用になっています。

気がつくと、ジーンズの染料が色移りして、ダウンジャケットの裾が紺色に染まってます。ガッカリな話です。
これを「衣類紺印譚(いるいこんいんたん)」というのは、こじつけすぎですが、思いついたので書きました。

冬の自転車で寒いのは、手足と顔面、とくに鼻と耳です。いくら防寒具を使っても、冷気がしみこんできます。
ランニングやジョギングと違って、自転車はあまり体が温まらないのに、もろに冷たい強風に晒されます。
手の感覚が麻痺し、足先が痛み出し、耳がもげそうになり、鼻水が垂れ、メガネがくもります。
こうなると事故が心配です。だから自転車通勤は中断しているのです。寒さに負けたのではありません。

ただしこのままでは、運動不足。そこで、ジョギングを始めることにしました。
例によって、まずはカタチから。ウエア一式を買いました。これで準備万端。あとは、いつ始めるか、です。

この記事のURL | スポーツ | CM(0) | ▲ top
白鵬猫だまし問題
- 2015/11/21(Sat) -
大相撲九州場所10日目に、横綱白鵬が「猫だまし」を使った件を受けて、世間が騒々しくなっています。
賛否両論では「否」が優勢ですが、「賛」も負けてない。久々に、面白い議論になっています。

テロだったら誰もが反対するでしょうし、安保法案ならイデオロギーが絡んで楽しい議論にはなりません。
そこへくると「白鵬猫だまし問題」は、みんなが安心して言い合うことのできるテーマでしょう。

反対意見は、「横綱としてやるべきことじゃない」という、北の湖理事長の苦言(遺言?)に代表されます。
つまり、そのような奇策は「横綱らしからぬ行為」であり、白鵬は「横綱の品格に欠ける」というわけです。

映像を見ていると、気になるシーンが4カ所ありました。
(1)猫だまし1回目、(2)猫だまし2回目、(3)勝った後のにやけ顔、(4)懸賞金でガッツポーズ

このうち(2)以降が無く、猫だましを1回試してみただけなら、戦術の探求だったと思えなくもない。
猫だましは、正式に認められている戦法であり、舞の海しか使ってはならないという規則はありません。

しかし「小さい人が変化しても拍手が起きますが、大きい人が変化すると批判される」と舞の海も言ってます。
大相撲は、単なるスポーツではなく日本の伝統文化であり、そこには守るべき礼儀や作法があるわけです。

その意味では、今回は猫だましよりも、その後のにやけ顔とガッツポーズの方こそ問題だと、私は思います。

この記事のURL | スポーツ | CM(0) | ▲ top
メルボルンでの快挙
- 2015/01/20(Tue) -
テニスとサッカーの両方で、日本が勝利しました。くしくも、同じメルボルンで今日行われた試合です。
休診日だったので、今日はテレビの前に張り付いていました。さらに勝ち進むことを期待します。

錦織圭選手の試合の合間のニュースで、柔道家の斉藤仁氏が死去したと報じられました。
斉藤氏といえば、弟子の石井慧選手の、北京オリンピック金メダル獲得時の名言が忘れられません。

「オリンピックのプレッシャーなんて、斉藤先生のプレッシャーに比べたら、屁の突っ張りにもなりません」

なかなか面白い発言ですが、「屁の突っ張り」という言葉を誤用しています。「屁」だけでよかったのに。

ところでメルボルンは、オーストラリアではシドニーに次いで2番目に人口の多い都市です。
首都をめぐって両都市が争った結果、計画都市キャンベラが造られたことは、よく知られています。

2大都市が争う構図は、日本にもあります。
たとえば、長野県の長野市と松本市。歴史的経緯が複雑で、両都市の不仲はいまだに続いているとか。
長野市は県庁所在地で、人口も最大。一方で松本には、日銀の支店や信州大学の本部と医学部があります。

福岡県では、かつて最大の都市は北九州でしたが、私が大学生になったころ、福岡が第1位に躍り出ました。
両都市のその後の繁栄と衰退は好対照で、人口にも1.5倍ほどの差がついてしまいました。

