FC2ブログ
待合室に新聞や雑誌はしばらく置きませんので
- 2020/07/08(Wed) -
「アップル新機種 有機EL iPhone『5G』全4モデル」
今朝の日経一面トップの見出しです。さすが日経。日本中が豪雨災害で大騒動していても、ブレませんね。
日経はこれで良いと私は思います。豪雨や水害のリアルタイムの情報は、他のメディアで見られますから。

即時報道が不得意な新聞というメディアは、練り上げた記事をまとめて定期的に発信する立場です。
でも新聞こそが重大事案をスクープしてきた歴史は、時代設定の古い映画などを観ればよくわかります。
最近観た『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』とか、昔なら『大統領の陰謀』ですね。

最近は新聞も随時ネット配信するようになったので、紙ベースの発刊の意義は相対的に薄れてきました。
私も毎朝おもむろに新聞を広げますが、いや実は広げてなくて、一面を眺めてから最終面の文化欄を読みます。
中身はあとでネットでじっくり読むか、あるいは、たいていの記事はすでに情報が半日古いからです。

待合室用に購読している新聞ですが、コロナ対策でいまは待合室にも出さず、私が読んだら廃棄処分です。
週刊文春とか、オレンジページとか、今日の健康とかの雑誌類も、いまはすべて待合室から撤収しています。

ウィズ・コロナの時代。不特定多数が手にするモノって、どうしても避ける方向ですよね。
とくにそれが紙類だと、消毒もしにくい。そう思ったので、すべての週刊・月刊雑誌の購読を中止しました。
まあ経費節減にもなりますが、いつから購読再開をすることになるのか、まったくわかりません。
いろんなモノがこの機会に、淘汰されたり、置き換えられて行くのかもしれませんね。

この記事のURL | 生活 | CM(0) | ▲ top
九州のあちこちで川が氾濫し、今も大雨が降ってます
- 2020/07/07(Tue) -
熊本県南部などを襲った豪雨によって球磨川が氾濫し、多くの犠牲者が出ました。
県内を流れる一級河川は、北から順に、菊池川、白川、緑川、球磨川の4つがあります。
球磨川は、過去にたびたび洪水を起こし「暴れ川」の異名を持ちますが、治水計画は頓挫したままでした。

熊本市の中心部には、白川が流れています。8年前の豪雨で氾濫し、流域には大きな被害をもたらしました。
当院はその白川のすぐ近くにあり、近所でも氾濫が起きて家屋が流されました。
ただし直線距離では近いのですが、じつは当院は河岸段丘の2段上にあり、水害の危険はほぼありません。
しかし地図で見ると当院は白川のそばなので、心配した人が安否確認の連絡を入れてくれました。

白川の源流は、阿蘇です。阿蘇カルデラの北側を流れる黒川と、南側から来た白川が、合流したものです。
黒川と白川が合流したのに、白川です。流域に点在する水力発電所については、前に書いたことがあります。

阿蘇外輪山の北側には、有名な黒川温泉があります。温泉宿が田の原川の渓谷に立ち並んでいます。
この川は黒川に注ぐのではなく、北上して杖立川に合流し、日田を経由して最終的には筑後川となります。
黒川温泉といえば熊本県の観光地ですが、温泉街を流れる川は大分県を経由して、福岡県内に向かうんですね。

それほど流域の広い筑後川なので、今回の豪雨で今日ついに氾濫しました。3年前にも氾濫した日田市内です。
氾濫しやすいことがわかってるのなら、どんな対策がなされてきたのでしょう。それとも対策不可能なのか。

菊池川も今日は氾濫の危険があり、先ほどから熊本市内の雨脚も強まってきたので白川も心配になりました。
いったい、どうなっちゃってるんですかね、九州の雨。

この記事のURL | 生活 | CM(0) | ▲ top
「線状降水帯」って、最近始まった気象現象なんですか?
- 2020/07/04(Sat) -
猛烈な降雨によって、熊本県南部を流れる球磨川の10カ所以上で氾濫・決壊が起き、多くの被害が出ました。

「線状降水帯」が河川の上流域を通過すると中下流域に水害が起きるのは、いつもの豪雨災害と同じです。
しかしその理屈はわかっていても、線状降水帯の接近がわかっていても、誰にも被害を防ぐことができません。

津波被害を防ぐために防潮堤には頼らず高台に家を建てるように、河川流域の人も引っ越すべきでしょうか。
いやそれは無理なのでしょう。川沿いの狭い平地や斜面や渓谷に、多くの人々の生活があるのですから。
ならば少なくとも、川が氾濫しても逃げ込める高い場所を、日頃から確保しておかなければなりません。

考えてみると、さいわい私は洪水で直接被害に遭ったことはありません。
8年前の白川の氾濫でも、通勤にこそ支障を来しましたが、自宅も職場も私の体も無事でした。

私の最も古い洪水の記憶といえば、たぶん3歳の頃。半世紀以上前にさかのぼります。
よほど強烈でなければ、還暦前のこの歳まで覚えているはずがありませんから、かなり強烈だったのでしょう。

山口県岩国市の、当時の私の家の前に、幅2m程度の道があり、その向こうに幅2m程度の用水路がありました。
その用水路で魚が泳いでいたかどうかは記憶にありませんが、母がネズミ捕りを沈めていた姿は覚えています。

その用水路が、あるとき氾濫し、家の前の道と用水路の境目がわからなくなりました。恐怖でした。
家の玄関の前には、合計4m幅の濁流が流れているわけです。たしかネズミ捕りも沈めっぱなしでした。
どこからかタライが流れてきて、いやそれ以外のモノも流れてきたはずですが、記憶にあるのはタライです。
目の前を回転しながら流れていく金ダライと、それに乗りたいと思ったことが、私の最古の洪水記憶です。

この記事のURL | 生活 | CM(0) | ▲ top
レジ袋は有料化すべきか、無料のままの方がいいか
- 2020/07/01(Wed) -
レジ袋の有料化が始まりました。スーパーにもコンビニにも滅多に行かない私には、ピンと来ない話です。

皮肉な事に、有料レジ袋先進国の欧米では逆に、コロナ感染対策としてレジ袋の無料化が広まりつつあります。
たとえばサンフランシスコでは、再利用できるバッグの店内持ち込みが禁じられました。
客と店員の間で、物品のやりとりをするのを最小限にしようということでしょう。

環境問題も感染対策もどちらも重要ですが、いまの瞬間は、レジ袋無料化に軍配が上がるかもしれません。

欧米にそのような動きがあるのに、日本は欧米の動きに追随する臨機応変な対応ができませんでした。
7月1日からのレジ袋有料化は既定路線であり、それを覆す発想が日本のお役所はないのです。

「キャッシュレス・ポイント還元事業」の終了も既定路線なので、このコロナ禍のタイミングでも終了です。

政策を見直すことは自分たちの誤りを認めることになるので、官僚は最も嫌います。
たとえ自分たちの過ちに気づいても、自分たちの判断が誤っていたとは決して認めません。
情勢が変わった等の判断基準の変化があった場合に、ようやく理由を見つけて、方針を転換できるのです。

例外は政治判断でしょう。「大学入学共通テスト」の記述式問題を見送りにした萩生田文科相が、その例です。
官僚たちはあわてて、政治判断に対する後付けの屁理屈を付ける作業に追われます。

レジ袋がどれほどの問題なのか、私にはよくわかりません。ていうか少し懐疑的です。
人間なんて、目先のことか、少し先のことぐらいしか考えていません。地球にとっては五十歩百歩なのです。

この記事のURL | 生活 | CM(0) | ▲ top
キャッシュレス決済手段では結局、何が生き残る?
- 2020/06/30(Tue) -
コロナ禍で消費が冷え込んでいる中、「キャッシュレス・ポイント還元事業」は今日で終了します。
あわてて通販であれこれ駆け込み発注したり、美容室で駆け込みカットをしたのは私です。

今後どうなるのか問題はあるにせよ、この制度で日本のキャッシュレス化をある程度は推進できたようです。
現金払いを避けるための手段が増えたことは、図らずも、コロナ禍における購買行動にも好都合でした。

で、次に来るのが「マイナポイント事業」ですか。なんとなく、気乗りがしませんね。おまけに半年だけだし。
ペイペイ並に驚異的な「25%還元」ですが、上限は5千円という、悲しくなるほどケチな還元額。
1回の買い物で5千円じゃないですよ、9月からの6カ月間の事業期間のトータルで、5千円。なんだかねぇ。
と言いながらも、この制度で2万円分の買い物はするつもりです。もらえるモノは上限までもらうわなきゃね。

先週発表された、iPhoneの新しいOS「iOS 14」では、もっと画期的な決済システムが期待されています。
レジでNFCチップにiPhoneをかざすと、支払いに必要なアプリが瞬時にダウンロードされる仕組みです。
これによって、店が決済端末を用意しなくても、Apple Payで無接触の支払いが完了します。

Apple信者の私は、このようなAppleが打ち出してくる新機軸には、とりあえず全面的・盲目的に期待します。
なかにはイマイチなものもありますが、Apple Payは当初の賛否両論を振り切り、かなり成功しています。

私がよく使うブランドのカードが、最近ようやくApple Payに対応しました。これはなかなかの朗報でした。
ただし、Apple Payを使った場合、リアルカードのときよりも獲得できるポイントが少なくなります。
当然、その差額はAppleの「取り分」ということでしょう。つまりAppleの手数料が高いのです。
このように、Appleが儲かるための仕組みは世の中の随所にあります。(信者なので多くは語りません)

Appleの株価総額が、米株式市場で初めて1兆ドルを達成したのは、つい2年前のこと。
ところが世界がコロナ禍の中、株価総額は今月ついに、1.5兆ドルを突破しました。
製品の販売だけでなく、サービスの提供(厳しい手数料を含む)も、好調な業績に貢献してるんでしょうね。