効率の良さばかりを求めると、今現在繁栄している都市にますます、人口や産業が集中してしまいがちです。
その最たるものが、東京一極集中であり、将来70%の確率で大地震が起きるというのに、集中は続きます。

首都移転の話も、なかなか現実味を帯びません。既存の地方都市に移転しようとするから、進まないのです。
100年後、200年後を考えて、キャンベラのような計画都市を、ゼロから設計するのが面白いと思います。

この記事のURL | スポーツ | CM(0) | ▲ top
序ノ口は少ない
- 2014/11/23(Sun) -
大相撲九州場所は、今日の千秋楽で、横綱白鵬が32度目の優勝を果たし、大鵬の持つ記録に並びました。
白鵬は昨日、横綱日馬富士を下し、今日は横綱鶴竜に勝ちました。
3横綱がみな、モンゴル出身というところが寂しいですが、まあ実力の世界ですから、仕方がありません。

それにしても、外国出身力士って、いま全部で何人いるのでしょう。今場所の番付表で、数えてみました。

幕内42力士のうち、モンゴル出身は10人(23.8%)。なかなか多い。「蒙古襲来」と言われるゆえんです。
その他の国では、ブルガリア、ブラジル、エジプト、グルジア、ロシア、中国から、それぞれ1人ずつ。

十両28力士では、モンゴル7人(25.0%)、他にはグルジアから1人。
幕下力士は120人。多いっすね。このうちモンゴル6人、ハンガリー1人。
三段目力士は200人。あ〜、疲れてきた。でも数える。モンゴル1、ロシア1,中国2、韓国1、米国1。
序二段力士は194人。あ〜、もうゆるしてください。でも数えた。外国出身はモンゴル1人のみ。
最後に序ノ口44人。序ノ口って、少ないんですね。助かる〜ぅ。外国出身者はいませんでした。

モンゴル出身力士がどんどん増えて、しかも強い。白鵬は嫌いじゃないけど、現状はどうしても寂しいです。
しかし外国出身者が多いのは、彼らの頑張りによる結果であって、批判されるものではありません。
外国人あるいは外国出身力士の人数制限をする前に、まず、日本人が頑張るのが筋でしょう。

この記事のURL | スポーツ | CM(0) | ▲ top
感動したけど無謀です
- 2014/11/10(Mon) -
フィギュアスケートGPシリーズで起きた、昨日の公式練習中の羽生結弦選手のアクシデント。
一昨日のショートプログラムも見ましたが、フリーでの逆転を期待して、昨日も生中継で見ていました。

そこへ突然、カメラの目の前で他の選手と衝突。強打、転倒、意識混濁?、頭部からの流血、顔面蒼白・・・
一瞬、これで選手生命を終えるようなことにでもなりはしまいかと、そんな心配さえ抱かせる状況でした。

ところが羽生選手は立ち上がり、驚いたことに練習に復帰し、そして本番に登場し、演技をなしとげました。
このシーンを見た世の中の人々の考えは、次のように真っ二つ。あるいは、その両方かもしれません。
(1)感動した
(2)無謀だ

何度も何度も転倒しながらの、その痛々しいプレーは、もうやめてくれと言いたくなるようなものでした。
だから演技を見ているときの私の心境は(2)でした。しかしこれが演技終了後に(1)に変わるんですね。

世の中の人は、とくに日本人は、たとえ無謀であれ頑張った人に、ネガティブなことは言いたくないのです。

ですが、脳振盪の疑いがある場合は安静が基本。やはりプレーすべきではありません。なので(2)です。
今後しばらくの間は、ゆっくり静養してほしいものです。あと、公式練習の運営方法には改善の余地あり。

この記事のURL | スポーツ | CM(0) | ▲ top
自転車乗りの汗疹
- 2014/08/21(Thu) -
ロードバイクで颯爽と走っている人って、カッコイイですね。いつかはあのように走りたい。
でもいまの私は、マウンテンバイク(MTB)の方がいいです。
ビュンビュン長距離ツーリングするよりも、あちこちグルグル寄り道しながら走りたいからです。

景色を楽しみながら一定のコースを走る、ピクニックみたいなマラソンを「マラニック」と言うそうです。
私のサイクリングは、ピクニックみたいなサイクリングなので「サイクニック」と呼べるかもしれません。

ロードバイクは軽々とスピードが出せますが、あの細いタイヤで走れるのは、ほぼ舗装道路だけです。
一方でMTBなら、未舗装どころか砂利道や砂地や石畳も走れるし、山道や田んぼのあぜ道でも平気です。
おまけに電動アシストが付いているので、登り坂でも体力消耗が抑えられて、遠いところまで走り回れます。

つまり私のような走り方は、「MTB+電動アシスト」の組み合わせが最適なのです(自己満足)。

ただし真夏のサイクリング(ヘルメット装着)で、頭に汗疹(アセモ)ができてしまいました。痒い!
ネットで調べてみると、自転車乗りの皆さん、けっこう汗疹で苦労してらっしゃるようですね。
ヘルメットの下にハンカチを挟むとか、バンダナするとか、専用のバンダナキャップなんてのもあります。
風通しが悪くなって、よけいに暑くならないのかが心配。
でもこれから涼しくなると、自転車は走りやすくなりますね。楽しみです。

この記事のURL | スポーツ | CM(0) | ▲ top
自転車用バッグ
- 2014/08/06(Wed) -
自転車に乗るときのバッグ。何がいちばん楽なのか。結論が出ました。
自分では何も背負わず、バッグは自転車に直接装着する。これに尽きます。当たり前ですかね。

通勤時に持ち運ぶ必要があるものは何か。突き詰めたら、カギと財布とスマホなど数点だけじゃないですか。
着替えのシャツやタオルは、あらかじめ職場に備蓄しておけば済みます。
スマホはすでに、自転車に取り付けてるし、ペットボトルだって取り付けられます(まだ付けてないけど)。

リュックやメッセンジャーバッグは、通勤時に使う必要性がないことに、遅ればせながら気づいたのです。

さっそく自転車店で、ハンドルバーに取り付けるバッグを購入。自宅に持ち帰りました。
で、自分で取り付けようと思ったのですが、これが難しそう。ライトの位置も変えなければなりません。
バッグを購入した自転車店に電話で相談してみると、「すぐ取り付けられますよ」とありがたい返事。

さっそく店に行きましたが、取り付け作業後に、工賃を請求されてびっくり。
なぜなら私は、バッグの取り付けはサービスだと思っていて、財布を持って行ってなかったからです。
まあ、そんな虫の良い話はないですよね。家人に電話して、お金を持ってきてもらいました。

それはともかく、バッグを何も背負わずに自転車に乗るって、なんて楽チンなんでしょうね。
考えてみれば当然のことですが、私はこれまでずっと、ムダに重苦しいサイクリングをしてきたのでした。

この記事のURL | スポーツ | CM(0) | ▲ top
自転車ヘルメット
- 2014/08/02(Sat) -
いま乗っている自転車はマウンテンバイク(MTB)、しかも電動アシスト付きです。
しかし走り回ってみると、最終的にはロードバイクなんだろうなと思います。あのタイヤの細〜いやつ。

走る楽しさを、そのスピードから来る爽快感と走行距離に相関した達成感に求めるなら、とくにそうです。
しかしながら私の場合、ロードバイクに手を出すのは、まだ先の話になりそうです。その理由は、

(1)新しい道を開拓したい
泥道や段差の多いところを、好んで走ります。舗装道路を走るのが前提のロードバイクでは、厳しいです。

(2)サイクリングジャージが無理
あのタイトなウェアを着こなすには、まず、十分にシェイプアップしてカラダのラインを整えなければ。

とは言いながらも、たとえ通勤乗り中心のMTBでも、それなりの装備は必要です。
そこでまず、ヘルメットを購入しました。え、まだ使ってなかったの? という声が聞こえてきます。
恥ずかしながら、まだ持ってなかったのです。昨年転倒したというのに。すみません。