この記事のURL | 生活 | CM(0) | ▲ top
クレカ番号が漏れたら、被害はなくても面倒なことになりますね
- 2020/06/26(Fri) -
某カード会社から電話がありました。
「昨夜9時頃、○○電気の通販サイトで買い物をされましたか?」
「そんな覚えはありませんが、どういうことですか?」
「やはり、そうですか。何者かがお客様のカードを不正に使用したようです」

聞けば、そのカード会社の複数のカードから、ほぼ同時刻に、○○電気のサイトで買い物があったとのこと。
カード会社がそれを怪しんで、私を含むカードの持ち主に確認の連絡をして、今回の一件が発覚したわけです。
詳細は不明ですが、何からの方法でカード番号を「犯人」が入手し、ネット通販に利用したようです。

「では、今からお客様のカードを無効にします。後日新しいカードを送りますが、カード番号が変わります」

「はい、お願いします」。でも、あー困る。とても困る。だって、クリニックの経費用メインカードですから。
電気、電話、ネット、新聞、メルマガ、セコム、通販等々、このカードで14の支払いを登録しているのです。

その一件から数日して、新しいカードが届きました。さっそく今日、カードの切替手続きを一斉に行いました。

14件のうち12件は、Web上で変更操作が完了。ただちに新しいカード番号が使える状態になりました。
1件は、電話で申請してWeb手続き用のID・パスワードを郵送で取り寄せていたので、本日手続きを完了。
残る1件は、カード切替申請書の請求手続きを、ネットで行いました。後日、その申請書が郵送されてきます。

多くの企業が、Web上の手続きだけでカード変更が可能でしたが、一部にまだアナログな作業が残っています。
なんにしても、手間をかけさせやがって、犯人のやつめ。金銭的被害が防げたのが、不幸中の幸いです。

犯人が「欲張った」おかげで犯行が発覚しましたが、私のカードだけが使われたのなら、バレなかったかも。
巧妙なハッキングを防ぐのは難しいですが、やはり、カードの利用明細にはきちんと目を通すことですね。

この記事のURL | 生活 | CM(0) | ▲ top
感染者との接触日付が通知される「COCOA」の仕様が心配
- 2020/06/21(Sun) -
新型コロナウイルス接触確認アプリ「COCOA」。みなさん、インストールされましたでしょうか。
利用者数が「LINE並に」増えれば、感染の可能性の早期察知からの拡大防止につながると期待されています。
ですが、現在の仕様だと、個人情報が完全に守られるとは限らない気もしてきました。

「いつ・どこで・誰が感染していたのかといった項目については通知されない」のがこのアプリのキモのはず。
でも、「「8月1日に1件、8月2日に2件」などのように、感染者と接触した日付」は特定されるようですね。

日付が通知される仕様だと、接触相手(すなわち感染者)を特定しやすくなり、問題が起きるかもしれません。

感染者と接触したとされる日に、ただ1人の知人としか接触していなければ、彼が感染者だとすぐわかります。
つまり感染者にとっては、過去2週間に接触した人全員に自分の感染が通知されるのは、リスクがあるのです。
自分が特定される危険を考えて、自分の感染をアプリに記録するのをためらう人もいるかもしれません。

しかしCOCOAは、自分の感染を正直に(もちろん匿名で)告知することによって意味をなすアプリです。
もっぱら、自分が感染者と接触したかどうかを知るためだけに利用するのでは、このアプリが成り立ちません。

感染者との接触日が特定されていれば、たしかに医療機関での診療や検査を行う上ではとても参考になります。
しかしこのアプリが「成功」するかどうかは、理解のある利用者の数が十分大きいかどうかにかかっています。
感染者との接触日まで通知する必要性があるのかどうか、仕様の再検討が必要かもしれません。

この記事のURL | 生活 | CM(0) | ▲ top
新型コロナウイルス接触確認アプリ「COCOA」配信開始
- 2020/06/19(Fri) -
プロ野球がついに、無観客ですが開幕しました。都道府県をまたぐ移動の自粛も、今日から緩和されました。
まだアフター・コロナではなくウィズ・コロナだと観念した上で、新しい社会生活フェーズに入ったわけです。
くまモンも大喜びで踊ってます。「中の人」が交代するときはもちろん、しっかり消毒してますよね。

「タヌキとキツネ」がやっと捕まりました。えっ? あらいぐまとアンジー?。アライグマに失礼でしょう。
お白州で詮議の上、彼らには厳しき沙汰があることを願いますが、どっちみち小物なので大勢に影響なさそう。

厚労省の新型コロナウイルス接触確認アプリ「COCOA」が、今日の15時ごろから配信されています。
例の、AppleとGoogleが共同開発した世界共通の「API」を使った、日本独自のアプリです。

iPhoneとAndroid両方に対応していますが、いずれも今日は混み合っているのか、入手に手間取りますね。
「COCOA」で検索しても「COCOAどこだ?」となります。「接触確認アプリ」で検索する必要があります。
それよりも、App StoreやGoogle Playの検索は使わず、厚労省のサイトのQRコード経由がオススメです。

さっそくインストールしたので、ためしに「陽性者との接触を確認する(14日間)」」というボタンをタップ。
「陽性者との接触は確認されませんでした」と出ました。でしょうね。まだそうでしょう。

しかし大事なことは、陽性者との接触がわかったとき、スムーズにPCR検査を受けられるかどうかです。

厚労省のサイトには「保健所のサポートを早く受けることができます」とありますが、早合点は禁物。
これは、「帰国者・接触者外来等の連絡先が表示され、検査の受診などが案内」されるという意味のようです。
そしてその連絡先にに電話したら、かかりつけを受診するように言われるっていう、オチじゃないでしょうね。

この記事のURL | 生活 | CM(0) | ▲ top
油断するつもりはないですが、明るい気持ちにはなりたい梅雨入り
- 2020/06/11(Thu) -
九州北部や関東甲信を含む全国の各地が、本日梅雨入りしました。
そのニュースを聞くまでもなく、熊本は今朝から土砂降りです。昨日までは真夏日だったのに急な変わりよう。
いまから1カ月あまり、どんよりとした天気と、どうかすると災害につながりかねない雨が降ります。

豪雨災害が起きた際に、今年は避難所での3密が問題となり、それがイヤで避難が遅れることが懸念されます。
いまのうちから、3密を避ける避難所の工夫を、各地域が準備しておかなければなりません。

なんなら巨大地震や火山の噴火やミサイル攻撃が起きる可能性までをも、考慮する必要だってあるはず。
危機管理の観点からは、最悪のなかでも最悪、究極の未曾有の事態を想定して備えることが重要でしょう?

ちょうど3月末に、政府の中央防災会議が、富士山の大規模噴火のシミュレーションを公表しました。
このタイミングは偶然にしても、泣き面に蜂(しかもクマバチ)を想定するのは、悪趣味ながらも有意義です。

東京都は、「東京アラート」を明日解除すると決定しました。休業要請の措置も「ステップ3」に移行します。
私はその判断には異を唱えませんが、感染の再拡大の兆候があれば、すぐに後戻りする準備も必要です。
あとはただ、豪雨災害とコロナ第2波が重なりませんようにと、祈るばかりです。

熊本市では、もう1カ月以上、新規の感染者が確認されていません。入院者も昨日、ゼロとなりました。
私も今日は、診療中にゴーグルは装着してもフェイスシールドは使いませんでした。これは久しぶりのこと。
でもあとで、「あのときは油断してたな」と後悔することのないよう、注意は怠らないつもりです。

この記事のURL | 生活 | CM(0) | ▲ top
「特別定額給付金」申請しましたが、もちろん郵送です
- 2020/05/20(Wed) -
iPhoneを使うたびに、顔認証のためにいちいちマスクを外さなければならないのが煩わしい毎日です。
もちろんその際は、耳に掛けたヒモだけを触るのが正しい作法です。内側面の清潔維持には十分注意します。
テレビで見ていると、大阪府知事は正しい手順でやってますが、首相のアベノマスクの外し方はダメですね。

そのアベノマスクがなかなか届きませんが、あんな罰ゲームみたいなマスクを欲しいとは思いません。
手作りのオシャレな布マスクの方がよっぽど良いし、サージカルマスクの流通も改善しそうな雲行きです。

国民が期待しているのはもちろん、「特別定額給付金」10万円の方でしょう。
わが家にも今日ようやく申請書が届いたので、すごい瞬発力をもって、書類を完成させました。

マイナンバーカードを使った簡便迅速のはずのオンライン申請は、むしろトラブルと3密をもたらしています。
登録間違いを誘発しやすいシステム設計になっているようで、自治体職員はチェック作業に忙殺されています。
入力内容を印刷したり目視で確認したりと、手作業満載のアナログシステムに成り下がっているようです。

日本って、科学技術が進んでいる先進国だと思ってましたが、お役所仕事はとんだIT途上国なんですね。

マイナンバーと銀行口座を紐付けするようにしようなんて、自民党の方々が今頃になって「提言」しています。
以前誰が反対したか知りませんが、そういう仕組みこそ、最初から組み込んどかなきゃダメでしょうに。

この記事のURL | 生活 | CM(0) | ▲ top
収束に向かいそうなんだから、気持ちぐらい緩んだっていいでしょう
- 2020/05/18(Mon) -
「気の緩み」が問題だと、大臣もメディアも盛んに言うのが気にくわない。気が緩んじゃいけませんか。

いま、政府や自治体は、店舗等の休業要請や市民の外出自粛を、まさに「緩和」しようとしています。
つまり、計画的に意識して「緩める」のはいいけど、無計画に自然と「緩む」のはダメだというわけです。
これは「気の緩みダメ=気を引き締めろ」という、日本人得意の「精神論」であって、具体性に欠けます。