でも、思い立ったら行動しますよ。昨日はさっそく、近所のスポーツ店「ゼビオ」に行きました。
ところが、探しても探しても、ヘルメットどころか、自転車用品を何も置いてない。
店員に尋ねると「自転車用品からは撤退しました」との返事。いったいゼビオに何があったのか。

結局、近所の「サイクルベースあさひ」で購入しましたが、自転車用ヘルメットって、軽くて快適ですね。
おまけにヘルメットを装着すると、安全運転してる意識も高まって、身が引き締まる気がします。

ところで今朝の日経に「ゼビオ 完全に読み違えた」の見出し。ゼビオは業績予想を大幅下方修正とのこと。
ほらね、自転車から撤退するからですよ。(ほんとは、サッカー日本代表の予選敗退が原因らしい)

この記事のURL | スポーツ | CM(0) | ▲ top
豊後街道を走る
- 2014/07/29(Tue) -
自転車通勤は快調に続いていますが、それに飽き足らず、休診日には自転車で遠出しています。
爽快な風を受け、山道で汗を流し、広がる風景を堪能し、路傍に面白いものを発見したりします。

目的地を決めず、これまでに走ったことのない道を選んで走るような、行き当たりばったりが好きです。
走行ルートや距離は、あとでiPhoneのアプリで確認できます。

とは言いながらも最近は、何か目的地を決めた方が、達成感があるような気がしてきたところです。

マイブームは豊後街道です。自宅からアクセスしやすく、阿蘇に向かって上っていく適度な辛さがいい。
豊後街道とは、肥後から豊後までを結ぶ交通の要として、加藤清正が作った街道です。

この道を走って便利なのは、一里(約4km)ごとに設けられた「一里塚」の跡が残っていることです。
走る目標を作りやすく、石碑などを探しながら走るのも面白い。歴史的な興味もそそります。

先週は手始めに、「二里木」「三里木」から「四里木」まで走りました。「一里木」と熊本城はパスです。
二里木は、前に自転車で転倒した交差点の近所。三里木は、ハンズマンに行く途中です。
それらとは異なり知名度の低い四里木は、県道沿いの木の下に、目立たない石碑が建っているだけでした。

さて今日は、土用丑の日にふさわしい猛暑日の中、「五里木」と「六里木」にチャレンジしました。

五里木へ向かう途中から、本当の豊後街道は、一般に豊後街道と言われている県道から離れていきます。
山道を登っていき、距離的には頃合いだろうと思うあたりの茂みの中に、あった。石碑を見つけました。

そして六里木。「清正公道」とも呼ばれる延々と続く山道。汗だくで見つけた石碑は、少々みすぼらしい。
今日はここまで。帰りは下りです。助かった。途中でデサキに立ち寄って、かき氷を食べました。旨し。

次回は「七里木」の予定ですが、このサイクリングって、だんだんと距離が伸びていくのが問題ですな。

この記事のURL | スポーツ | CM(0) | ▲ top
サッカーと蹴鞠
- 2014/06/15(Sun) -
ザックJAPAN勝利の話題を書きたかったですが、残念。初戦は逆転負けしてしまいました。次に期待です。
敗因についての分析(の受け売り)を書くことは避けます。

最近の話題と言えば「サッカー中国起源説」でしょうか。各国の反発とともに報じられています。
「サッカーの起源は、中国春秋時代の斉の国で行われていた蹴鞠(けまり)である」という説ですね。

どこまで我田引水な国か、と思っていましたが、この件ではFIFA会長が中国に認定書を送ったとか。
つまり、「中国起源説」にお墨付きを与えてしまったわけです。その狙いはともかくとして。

人類のうち、だれが最初にモノを蹴るゲームを思いついたかなど、究明のしようもないでしょう。
人は、そこに何か転がっていたら、つい蹴りたくなるものです。モノを蹴るのは、遊びの基本です。
やがて何人かが競い合って蹴るようになり、ゴールを作り、ルールを定め、ゲームになったのでしょう。