感染者数が少し減ったからといって、まだ笑顔は早いと言ってるようなものですが、頬ぐらい緩みますよね。
厳しい行動自粛が緩和されれば、先行きに希望が持てます。気持ちぐらい緩んだっていいじゃないですか。
気持ちは緩んでも、やるべきコトはやれるのです。日本国民はすでに学んでますから、大丈夫。

大事なのは、いま現在その地域ではどこまでの営業や行動を自粛すべきか緩和すべきか、その見極めです。
自治体はつねに、最新の感染状況や病床の状態を把握し、臨機応変な対応を繰り出し続ける必要があります。
大規模な制限・自粛に至る前に細かい対処を行うことで、社会と経済も守るのが自治体の責任でしょう。
こういった点において、首長の想像力と行動力って、ホントに大事ですね。ここに地域差がとても大きい。

第2波を第1波より小さく出来るかどうかは、国と自治体の手腕にかかっています。
第 n 波の n が大きくなるほど、波高がだんだん低くなってさざ波になるような、そんな戦略がベストです。
ただしその「さざ波」は、もしかすると2,3年続くかもしれません。でもそれは誰もが覚悟してます。
さらにその後も、冬の乾燥時期になるたびに、インフルエンザのように流行を繰り返すかもしれません。
やがて毎年ワクチンを接種する「季節性コロナ」として根付き、人々はウイルスと共存するのでしょう。

この記事のURL | 生活 | CM(0) | ▲ top
早くも「第二波」を心配するのはいいとして、じゃあ何を準備しますか
- 2020/05/17(Sun) -
新型コロナは新規感染者数がかなり減ってきました。3日前には39県を対象に緊急事態宣言が解除されました。
しかし海外には感染拡大中の国も多く、日本では早くも「第二波」を心配し始めています。
まあ何でも早めに警戒した方がよいので、「第一波」から得られた教訓を生かして取り組みましょう。

となると例えば、こんどこそPCR検査を徹底的に行うべきかどうか、などの議論が出てくるでしょうね。
これまで日本は、明らかな重症例や感染者の濃厚接触者に的を絞って、抑制的にPCR検査を行ってきました。
隔離すべき感染者数が激増して、医療業務や病床・隔離施設がパンクすることを危惧した面もあります。

結果的に、感染者数は見かけ上は諸外国よりも少なく、しかし死者数も少ないという不思議な現状があります。

そもそも、どんどん検査して感染者が次々に見つかったとしても、必ずしも医療が崩壊するとは限りません。
無症状・軽症感染者をきちんと隔離する仕組みさえ作れば、的確に管理できるはず。

なのに積極的な診断よりも、早期発見しすぎたら起きるかもしれない「副作用」ばかりを心配するのが日本。
これって、ワクチンの目的である感染症予防よりも、ワクチンの副作用を恐れる構図と同じじゃないですか。

高い医学水準を有しているのに、肝心なところで日本人の情緒が合理的解決を妨げているような気がします。

第二波の到来まで少しの猶予があるのなら、いまこそ検査と隔離の態勢を抜本的に構築すべきでしょう。
第一波と同じように流行して、第一波の時と同じような行動自粛を繰り返すようでは、進歩がないですよ。

この記事のURL | 生活 | CM(0) | ▲ top
書類のチェック項目の「はい・いいえ」に、いちいち丸を付ける無駄
- 2020/05/16(Sat) -
予防接種の予診票は、「はい・いいえ」で答える項目がたくさん並んでいて、記入する保護者の方も大変です。
ワクチンを4つも5つも同時接種する乳児の場合には、同じような書類を何枚も書かなければなりません。
前から言ってるように、1枚の予診票で複数ワクチンに使えるような同時接種用予診票を作っていただきたい。

「新型コロナウイルス感染症による小学校休業等対応助成金」に申請すべく、いま書類を見ているところです。
その中の「支給要件確認申立書」もなかなか面倒な書類で、「はい・いいえ」で答える設問が並びます。

不正受給歴や暴力団との関係などの設問がずらっと並び、これらはすべて右側の「いいえ」に丸を付けます。
ただし、最後の3問は言うなればトラップで、この3つだけは左の「はい」を丸で囲まなければなりません。
上からずら〜っと「いいえ」を囲んでいき、最後の3問だけは「はい」に丸をするのが正解です。

どうしてお役所って、わかりきった設問にいちいち、ひとつひとつ丸をつけさせるのでしょう。
改訂版では、「いいえ」とすべき項目と「はい」で答える項目とに二分されましたが、まだ中途半端です。

確認項目を全部「正文」で箇条書きして、「上記すべてに該当しますか:はい・いいえ」、と問えばいいのに。
こういう形式的な申請書類に、余計な労力を使わせないでほしい。もっと国民に優しい書類にしましょうよ。
コロナがらみで、膨大な数の申請書がお役所に届くはずです。もっと簡便にしないと、事務作業も大変ですよ。

この記事のURL | 生活 | CM(0) | ▲ top
緊急事態宣言、熊本はついに解除ですが、活動は徐々に広げましょう
- 2020/05/14(Thu) -
緊急事態宣言は、熊本県を含む39県で解除されることになりました。これで少しは、動きやすくなりました。

ところで、新型コロナウイルスのPCR検査について、厚労省は先週「相談の目安」を緩和しました。
「37度5分以上の発熱が4日以上続く場合」という部分を削除して、相談しやすくしたわけです。

しかし申し訳ないですが、この件に関しての、次のような加藤厚労相の発言が炎上しています。
「(37.5度以上×4日以上が)相談や診療を受ける側の基準の様に思われてきた。われわれから見れば誤解だ」
どうしてこのような、不用意な、不適切な、デリカシーの無い、反発必至の発言が飛び出すのでしょうね。

誤解をしていたとすれば、それは官僚や大臣こそが、国民の受け止めを誤解していたと言うべきでしょう。

厚労省が「37度5分以上の発熱が4日以上続く場合」というから、みんなそれを守ってきたんですよ。
日本中が、医療者も患者もメディアも、この杓子定規な基準に縛られてきたのですよ。それをいまさら。

この文言に対しては、微熱が5日はどうなのか、高熱3日でもダメなのか、等の反発の声が上がっていました。
当院にも、微熱が何日も続いている方がよく来院されますが、相談センターに相談してもつれない返事でした。

結果的にこの文言は、PCR検査を抑制する「効果」があったわけで、その意味では目論見通りとも言えます。
つまり問題の本質は、検査を抑制しようという企んでいた厚労省の発想それ自体だということです。

ただし、この時期の検査抑制が最終的に吉と出たか凶と出たかを論じるには、まだ時期尚早かもしれません。
厚労省は、この件を含めてすべてのコロナ政策について、包み隠さず徹底的に科学的に検証を行うべきです。

この記事のURL | 生活 | CM(0) | ▲ top
回転するいろいろなモノから異音が聞こえます
- 2020/05/08(Fri) -
開院時に購入した遠心分離機は、高速回転に伴って鳴り響く音が怖くて怖くて、ただちに買い換えました。
このような機器はケチらずに信頼のおける製品を選ぶべきですね。今使っているKUBOTA製は安定してます。

院長室のエアコンは、だいぶ前からブンブン音がします。メーカーの人に見てもらったら、修理が必要だと。
それなら買い換えますから、と修理を断ったものの、そのままダラダラと使っています。いけませんね。

十数年前、MacBookから突然ガリガリガリッと音がして、電源が切れました。高温によるHDDの焼き付きか。
内蔵HDDを通販で購入して交換。それ以来、ノートPCの冷却装置に凝り始めることになり、現在に至ります。

電子カルテのサーバーを冷やすためのサーキュレーターから、異音が聞こえ始めたことがありました。
触るとひどく熱かったので使用を中止しました。長時間連続で使うモノに安物を買ったのが失敗でした。

愛用の鼻毛カッターは、最近異音が気になります。微妙な変形によって、刃がどこかに当たるのでしょう。
この手の製品は、意外と長持ちしませんね。作りがチャチで弱く、おまけに扱いが雑だからでしょうか。

愛車を運転中に、速度に比例した周期の異音が聞こえるようになりました。タイヤの溝に石でも挟まったのか?
音が柔らかいので石ではなくドングリかも、とディーラー。詳しく調べてもらったら、パンクでした。

自宅で使っている扇風機から、「ビヨ〜ン、ビビヨ〜ン」というシタールのような音が、最近聞こえてきます。
ダイソンのサイトを見て本体を分解。異常なし。組み立てると「ビ〜ン」にかわりました。はて。

この記事のURL | 生活 | CM(0) | ▲ top
BBQでは、食べることと焼くことの、どちらが目的ですか?
- 2020/05/07(Thu) -
「『手段が目的化することを趣味という』――。オーディオ評論家の長岡鉄男さんが残した名言だ。」
という文で始まる、昨日の日経のコラムを読んで、思わず膝を打ちましたね。なるほどそうだったか。

以前、当ブログで「趣味とは何か」を考察した際に、じつは自分で書いてて違和感があったのです。

大辞泉による「趣味」の定義は、「仕事・職業としてではなく、個人が楽しみとしてしている事柄」でした。
なので毎日ブロッコリーを食べたりブログを書いたりするのは、苦痛を伴うので趣味ではないと書きました。

でもよく考えてみると、苦しいけれど楽しい、イタキモな趣味だってあるはず。
苦しいか楽しいかよりも、長岡氏の言うように「手段が目的化」しているかどうかの方が、しっくりきます。

ブロッコリーは、元々は健康のために食べ始めたのですが、いまは食べ続けること自体が目的になっています。
雑感を綴って親近感を提供しようと始めた院長ブログも、いまは毎晩苦しみながら書くこと自体が目的です。
ついでに言えばBBQも飛行機も、食事や旅行というよりも、焼くことや乗ること自体がほぼほぼ目的ですね。

したがって、趣味の定義を私なりにアレンジするなら、こうなります。
「趣味とは、手段が目的化し、魅力を感じて没頭すること。ときに、他人には理解されがたい」

長岡氏といえば、学生時代に読んだFM情報誌「FM Fan」等に、よく登場していたオーディオ評論家です。
彼の自作スピーカーの理屈や魅力は、残念ながら当時の私には理解し難いものでした。
オーディオ機器にはこだわっていた私でさえ、スピーカーは音楽を聴く手段としか感じてなかったからです。
今なら受け止め方は違ったでしょうね。数十年ぶりに長岡鉄男氏の名前を見たので、思い出話を書きました。

この記事のURL | 生活 | CM(0) | ▲ top
「密閉・密集・密接」の反対は、「開放・孤立・隔絶」でいいですか?
- 2020/05/05(Tue) -
最高気温が29度まで上がったカンカン照りの今日、自宅の庭で今年初めてのBBQをしました。
例年、春めいてくると始めていたBBQですが、今年は新型コロナのおかげでそんな気になれませんでした。

行動自粛が叫ばれているいま、とくに行楽とか遊興が目的の「3密」は避けなければなりません。
河川敷等で他のグループとの距離を十分とっていたとしても、多人数でのBBQは、やはり避けるべきでしょう。
しかし、自宅でひっそりと行うBBQなら問題なかろうかと、このたび急に思い立ったのです。

なにしろ、日差しの強い庭で真っ昼間にやりましたから、「密閉」感ゼロ。きわめて「開放」的な雰囲気です。
他の参加者は誰もおらず、一人でただ黙々と焼いたので、「密集」度ゼロ。まったく「孤立」した状況でした。
屋内にいた家人には、焼けた肉などを受け渡すのみ。私は「密接」どころか、ひどく「隔絶」されていました。
まさに、開放・孤立・隔絶の「3K」です。(ていうのを思いついたので書きました)

反省点があるとすれば、BBQソースを切らしていたため、スーパーに買いに行かなければならなかったこと。
肉は通販で買って冷凍していたカナダ肉があったのですが、私としたことがソースが無いのは盲点でした。
「BBQ好きなら、大事なアイテムを切らしてはいかんよ」「ソースね」てな感じで。

で、近所のマックスバリュに昼前に行ったらなんと、駐車場がほぼ満車の賑わいです。これはマズイっす。
マスクして、何度も手指消毒しながら、買い物カゴは使わず、カードで支払って早々に退散したのでした。

この記事のURL | 生活 | CM(0) | ▲ top
いまライオンが逃げたと聞いても誰も驚きませんが、それでいいのか?
- 2020/04/30(Thu) -
熊本の市街地で「鹿」が目撃されたというニュース。どこから来たんでしょう鹿。まさか動物園?
そういえば熊本地震の時、動物園からライオンが逃げたという「ガセ」が世間を騒がせました。
もう免疫が付いたので、今ならライオンが目撃されたと聞いても信じませんが、鹿ならばあり得る話です。

ググってみると、トップにヒットしたのは熊本市のサイト「二ホンシカの出没・目撃情報について」でした。
どうやらガセではなさそう。で、そのページに行ってみたんですけどね、これがどうも違和感がある。

タイトルの「二ホンシカ」の「二」がおかしい。本文中の「二」もおかしい。なんだか漢数字に見える。
文中の「二ホンシカ」をコピペして、文書ソフトで大きな明朝体に拡大して確認。やっぱり漢数字じゃん。

どういういきさつで、「ニホンシカ」の「ニ」だけ、カタカナではなく漢数字の「二」で入力したのか。
担当者が「鉛筆、二ホンシカ、ナイアルヨ」みたいな文を入力して、妙な変換を辞書が学習してしまったのか。
よく見るとサイトの文章中には、「二ホンシカ」と「ニホンジカ」が混在しています。どういうことですか。
もう気になって気になって、先に進みません。ていうか、これって中華製の偽サイトじゃないの?

Amazonとかで商品の情報欄を読むと、どうにもヘンテコな日本語によく出くわします。たいてい、笑えます。
何度も言ってきましたけど、その手の業者内には、日本人スタッフとか日本語の校閲者っていないのですか。
もしかすると、熊本市役所でも、ネイティブじゃない方が公式サイトの管理をしてるんでしょうか。

さっき市のサイトを見てみたら、すべて訂正されて「ニホンジカ」に置き換わってました。ちぇ、気づいたな。

この記事のURL | 生活 | CM(0) | ▲ top
「ステイホーム週間」始まりましたが、大事なのは自粛の継続です
- 2020/04/26(Sun) -
小池知事が力を入れる「ステイホーム週間」が、昨日から始まっています。「週間」といっても約2週間です。
これまで以上に、外出自粛を徹底して人との接触を極力減らそうという、かなり切羽詰まった取り組みです。

今朝のニュースを見ると、東京駅にはほとんど人影が無く、乗客ゼロの新幹線車内が映し出されていました。
これを見て「みんな自粛してるなぁ」と思うか、「自分一人ぐらい乗ってもいいかも」と考えてしまうか。
街中や浜辺や道路がガラガラのニュース映像は、もしかすると油断を生まないかと、少し心配になります。

ちょうど選挙報道のアナウンス効果のように、報道が逆効果にならないよう、配慮をお願いしたいものです。

熊本でも、今朝7時ごろの交通量は、いつもの日曜日の朝よりもずっと少なく感じました。
私の通勤路である豊後街道を併走するJR豊肥本線を、ちょうど上り列車が走っていました。
その2両編成の車内をチラ見(脇見ではない)してみると、こちら側の窓際に乗客は2人しか見えませんでした。

当院お隣のサンピアンの賑わいはどうなのか、確認しに行くのは控えました。それこそ不要不急ですし。
というよりも、駐車場を見れば一目瞭然。閑散としています。たぶん店内はガラガラでしょう。
昨日から専門店は休業となり、いま営業しているのは食品売り場と日用品売り場などだけのようです。

それでも地震の時に比べれば、まだマシです。あのときは営業が一部再開するまで4カ月半かかりました。
駐車場は閉鎖され、その舗装面の縁からは雑草が伸び放題。荒れ地になってしまいました。
背丈の高い雑草が、当院との境界部のフェンスに沿ってびっしりと生え、それはひどい有様でした。
今回の駐車場閉鎖は短期間だと思いますが、ひどく荒れるようなら手入れをお願いしますよ、サンピアンの方。

この記事のURL | 生活 | CM(0) | ▲ top
消毒薬を注射したらどうかと提案する非常識さに呆れます
- 2020/04/25(Sat) -
マスクが不足していますが、待望の「アベノマスク」も、「異物混入」騒ぎで大コケ間近じゃないですか。
一般の方におかれては、アベノマスクなんて期待せず、十分なサイズのオシャレな布マスクを作るヨロシ。

しかし医療機関はそれでは困ります。感染の可能性のある人を診察するには、きちんとした防護が必要です。

手指消毒薬も不足していますが、これは幸い「国による優先供給スキーム」とやらで、消毒液が届きました。
今後さらに特定アルコールの「一斗缶」が届けば、あと半年ぐらいはなんとかなる計算です。その後は知らん。

トランプ大統領が記者会見で、コロナ治療として「消毒液を注射したりできないものだろうか」と述べたとか。
本当に注射できると思って言ったのではないとしても、そんな文言を口にすること自体が非常識です。
なにしろ、イランの文化遺産を攻撃すると発言して、世界中から非難を浴びた前歴のある人物ですからね。

このトランプ発言で、数年前に横浜の病院で起きた、点滴に消毒液を混ぜた連続殺人事件を思い出しました。
たまたま点滴袋を落とした際に点滴液が泡立ったことから、界面活性剤の混入が発覚したものでした。
袋を落とさなければ、原因不明の死がさらに繰り返されたのでしょう。

このとき犯人が混入したのは、「ヂアミトール」という、医療現場ではとてもよく使う消毒薬です。
外用薬としてはありきたりの消毒薬ですが、経口投与はできません。まして血管内への点滴は絶対ダメです。

トランプ大統領の言うことをを鵜呑みにして、実行してしまう人間はいないとは思います。
しかしそのような、実行すれば人が死ぬかもしれないことを平気で口にするなど、指導者としては論外です。

この記事のURL | 生活 | CM(0) | ▲ top
家電メーカーがマスク製造なんて、目の付け所がシャープかどうか
- 2020/04/21(Tue) -
シャープがマスクを作りました。今日から一般向けのネット販売が始まりました。
なにしろシャープ製ですから粗悪品とは思えませんが、メーカーのサイトで写真を見た感じでは廉価品ですね。

1箱50枚入りで、税送料込みで3,938円(1枚78円)とは、楽天などよりも高い価格設定です。
シャープが儲けようとしているとは思えません。きっと、使ってる原材料が高いんでしょうね。

コロナ以前は、マスクの通常価格は1箱200〜300円(1枚4〜6円)だったので、現状はほんとに異常です。

サイズはおよそ95mm × 175mmだそうです。ちなみに評判の悪い「アベノマスク」は、95mm × 135mm。
アベノマスクはプリーツが無いので縦に広がらず、横幅も圧倒的に短いので、そりゃ小さく感じるでしょう。

当面は1日3,000箱からの販売とか。これ、もう少し在庫を増やしてから発売しても良かったかもしれません。
少数しか製造できないのであれば、もっと効果的に配布するなり工夫しなければ、消費者が混乱するだけです。

とりあえず、発注できたら儲けものと考えて、発売開始の10時過ぎに、注文サイトにアクセスしてみました。
が、混み合ってて全然つながりません。そうか、私のアクセス自体が不要不急でしたね。すみません(反省)。