小学生の低学年の頃、学校からの帰り道ではたいてい、道ばたの石ころを蹴りながら歩いたものです。
同じ石を、自宅までずっと蹴り続けられるかどうかが、その日の最重要課題でした。
もしも蹴りそこなって石が水田に落ちたら、ためらうことなく水田に入り、石を探します。
しかしそこで、石よりも先にカブトエビを見つけたりします。
そうなるともう、石ころのことは忘れてカブトエビの捕獲作業にいそしむのでした、夕暮れまで。

この記事のURL | スポーツ | CM(0) | ▲ top
血液ドーピング
- 2014/02/11(Tue) -
ソチオリンピックに出場している恩田祐一選手は、かつてドーピングが疑われるような報道がありました。
2005年のノルディックスキー世界選手権の、大会前の血液検査で、血液が異常に濃かったためです。

これはドーピング検査ではなく、選手の健康を考えての検査でしたが、出場停止処分となりました。
ここでいう血液の濃さとは、血液の酸素運搬を担う赤血球ヘモグロビンの濃度のことです。
持久性の運動においては、筋肉への酸素供給能が決め手となるので、血が濃いほど有利です。

血液を人為的に濃くする方法は色々ありますが、なかには「血液ドーピング」も含まれます。

(1)高地トレーニング
高地では酸素濃度が低いので、腎臓からエリスロポエチン(EPO)という造血ホルモンが分泌されます。
空気中の酸素が薄いなら、血液を濃くして体中に送り届ける酸素の量を確保しようとする、生理的反応です。
このような、からだの仕組みを利用して血液を異常に濃い状態(多血症)にすることは、合法です。

(2)EPO注射
ドーピングです。EPOは体内物質ですが、それを外から注射するのがダメ。

(3)低酸素テント
低酸素状態のテント内に寝泊まりすれば、高地に住むのと同じようにEPOが分泌され、血は濃くなります。
テントは市販されています。利用選手は多いそうですが、合法的かどうか、ほんとのところ微妙。

(4)赤血球輸血
即効性があり効果絶大だそうですが、急激に血液濃度が高くなることが、血液凝固を起こす危険があります。
なので、他人の血液はもちろん、貯えておいた自分の血液(自己血)であっても、輸血はドーピングです。

ちなみに医療現場では、手術後に輸血が必要になるに場合に備えて、自己血を貯蔵しておくことがあります。
感染症や不適合輸血の問題をクリアできるので、出血量の多い心臓外科手術などでよく利用されています。

恩田選手の多血症は、先天的なものであることが判明し、ドーピングの疑いは晴れました。
しかしまだ疑われているわけでもないのでしょうが、その後もたびたび抜き打ち検査をされているそうです。
彼のブログによると、合宿中はおろか、オフの日の実家にまで検査員がやって来るとのこと。そりゃ大変。

その恩田選手、先ほど行われた男子スプリントは予選敗退でした。まあまだ競技はいくつも残っています。

この記事のURL | スポーツ | CM(0) | ▲ top
チャレンジ
- 2012/08/10(Fri) -
ロンドンオリンピック、女子サッカーは少し残念でしたが、女子レスリングは快挙を成し遂げました。
出場4選手のうち3人が金メダルを獲得。この2日間は、女子レスリングのおかげで寝不足です。

ビデオ判定が問題となる競技が目立つ本大会ですが、レスリングのビデオ判定システムは独特ですね。
その名も「チャレンジ」
北京オリンピック後に新たに導入されたルールのようです。今回初めて知りました。
選手のコーチが、判定を不服とした場合にただちに異議を唱え、ビデオチェックを求める仕組みです。
逆に言えば、チャレンジが要請されない限り、ビデオが判定に利用されることはありません。

チャレンジの権利は、1試合につき1回だけ。だから安易なクレームは付けられません。
ビデオチェックによって判定が覆れば、その選手側には、もう一度チャレンジする権利が与えられます。
逆に、チャレンジしたのに判定が覆られなかったときには、相手に1ポイントが与えられてしまいます。
つけたクレームが認められなかったらペナルティ、というのが面白い。「直訴は死罪」に似ています。