パナソニックも来月から、マスクの製造を開始するようです。
いろんなメーカーがマスクを作ってくれるのは助かりますが、本当に必要なところに届くようにお願いします。

この記事のURL | 生活 | CM(0) | ▲ top
緊急事態宣言が日本全体に拡大され、いよいよ正念場です
- 2020/04/16(Thu) -
新型コロナウイルス感染の拡大を受けて、緊急事態宣言の対象はついに、全国に広がることになりました。
7都府県の人たちが、連休中に全国各地へ移動してはかなわないので、このような措置になったのでしょうか。

安倍首相はときどき思い切ったことをやりますが、その唐突さに驚きはすれど、やり過ぎとは思いません。
またその勢いに乗じて、国民への現金給付は一律一人あたり10万円に変わりました。いいんじゃないの。

それにしても、大型連休中には帰省も旅行もするなという、あり得ないような事態になってしまいました。
絶好の行楽シーズンが、今年は完全に潰される形ですが、誰にも文句は言えません。

熊本県の蒲島知事は、緊急事態宣言の影響のプラス面( 医学的効果 )とマイナス面( 経済的効果 )を語りました。
7時のニュースの前半ではその発言が切り取られて、マイナス面への言及映像だけが報じられていました。
9時のニュースでも、同じ部分だけがとりあげられていました。NHKでもそういう切り取り方をするんですね。

市民生活だけでなく、多くの企業や店舗や労働者が、厳しい対応を迫られています。
しかし、事ここに至れば、感染拡大を抑えて命を守ることが何よりも大事でしょう。経済問題はその次です。

患者さんに今日、「ここは休診はされないのですか?」と尋ねられましたが、その発想はありませんでした。
多くの業種で休業を余儀なくされる中で、医療機関は仕事を続けることが使命であり、喜びでもあるのです。

この記事のURL | 生活 | CM(0) | ▲ top
厳戒態勢前夜、ブログはいちおう連続8年の投稿を達成です
- 2020/04/15(Wed) -
当ブログは、今日で連続更新(投稿)が8年に達しました。
少々の事があっても、地震のまっただ中でも書いて来ましたが、いま少々へこたれ気味です。が、書きます。

万一、私が新型コロナウイルスに感染しても、なんとかMacを病室等に持ち込んで、更新を続けるつもりです。
人工呼吸器が装着される病状となっても、できれば鎮静を控えて、執筆ができるよう配慮していただきたい。
ECMOまで導入されたとしても、せめてスマホを握らせてくれますか。なんとか頑張って投稿しますので。
木口小平のごとく、最期の瞬間までiPhoneを離しませんよ。いや、冗談です。遅めのエイプリルフールです。

日本でも最悪の場合42万人が死ぬとか、外出制限はあと2年必要だとか、そんな話ばかりが出て来ています。
明るい話が無いですね。患者さんとの挨拶はまずコロナの話題。診察中ずっとコロナの話。次の患者さんも。

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、「電話や情報通信 機器を用いた診療」が認められています。
さらに4月10日からは、初診においても、電話等を用いた診療が可能となりました。これはなかなか画期的。
高血圧などの慢性疾患の再診では、電話等を用いた診療の報酬がアップしました。これもありがたい。

今日も発熱者が何人か来院され、マスクとゴーグルのほかにキャップとフェイスシールドの出番もありました。
さいわい、新型コロナを強く疑う病状の方はおらず、通常の風邪薬の処方を行いました。

いまはまだそんな感じですが、そのうち、本物の新型コロナウイルス感染者が入り込んでくることでしょう。
そのためにも日頃から、私や職員や院内の他の患者さんが「院内感染」しないような対策が必要なのです。

この記事のURL | 生活 | CM(0) | ▲ top
熊本地震の時よりも、さらに困難な目に遭うことになるとは
- 2020/04/14(Tue) -
熊本地震から4年。
一生に一度、遭遇するかどうかの、未曾有の天変地異でした。被害は甚大で、多くの犠牲者が出ました。
私や家族の生活や、職場や職員や仕事への影響も大きく、ホントに価値観が変わるほどの出来事でした。

大変だったのは地震直後の1カ月間。断水が続き、余震に怯えつつ、復旧に追われる中での苦しい診療でした。
でもその後は、自宅も職場も熊本も、時間とともに徐々に復興への希望が持てるようになりました。

ひるがえって、新型コロナ禍はどうでしょう。
いちばん大変なのが今じゃないことだけは確かです。本番はこれからなんでしょうけど、先が見えません。
どん底に向かって転落中なのかもしれません。その底がどのぐらい深いのかも、わかりません。

医療従事者が感染するリスクは大きく、またその医療機関がクラスター化する恐れもあります。
果敢に診療を行うためには防護具が不足しており、また救急病院などの医療従事者は疲弊しています。
受け入れ態勢を整えきれない病院では、新型コロナウイルス感染の疑いがある患者の診察は困難です。

そのような複数の医療機関に診療を断られたケースが、「たらい回し」だとして批判的に報じられています。
しかし、受け入れを拒否したのではありません。受け入れようにも困難な状況だったのです。
この重大な局面において「受け入れ拒否」だと非難するのは、医療者をガッカリさせる効果しかありませんよ。

この記事のURL | 生活 | CM(0) | ▲ top
早く特効薬を開発して、御しやすい感染症にしてもらいたい
- 2020/03/16(Mon) -
わが家の愛犬「花」ちゃんは、眠くなってくると両手(前脚)でソファーをバリバリ「堀り」始めます。
まるで寝床を作るかのような可愛い仕草ですが、ソファーが傷むので、ずっと見ているわけにはいきません。

このような犬の行動は、オオカミが寝床にする場所の土を掘る習性を受け継いだものだと言われています。
オオカミが土を掘って草を散らかすことから「狼藉」という言葉が生まれたと、辞書にありました。
「藉(せき)」というのは、乱れるという意味のようです。
万一、ソファーを掘って大穴を開けたりした場合には、花ちゃんは「狼藉者」ということになります。

こちらがチョッカイを出すと、花ちゃんはサッと「伏せ」の体位で身構え、臨戦態勢の形相になります。
ただし、上半身は伏せているのですが、下半身は逆に挙上して尻を突き上げ、尻尾をクネクネ動かします。
フレンチブルドッグの尻尾はとても短くお尻に引っ付いているので、思いっきり振ることができないのです。

先日花ちゃんは角膜を傷つけ、さらに角膜炎と結膜炎を併発し、2,3週間ほとんど右目が開かない状態でした。
しかしついに、獣医さんが小さな小さな逆まつげを発見。それを抜いたらたちどころに治ったのでした。

ちょっとした発見なのに、それが見つかる前と後では大違い。
新型コロナウイルス感染症も、良く効く抗ウイルス薬ができさえすれば、もはや治療しやすい疾病になるはず。
そのコペルニクス的転回を迎える日が、待ち遠しいものです。世界の英知を注ぎ込んで開発してもらいたい。

この記事のURL | 生活 | CM(0) | ▲ top
衛生面を考えたら、パソコンよりiPadの方がいいと思った事例
- 2020/03/06(Fri) -
衛生意識の高まっている昨今ですが、たとえば電子カルテ用のパソコンのキーボードも気になりますね。

「キーボードは便器より汚い」などと言われることもあるほどですから、日頃から注意が必要な物品なのです。
(その説は、33のキーボードを調べたら、その1つが清掃後の便座よりも汚かった、という報告に由来します)
診察室でメインに使うMacのキーボードは、表面を朝晩拭いていますが、なかなかそれ以上はできません。

一方で診察中の手指消毒なら、咽頭・結膜視診後、耳鏡使用後、診察完了後など、節目節目で行っています。
そしてキーボードに触れるのは、診察前の問診中か、診察終了後に手指消毒を行った後、と決めています。
とはいえ、何かの理由で診察の合間に電子カルテを参照する必要がでてきて、キーに触る可能性はあります。

しかし私の懸念はむしろ、自宅のパソコン( MacBook Pro)です。なにしろ食事しながら触りますからね。
それは不潔以前の問題。液体が液晶画面に飛んだり、食べカスがキーボードのスキマに入り込んだりします。
すぐに掃除できるように、ダイニングには清拭用のクロスとマキタの掃除機を置いています。

固形物ならそれでなんとかなるのですが、先日ついに、やらかしてしまいました。
口にほおばったチキン南蛮をむせて吹き出し、甘酢だれが液晶画面とキーボードに飛び散ってしまったのです。
すぐに拭き上げましたが、「2」と「w」と左のシフトキーがやられました。押すとグニュっと粘ります。

さっそくMacを、カメラのキタムラ熊本・くまなん店に持ち込みました。県内唯一のApple正規修理店です。
担当者がキーを押しながら曰く、「あー、粘っこいものが入ってますね」。さすがです。甘酢がバレました。
飲食しながらのパソコン操作には、くれぐれも注意しましょう。あ、そうか、iPadならいいのか?!