チャレンジの要請は、コーチがマットに「柔軟な物」を投げ込むことによって行う、と規定されています。
本大会では四角いスポンジが使われていましたが、「柔軟な物」なら何でもいいのでしょうか。
スイカのビーチボールとか、くまモンのぬいぐるみとかでもいいのでしょうか。

レスリングを見ていると、試合の流れがとてもスムーズで、1ピリオド2分がとても短く感じます。
たび重なるビデオ判定によって、試合が細切れになってしまっている柔道とは、ずいぶん違います。

ビデオという文明の利器は、レスリングのように限定的に使うのがいいですね。

この記事のURL | スポーツ | CM(0) | ▲ top
体操の判定
- 2012/07/31(Tue) -
判定シリーズ、第2弾。
と書きたくなるぐらい、今回のオリンピックは、判定でもめますね。

体操男子団体決勝での、内村のあん馬。
降り技をめぐって、得点がビデオ判定の結果修正され、日本はからくも銀メダルを獲得しました。
それは正しい決定だったのでしょうけど、ぬか喜びしたウクライナの人たちには、申し訳ない気持ちです。

ビデオ判定は、シドニー五輪での柔道篠原の「大誤審」がキッカケで重要視されるようになったとのこと。
たしかに、誤審で「泣き寝入り」する頻度は減らせるでしょう。
しかしそれが、目的とは裏腹に、イヤな雰囲気をもたらしています。

誤審というものは、そのままであっても、くつがえっても、いずれも後味は悪いですね。
ビデオ判定が絶対なら、最初からビデオでしっかり確認した後に判定すれば良いのでは?
そのかわり、決定した判定はくつがえすべきではないと思います。

オリンピックの判定は、世界中の多くの人がそれを生放送で見ている、ものすごく大事な瞬間です。

個人的には、あんなにバランスを崩した内村のフィニッシュは、失敗だと思いました。
降りる際に一瞬倒立したので降り技の得点は認められるべきだ、というのが日本の言い分です。
しかし、当の内村本人が、あの演技には納得していないでしょう。
クレームなんかつけず、潔く去るべきだったと思います。
どっちみち金メダルは逃したのです。

この記事のURL | スポーツ | CM(0) | ▲ top
柔道の判定
- 2012/07/30(Mon) -
オリンピックの柔道が、おかしなことになっています。

今大会から、ビデオ判定を格段に重要視するようになったそうですが、ひどい展開が続出しています。
きわめつけは、昨日の海老沼選手の試合。
審判の判定がくつがえされ、最後には勝敗までひっくり返るという、前代未聞の事態でした。

誤審を恐れて審判が萎縮しているのか、ビデオをチェックしているジュリーの権限が強すぎるのか。
ちょっとした判定のたびに、畳下からクレームが付きます。
試合がたびたび中断し、審判達がゴソゴソ協議し、最後に主審が判定を撤回するのが常となりました。

大相撲の「物言い」にちょっと似た光景ですが、内容はだいぶ異なります。
相撲の行司は、ひとつの方向からしか見ていないので、軍配の差し違えは避けられません。
土俵下の複数の勝負審判の意見に従うのは、理にかなっています。

一方で柔道は、3人の審判が複数の方向から見ているのです。
微妙な判定の際に、ビデオを参考にするのは、たしかに合理的かもしれません。
しかし、どちらの選手が優勢かぐらい、間近で見とけばわかるでしょうに。

そもそも柔道には、「有効」やら「指導」やらのチマチマした判定がなじまないのです。
ちょっと技をかけるたびに、いちいち審判や掲示板を確認する選手。
ダイナミックじゃないですね。

ここらで基本に返って、判定を「一本」と「技あり」だけに限定したらどうでしょう。

この記事のURL | スポーツ | CM(0) | ▲ top
なでしこジャパン
- 2011/07/19(Tue) -
女子サッカーワールドカップ優勝。昨日は、朝から元気をもらいました。

実は、夜中に観戦する元気が無くて、ニュースで結果を見ようと、朝6時にテレビをつけたのです。
そしたら、まだやってました!
延長の後半、残り数分、1-2で敗色濃厚。
まあそれでも、よくここまでやったと、健闘をたたえ、準優勝決定の瞬間を待っていました。