この記事のURL | 生活 | CM(0) | ▲ top
Amazon配送のデリバリープロバイダの質の劣化が止まりません
- 2020/03/02(Mon) -
本日午前中の配達を指定していた商品の「ご不在のご連絡」メールが、Amazonから正午に届きました。
まことにオカシな話です。本日当院は診療日で、私も職員も朝からずっと院内に居たからです。
それなのに「ご不在」だとする理由は、嘘をついてでも、遅配を避けたかったからとしか考えられません。

前には、「配達完了メール」が指定時間ギリギリに届き、商品はだいぶ遅れて到着したこともありました。

いずれも配送業者は「デリバリープロバイダ」です。ヤマトじゃなくなって、配送の質が落ちましたね。
彼らは、顧客に嘘をついてでも、配達の遅れをAmazonに知られたくないのです。

前回は穏便に済ませましたが、さすがに今日は、Amazonのカスタマサービスに連絡することにしました。

それにしても、いつも思うのですが、Amazonのカスタマサービスのレスポンスって、やたらに早いですね。
専用フォームにこっちの電話番号を入力して送信したかと思ったら、数秒以内に電話がかかってきます。
自動的に発信する仕組みになっているとはいえ、毎度驚きます。担当者とすぐに通話することができます。

担当者に文句を言って少ししたら、こんどはデリバリープロバイダから電話がかかってきました。これも早い。
さらに、それほど待たないうちに、荷物が全部届きました。やればできるじゃん。
顧客本位なのではなく、Amazonのご機嫌を損ねるのがよっぽど怖いんでしょうね、配送業者にとっては。

この記事のURL | 生活 | CM(0) | ▲ top
ネタが無い日は記念日ネタに逃げます。で、今日は「ニッパーの日」
- 2020/02/08(Sat) -
2月8日なので、当然「ニッパーの日」だろうとググったら、たしかに「ニッパーの日」でした。
ただし最上位に出たのは、工具の「ニッパー」ではなく、犬の「ニッパー」の記念日でした。

ビクター(JVCケンウッド)のトレードマーク、「His Master's Voice」の犬の名が「ニッパー」だそうです。
この絵は、病死した飼い主の声が聞こえてくる蓄音機をのぞき込むニッパー君を描いたものだとか。
私はその犬の名前がニッパーだとは、今日の今日まで知りませんでした。不勉強を恥じております。

もともと私が2月8日から連想したのは、工具の「ニッパー」の方ですけどね。
工作で電線を切ったり被覆を剥いたりする時に使う、あの片面が平坦で小穴があって先が尖った工具です。
切断するための工具なので、何かを掴む機能が主体の「ラジオペンチ」とは形状も用途も異なります。

ところが世の女性、少なくとも家人は、ニッパーとラジオペンチの区別が付いていません(ニッパひと絡げ)。

わが家になぜか3つぐらい存在するニッパーは、実は「斜ニッパ」といって日本独特のニッパーらしいですね。
プラモデルの「バリ取り」とか、爪の横のささくれを取るのにも、ニッパー(または爪切り)が重宝します。

ところで犬の「ニッパー」君は、すぐ人の足を噛む(nip)から「Nipper」と命名されたそうですね。
つまり工具の「ニッパー」と同語源、ていうか同じ言葉だったわけです。
てことは今日は、犬の名でもあり工具の名称でもある「ニッパー」の記念日、と言ってもよいでしょう。

ちなみにわが家の愛犬「花ちゃん」も、そこそこのニッパーです。
人の手は「甘噛み」しますが衣類は強く噛むので、ときどき上腕の皮膚を服の上からガッツリやられます。

この記事のURL | 生活 | CM(0) | ▲ top
忘れ物の受取はお早めに
- 2020/01/14(Tue) -
熊本空港のラウンジに、ACアダプタを置き忘れてしまいました。先週の話です。
その晩に気づき、空港に電話したけど話し中。そうこうするうちに、失念していました。

1週間後の今日になって空港に行って尋ねたら、日数が経ったので遺失物として警察に届けたとのこと。
東警察署に受け取りに行ってくれと。ま、そうなりますか。用事を済ませて夕方、東署に行きました。

勝手がよくわからないまま警察署に入ると、すぐ左側に来署者用の窓口(らしき場所)がありました。
そのカウンターには誰もいませんが、その向こうのデスクでは、警察官が大勢わっさわっさと仕事しています。

突っ立っていると、私に気づいた制服の警察官がやって来ました。以降の会話は、おおむねこんな具合。

私「先週空港にACアダプタを置き忘れたのですが、今日こちらにあると聞いて受け取りに来ました」
警「あー、、、ちょっとお待ちください」(と、どこかへ電話)
警「申し訳ありませんが、遺失物のお渡しは5時15分までです。後日来てもらえますか」

と、2人で掛け時計を見ると、5時16分を指しています。

私「いやあ、1分過ぎただけですよ。なんなら、私がココに来たときはまだ5時15分だったと思いますが」
警「そう・・・ですかぁ。ちょっとお待ちください」(と、電話)
警「会計課の業務が5時15分で終わるので、今日はもう無理です」(少しキレ気味)
私「そこをなんとかなりませんか。会計課の方はまだ居るんでしょ、いま電話してたぐらいだから」

微妙に険悪な雰囲気の中、会計課の方が登場。遺失物の受取には認め印が必要であることが明らかになります。
ありゃま。それじゃどっちみちダメですね。3人とも苦笑いして、和やかムードになりました(ホントです)。

しかし、運転免許証があって署名をしても、認め印がなければ何も進まない日本のお役所仕事って、どうなの。

この記事のURL | 生活 | CM(0) | ▲ top
配達完了メールの嘘
- 2020/01/11(Sat) -
本日午前中の配達を指定していた商品の「配達完了メール」が、Amazonから午前11時59分に届きました。
指定時間ギリギリですね、メールだけは。でも残念なことに、肝腎の商品がまだ届いていませんでした。

メール内のリンクをクリックすると、「本日お届け済み」と、大きな字で表示されています。どゆこと?
さらにその下には、「荷物をお客様に直接手渡しました。」とも記載されています。マジですか。

はて、私のあずかり知らぬところで、誰かが商品を受け取ったのか。職員に尋ねてみても、該当者なし。
間違えて自宅宛に送ったんでしょうか。いや、「配達完了」の文字の下にはクリニックの所在地の記載あり。

それから1時間近く経ってからのこと。「遅くなりましたぁ」と言いながら、宅配業者が現れたました。
いわゆる「デリバリープロバイダ」の方です。見たこともないような社名のユニフォームを着ていました。

おそらくこの方が、指定時間内に配達を完了したとするウソの報告を、Amazonに送信したのでしょう。
遅れて届けたらペナルティがあるのか、その反対に、時間を守れたら評価が上がるのかもしれません。

宅配業者の方へ。今回のことはAmazonにはチクりませんけど、虚偽報告はダメでしょう。

でも、根本的な問題があるのは、Amazon(プライム)の「お届け日時指定便」システムだと思います。
配達日を指定しようとすると、いちいち配達時間まで細かく指定しなければなりません。
その結果、配送業者に余計な負担をかけることになり、前述したようなインチキ報告を生むわけです。
圧倒的に強い立場のAmazonが、中小零細企業をこき使っている構図に見えてなりません。

この記事のURL | 生活 | CM(0) | ▲ top
忘却力増進中
- 2020/01/04(Sat) -
年末に帰省してきた娘に、最近購入したリビングの置物(カボチャのオブジェ)を指し示した時の会話。
「ほら、アレ見てごらん」「それ、前に帰って来たときに見たけど」
親子ならこのような指摘を受けても平気ですが、他人だとこうはいきません。微妙な空気になります。

たとえば、前にも言ったことをすっかり忘れて、また同じ事を言ってしまった私に対して、
(1)「へえ〜」
と初めて聞いたようなフリしてくださる優しい方もいるでしょうけど、その場しのぎですからやめてください。
(2)「それ、前にも聞いたけど」
と冷徹に指摘してくれた方が、キズが深まらないので私は助かります。それでは角が立つというのなら、
(3)「あー、なんか聞いたことあるような気もするけど、気のせいかも」
のような表現でやんわりと指摘していただければベストです。すべて伝わります。その方の優しさも。

他人の勘違いや思い違いを指摘するのは、ほんとに難しいことですね。
相手を傷つけず、追い詰めず、逃げ場を残し、しかし間違いは放置しない。そこには上手な話し方が必要です。
第三者がいるときはその場では指摘せず、別の機会を待ってさりげなく知らしめるのが上策。

最近の私は忘却力には磨きがかかってきたので、短期・中期・長期記憶をそれぞれ、忘れる事ができます。
そのためトンチンカンなことを言うかもしれませんが、私に誤りがある時はスルーしないでいただきたい。
それがお互いの幸せのためです。
と急にこんなことを書いたことに、特に意味はありません。あくまで一般論です。年頭の覚え書きです。

この記事のURL | 生活 | CM(0) | ▲ top
記念写真
- 2020/01/02(Thu) -
お正月なので、わが家に身内が集まりました。
昔、年末年始はいつも母の実家で過ごしていましたが、それと同じことが、わが家で行われたわけです。

3人の子どもたちの夫婦と孫2名。さらに私の両親。総勢5家族12名が集まりました。
私の家が彼らの「帰省先」となり、盆暮れには集まると考えたら、その新たな立場に感慨もひとしおです。

いろいろ準備して臨んだ今日ですが、わかっていた通り、今日はテーブルとイスが足りませんでした。
ダイニングテーブルには慌ててイスを造設しましたが、それでも座れるのは大人7人+子ども。
リビングのソファを使って事なきを得ましたが、ダイニングテーブルを12人で囲めたらカッコよかったのに。
というわけで、12人がけぐらいのテーブル(拡張)を、次のお盆までに準備するかどうか、検討中です。

今回の行事に参加したみんなの記念撮影をする上で、最近買ったiPhone11Proは、とても役に立ちました。
狭い部屋で大人数を記念写真を撮影するのに、広角レンズはとても、ていうかきわめて有効でした。

さらに、今回の集まりで印象に残ったのは次の2点。
・孫どうし(=いとこどうし)が遊んでいる様子が、じつに微笑ましかったこと。
・皆がいろんな相手と互いに談笑する光景も、なかなか興味深かったこと。

日頃あまり会えないいとこらが、親の実家に集い、遊び、語らう。今後も続いてほしい年中行事です。
それをお膳立てして準備することが、私の楽しみであり生きがいになるのかもしれません。

この記事のURL | 生活 | CM(0) | ▲ top
還暦を迎える年
- 2020/01/01(Wed) -
あけましておめでとうございます
満60歳の誕生日を迎える年になりました。今日すでに、還暦になったと考えてもよいのかもしれません。

まあしかし、まだ実年齢は50代なので、還暦気分には浸れません。とりあえず誕生日までは知らんぷりです。
なにか祝いの行事を計画するならば、誕生日に近い敬老の日前後の連休あたりでしょうか。
土日祝日診療を標榜している関係上、臨時休診等の計画は早めに立てなければなりませんね。

さてこのお正月は、昨日から帰省して来ている孫たちと一緒に迎えました。人生で初めてのことです。
手渡したお年玉のポチ袋から取り出したお札を、孫は私に返してくれました。まだお金には無頓着のようです。

明日はまた別の孫たちがやって来て、さらに賑やかになりそうです。毎年こんな正月であってほしいものです。
昔は私が子どもを連れて帰省する立場でしたが、当時の実家の親の気持ちが今になってやっとわかります。

勤務病院の当直や病棟回診当番などの都合で、毎年いつもごく短期間しか帰省できませんでした。
あるいは、帰省をしない年も珍しくありませんでした。年末年始だけでなく、お盆休みも同様です。
今思えば、勤務をなんとかやりくりしてでも、孫の顔を見せるという親孝行を少しでも考慮すべきでした。

さいわい、医療現場での働き方改革も進み、これから勤務医は休みを取りやすくなっていくはずです。
年末年始を1日も休まず病院勤務したとしても、もうその激務を自慢するような時代ではないのです。

この記事のURL | 生活 | CM(0) | ▲ top
「置き配」が心配
- 2019/12/30(Mon) -
外出中にAmazonから「配送完了」のメールが届きました。
はて、自宅には誰もいないはずだけど、と思いつつメールを見ると、写真が添付されています。
いつも見慣れたわが家の玄関脇に、これまた見慣れたAmazonの段ボール箱が置いてある風景です。

なるほど。「置き配」ですか。そのような配送を依頼した覚えはありませんが、まあ、いいでしょう。
高額商品ならともかく、今回はカレンダーですから、盗まれてもたいした被害にはなりません。

しかし、あらためて考えてみると、勝手に置き配されたことには、疑問を感じます。なぜそうなったのか。
そういえば、発注時には「お届け日時指定便」でした。それ以外の配送法が選べなかったのです。
この指定日時に不在の場合は、再配達はせず、自動的に置き配になってしまうルールなのかもしれません。
配送日時を指定しておきながら不在だったという負い目が私にあるので、あまり強くは言えません。

調べてみると、Amazonは10月から、置き配を標準配送にする実証実験を、多治見市で行ったようです。
もしかすると今月は、熊本でも実証実験が始まったのか。あるいは既に、日本中で置き配が標準になったのか。
いずれにしても、今後は置き配が増えることは間違いなさそうで、それに伴ってトラブルも起きそうです。

荷物の盗難や破損でも無い限り、置き配そのものに私は目くじらは立てません。むしろ便利です。
でも置き配なら置き配と、発注時に許諾を求めるなり、少なくとも事前にメールしてほしかった。
盗難に遭っても補償があるかもしれませんが、補償されればOKという商品ばかりではありませんので。

この記事のURL | 生活 | CM(0) | ▲ top
年末大掃除中
- 2019/12/29(Sun) -
書斎の片付けを始めました。年末大掃除の一環ですが、今年はわりと本格的です。
わが家では数日前から大掃除が始まっており、蛍光灯を交換した話はおととい書きました。
年末年始の休診に突入した今日、私も本格的な大掃除に参戦し、禁断の書斎掃除に取りかかったという次第。

形から入るタチなので、小物や書籍を片付けるためには、まず、環境整備を行うことを考えます。
朝からハンズマンに行き、アイリスオーヤマ等の収納グッズを見て回り、しかし買わずに帰宅しました。
なぜ買わなかったかと言えば、いちど頭を冷やすためです。本当に必要なのかと。

念のため、家人に相談してみます。「これこれの収納器具を買おうかと思うのですが」「却下」(即答)
なるほどつまり、書斎のガラクタを収納保管するのではなく、まずは断捨離を考えよと、そういうことですか。
目が覚めました。

今回は思い切って、勤務医時代の学会雑誌や研究会資料等を、すべて断捨離です。研修医時代から全部です。
途中でつい読んだりしてみても、書籍なら読みふけるところですが、大昔の学会雑誌では面白味に欠けます。
Mac関連の雑誌も、ざっと目を通しつつ、次々に束ねて紐で縛っていきました。
2005年以前のMac雑誌の記事って、MacとiPodのことばかりで、iPhoneのアの字もないのが不思議です。

引き出しや物入れの奥の方には、SCSIのHDDとかMOドライブなどが、いまだに保管されています。
いずれも、現在のMacには接続不可能な機器なのに、どうしても捨てられないのです。

5インチのフロッピーディスクが山ほど出てきました。珍しい8インチのディスクも出土しました。
その歴史的価値を考えると、やはり断捨離できず、今回もまた埋め戻しということになります。

この記事のURL | 生活 | CM(0) | ▲ top
蛍光灯の交換
- 2019/12/27(Fri) -
自宅のあちこちの電球(蛍光灯)を交換しました。年末なので。
ていうか正直に言えば、切れたまま放置していた電球が3カ所あり、このたびようやく交換した次第。

リビングの直管蛍光灯4本のうち1本と、キッチンの直管蛍光灯2本のうち1本。あと階段のダウンライトも。
どの電球も買い置きがなく、重い腰を上げて、しかも混み合う道を走って、近所の電器店に行きました。
行きましたが、蛍光灯がFL型だったかFLR型だったかがわからず、いちど帰宅して、確認して出直す羽目に。
こういうことは、きちんと準備してから出かけましょう。

わが家のLDKは、蛍光灯もダウンライトもすべて、温かみのある「電球色」で統一されています。
ハウスメーカーのオススメでそうしました。たしかに、夜に屋外から家を見ると温かい雰囲気に見えますね。
室内の雰囲気も温かいのですが、やや暗めにも感じます。10年住んでるのですっかり慣れましたが。

問題は、電器店に電球色の在庫が無かったことです。店員さん曰く「電球色はもう取り扱ってないですねぇ」。
マジですか。昼光色と昼白色の2択ですか。「丸形なら電球色ありますよ」って言われても何の意味もないし。

やむを得ず、本数の揃っていた昼光色を購入して帰宅。
電球色と昼光色が混在するわけにはいかないので、6本の蛍光灯をすべて交換。昼光色に一新されました。
さて、点灯してみるとこれが、部屋中が真っ白けのけ。ここはコンビニですか。

そこへ帰宅してきた家人から、当然のダメ出し。結局、全部取り外して、元に戻しました。
その後、Amazonで電球色の蛍光灯を発注したわけですが、Amazonでも電球色の扱いはわずかでした。

LED照明への置き換えが進んでいることは承知しています。でも真っ先に電球色がの在庫がなくなるとはね。

この記事のURL | 生活 | CM(0) | ▲ top
しかけ絵本
- 2019/12/13(Fri) -
孫へのクリスマスプレゼントの絵本を買いに、今日は近くの書店に行きました。

いまどき書籍を買うのはたいていAmazonですが、大切な本はどうしても実店舗に行きたくなりますね。
店で手にとって、孫の顔を思い浮かべつつ、ページをめくって吟味するのもまた、楽しいですから。

とくに絵本の場合は、文字の大きさや装丁やサイズ感も大事です。これはAmazonではピンときません。
店舗で下見してからAmazonで買う手もありますが、今回はプレゼントですから、ケチ臭いことはしません。

と言うわけで今日は、歳末セールで大いに賑わうゆめタウンの中の、紀伊國屋書店に出かけてきました。
ちなみに紀伊國屋書店といえば全国有数の大型書店ですが、資本金が5千万円以下なのでポイント還元は5%。
オカシな話です。ま、いいけど。

店舗に行って良かったと思いました。絵本の多くが「しかけ絵本」だったからです。
こればっかりは、Amazonではわかりにくいですよね。
「しかけ」というのは、昔からあるような、立体的な「飛び出す絵本」ではありません。
隠れているのだれかな?的な、どこかを動かしたり、何かをめくると答がわかるような構造です。

よくできた絵本が、たくさんあります。しかけも楽しそうです。たぶん、作ってる人も楽しいはず。
でもいちばん楽しいのは、読み聞かせる瞬間でしょうね。これは親の特権なので、祖父母は後方支援です。

この記事のURL | 生活 | CM(0) | ▲ top
キャッシュレス普及中?
- 2019/11/28(Thu) -
近所のとある小売店で買い物をしました。もちろん支払いはキャッシュレスです。この時代ですから。

あまり馴染みのない店だったので、クレジットカードが使えるかどうかを確認してから出かけました。
こういうとき、経産省のサイトが役に立ちます。以前は「クソ」だと書きましたが、多少はマシになってます。
その店舗の情報を調べてみると、クレカは5ブランドすべて使えて、しかもポイント還元率5%との記載あり。

ところが、実際の支払いの段で、つまづきます。提示したカードが突き返されてしまいました。使えませんと。
「え〜っと、経産省のサイトには、使えると書いてありましたよ」「経産省?そうなんですかぁ?」

すったもんだありましたが、「まあ通してみてください」と試してもらうと、問題なく決済できました。
キャッシュレス決済だのポイント還元だのという急な制度変化に、まさに現場が追いついていない実例ですね。

クレカだけならまだしも、さまざまな方式のキャッシュレス決済が乱立しており、店先の表示も賑やかです。
その中で、新たにキャッシュレス決済を始めた人でいちばん多かったのは、QR決済だったそうですね。
たぶんそれは、利用者だけでなく店舗側にも導入のハードルが低かったためでしょう。私は使いませんけど。

私がおもにクレカを使っているのは、特定のクレカにポイントを集中して貯めて利用するためです。
ApplePay(Suica以外)を使う頻度はかなり限定的。でもSuicaはよく使いますね、あまりにも便利なので。

この「キャッシュレス狂想曲」とも言える状況ですけど、ポイント還元期間が終わったらどうなるのでしょう。
決済業者独自のポイント還元の競争になるのでしょうか。これは体力勝負になりそうですね。模様眺めとこう。