ところが、見事にやってくれました、澤。土壇場で同点ゴール。
あわてて家人にこの一大事を通報。まもなく始まる歴史的PK戦を、ともにライブで観戦するよう要請しました。
そして「神の右足」とも言うべき、キーパー海堀のミラクルセーブから始まる、日本の優勝劇を見届けたのでした。


逆に、サッカーでひどくがっかりした思い出といえば、1993年の「ドーハの悲劇」でしょう。
なにしろ、ワールドカップ本大会出場権をほぼ手中にしたと、日本中のだれもが確信し、その歓喜の瞬間を待っていた、試合終了間際のロスタイムに、相手イラクに得点されてしまい、予選敗退が決まったのですから。
深夜にドッと疲れて、重い足取りでトイレに行き、小窓から外を見ると、ちょうどその時、向かいの家のトイレの小窓にも明かりが点灯しました。

昨日のアメリカ人も、こんな気分だったかもしれません。


この記事のURL | スポーツ | CM(0) | ▲ top
ゴルフ
- 2011/01/18(Tue) -
いろんな人から時々ゴルフを誘われますが、そのたびに
「実は、ゴルフは・・・やめたのです。」
とワケあり風に言ってお断りしています。

ゴルフで頸椎を痛めて医者生命を危うくした、とか
大事なモノを賭けたゴルフで屈辱的に負けた、とか

そんなストーリーはありません。
ただ、ぜんぜん上達しなかったのです。
十数年間の、私のゴルフ人生における最少スコアは108でした。
センスが無いというのはこういうことなのでしょう。
目標スコアの80は夢のままで終わりました。

ちなみに、世界最少ストロークは58。あの石川遼くんが昨年出した大記録です。
しかし昨日聞いた話では、さらにこれを上回る超人的スコアがあるようです。
なんと、北の将軍様が何年か前に38を出したとのこと・・・

やや信頼性に乏しい情報で恐縮です。


この記事のURL | スポーツ | CM(0) | ▲ top
くちパク
- 2008/08/19(Tue) -
テレビでオリンピック中継を観る毎日です。

日本人選手を応援するのもひとつですが、国に関係なく、世界最高峰の競技に感動し、テレビに見入ってしまいます。
プロ・アマを問わず人類最高の肉体能力を見たいものです。

今日はトランポリンを観ていて思いました。
こういう競技にはサーカス関係の人がどんどん出場して、とんでもない大技を披露するわけにはいかないものでしょうか。
ピエロのかっこうをした選手が出てきて、しかも妙に上手かったりすると大ウケしそうです。

今回「雑伎」が正式種目だったら面白かったのに、と思いました。
新体操でボールやこん棒やリボンなどを使うように、「雑伎」では「つぼ」や「皿」や「イス」など、日用品を使った高度な演技が、観ていて楽しめそうです。
もちろん中国の圧勝でしょうけど。

歌声に合わせて正確にくちパクする競技は、すでにトリノオリンピックで採用されていたので、今回とくに目新しいとは思いませんでした。
自分の歌声に合わせたイタリア選手(パバロッティ)よりは、今回の中国選手の方が難易度は高かったと思われます。

その、くちパク開会式。中国での瞬間最高視聴率は98%だったとのこと。あとの2%が観ていた裏番組が何だったのか、それがいちばん気になります。

この記事のURL | スポーツ | CM(0) | ▲ top
自転車通勤
- 2008/06/04(Wed) -
天気のよい日は自転車で通勤しています。2年前の病院勤務時代から始めました。梅雨入り前のこの時期、自転車は心地よいですね。

ところで、自転車は車道を走るきまりになっていることを、2年前まで知りませんでした。自転車通行可となっている区間以外は、歩道を走ってはいけないことを知り、驚きました。

車のドライバーからみると、車道を走る自転車はひどく危なっかしい存在です。一方で歩行者から見ると、歩道を走る自転車も怖い。
自転車乗りはいつも、肩身の狭い思いをしているのです。歩道がもっと整備されるといいのですが。

この記事のURL | スポーツ | CM(0) | ▲ top
| メイン |