この記事のURL | 生活 | CM(0) | ▲ top
ローマ教皇来日
- 2019/11/25(Mon) -
ローマ・カトリック教会の「フランシスコ教皇」が、来日しています。
天皇陛下との会見は良い雰囲気でしたが、安倍首相の発言はなぜか俗っぽくて嫌な印象でした。

「フランシスコ」と聞くと、真っ先に思い出すのは「フランシスコ・ザビエル」ですね。山口出身なので。
イエズス会の宣教師ザビエルが、鹿児島に来航したのは1549年のこと。
元受験生なら必ず知っている「キリスト教伝来」の年ですね。「以後良く広まるキリスト教」と覚えました。

フランシスコ教皇もイエズス会出身。「アッシジの聖フランシスコ」が、その名の由来だそうです。
この聖人は、中学時代に観た大好きな映画『ブラザー・サン シスター・ムーン』に描かれていました。
この映画のことは6年半前にも書きましたが、当時のブログでは「フランチェスコ」と私は記載しました。
いまではすっかり「フランシスコ」になってしまいましたが、まあそれはヨシとします。

そんなことよりも「ローマ教皇」ですよ。少し前までは「ローマ法王」の方が一般的な呼び方だったはず。
ところが今回、政府機関もメディアもこぞって、「ローマ教皇」の呼称で統一しています。
本家のカトリック教会が「教皇」を使っているそうなので、そこに文句は言うつもりはありません。

でも私は中高生時代からずっと、「教皇」=「法王」ではなく、「教皇」=「ローマ法王」と思ってきました。
なので「ローマ教皇」と言われると、「ローマローマ法王」みたいな感じがして、しっくりきません。
だからせめて、「ローマ教皇」と言わずに、単に「教皇」と言って欲しいですね(まったく個人の願望です)。

この記事のURL | 生活 | CM(0) | ▲ top
国民祭典でのお言葉
- 2019/11/09(Sat) -
天皇皇后両陛下は今夜、天皇陛下の即位をお祝いする国民祭典に出席され、お言葉を述べられました。

「先に即位礼正殿の儀を行い、即位を内外に宣明しました」
これが冒頭の文です。天皇陛下って主語がないんだなあ、と思いながら、続きを聞きました。

「そして今日、ここに集まられたみなさんからお祝いいただくことに感謝します」
これにも主語がない。結局、全部で10の文からなるお言葉の文章には、1つも主語がありませんでした。

比較のため、安倍首相の祝辞も聞き直してみましたが、これも意外と主語が少ないですね。
冒頭の一文の主語は天皇で、国民を主語にした文が3つ、受動文1つ、残る4文は主語なしでした。
こういった、国民を代表するような立場の挨拶では、「私は」のような表現は避けるのかもしれません。

しかし、天皇陛下がご自分のことを一人称で言わなかったのは、また別の理由があるような気がします。

天皇は「日本国の象徴であり日本国民統合の象徴」であると、日本国憲法第一条に謳われています。
公的な場での天皇のお言葉は、象徴としての発言であるため、一人称がそぐわないのかもしれません。

「私」を封印して生きていく天皇の孤高を貫く厳しさを、今回のお言葉を聞いてあらためて感じたのでした。

この記事のURL | 生活 | CM(0) | ▲ top
経産省なんとかしろ
- 2019/11/05(Tue) -
いま話題の省庁といえば、経済産業省ということになりますか。

大臣が公職選挙法違反問題で辞任した暗いイメージを、局長が菊池桃子と結婚したニュースで打ち消すとは。
この局長って、エリート官僚なのでしょうけど、見た目がすごいオッサンなので(失礼)ビックリします。
菅原前経産相は国会の場での説明責任を果たしませんでしたが、では新原局長はどのように釈明するのか。

先週大阪に出かけたとき、ある店に「5%還元」のポスターが貼ってあったので、カードで支払いました。
ところが、そのブランドのカードでは5%還元はできませんと(実際には大阪弁で)断られれました。

ポスターには、おもだったカード名が全部表示されていますが、使えるのはそのうち一部のカードだけだと。
制度が始まって1カ月たったというのに、いまだに準備中なのです。終了するのは6月と決まってるのに。

そういや例の経産相の(クソ)アプリの方はどうなったのか。怖いもの見たさでアクセスしてみました。
まず、最初の地図画面が熊本表示になっているのは良かった。東京からずっとスクロールしなくてすみます。

私の行きつけの店は、決済手段の表示がぐっと増えていました。これは改善してますね。
ただし同じ店舗が決済手段ごとに何カ所も表示されるという問題は、残念ながら修復途上のようです。

重要な検索機能はまだまだですが、絞り込み検索が多少完成度を増しています。
どれどれ、5%ポイント還元のガソリンスタンドなんてあるのかなと、検索したらありました!
ただし、熊本県内ではゼロ。もっとも近いのは久留米ですか・・・

ガソリンスタンドで5%還元って、希少価値がありますよね。ていうか、ホントに5%なんだろうか。
それが気になって、サイトに掲載されてある電話番号に電話してみて驚いたというか、呆れました。
(1)電話番号が間違っている
(2)ガソリンスタンドの電話番号を調べ直してかけてみたら、うちは2%還元です、とのこと。何それ。

この記事のURL | 生活 | CM(0) | ▲ top
マイナンバー必要?
- 2019/10/28(Mon) -
皆さんはもう、「マイナンバーカード」を作りましたか? 私はまだです。

カード取得の手続きが煩雑だとか、作る意味あるのかなどと言われていますが、私の考えは少し違います。
このシステム、ポシャるんじゃなかろうかと、密かに危惧しているからです。
さまざまなIT機器やシステムの、アーリーアダプターか、しばしばイノベーターの私ですら、慎重になります。

縦割り行政の日本では、そもそもマイナンバー自体が、有機的に機能するような気がしないのです。

たとえば、職員を新規雇用した際に事業主が役所に提出する書類が、何年経っても簡便になりません。
健康保険・厚生年金保険関係の届出は年金機構に提出し、ハローワークには雇用保険関係の書類を出します。
同じ厚労省管轄の別々の役所に別々の書類を、それぞれマイナンバーを記載して出さなければなりません。

給与や賞与の金額に関しては、年金機構と税務署に、算定基礎届や年末調整資料を提出する必要があります。
法人税や消費税の納付とは別に、住民税や源泉所得税を、それぞれ別々の役所に納付しなければなりません。

国民を1つのナンバーで管理するというのなら、さまざまな書類の提出窓口も1つにしてくれませんかね。

社会保障と国税ですら、マイナンバー制度による恩恵が、少なくとも利用者にはまったくありません。
それなのに、マイナンバーカードを保険証代わりに使えるようにしようなどという動きには、少々呆れます。
役所が便利になるために、カードを普及させようという考えが見え見えなのです。
マイナンバー制度やカードの普及は、役所の都合ではなく、国民の便利のためでなくっちゃ。

この記事のURL | 生活 | CM(0) | ▲ top
未曾有の災害
- 2019/10/17(Thu) -
台風19号がもたらした災害を「未曾有」だというなら、その言葉の意味を考え直す必要がありそうです。

「未(いま)だ曽(かつ)て有らず」=「今までに一度も無かったこと」というのは、あくまで狭義。
実際には、「滅多に起きない」とか「自分では経験したことがない」ぐらいの意味でしかありません。

台風被害について、「まずまずに収まった」と二階・自民党幹事長が発言したことが、激しく非難されました。
被害者への配慮のなさや無神経な態度は責められるべきですが、その発言内容自体は誤りではありません。

例えば千曲川の氾濫は、ハザードマップに示されていた洪水範囲よりも狭く、まったく想定内の被害でした。
そのマップも、改訂版が2カ月前に、浸水想定エリアの全戸に配布されており、準備万端の状態でした。

要は、専門家や自治体等が想定する被害を、住民がどれほど現実的に捉えるか、という点につきます。
きちんと科学的に検討されていても、受け取る側が想定をないがしろにしたのでは、意味がありません。

今回の台風19号の規模や風雨被害は、1000年に1度のレベルなどといわれました。
しかし1000年に1度というのは、1000年間隔で起きるという意味ではありません。
毎年1000分の1の確率で、そのような大災害が起きるということであり、今年も来年も確率は同じです。

確率でいうなら、今後30年以内に70%の確率で起きるとされている、未曾有の天災がありますね。
これは政府の地震調査委員会による「首都直下地震」の発生確率ですが、とんでもない大きな数値です。
ところが不思議なことに、住民が大挙して東京から逃げ出すような気配がありません。

日本人は、自分で想定した結果が不本意なら軽視して、算出した確率を客観視できないようです。

この記事のURL | 生活 | CM(0) | ▲ top
悲しすぎる救助ミス
- 2019/10/14(Mon) -
多くの犠牲者が出た台風19号ですが、もっとも悲しいのは、救助ヘリからの落下死亡事故でしょうか。
病人でもけが人でもない健常な77歳の女性が、やれやれ助かったと思いきや、命を落としてしまいました。

最初にこのニュースを聞いたとき、突風やその他の突発的な原因による転落を想像しました。
しかし東京消防庁の会見で、救助手順の「単純ミス」が原因であることがわかりました。

救助隊員が、自分と被救助者の両方に固定すべきフックが、隊員の方にしか固定されていなかったとか。
何かバタバタしていて、フックの装着を忘れたのかといえば、それも少し違うようです。
どうやらそのフックは、第3者(別の隊員)が装着したようですね。つまりこういうことだと思います。

隊員Aは、自分と女性Bにフックを装着すべきところ、別の隊員Cが手伝ってくれたので彼に任せた。
ところが隊員Cは、Aのフックだけ取り付け、Bには着けなかった。
それなのに隊員Aは、隊員Cが、AとBの両方にフックが取り付けてくれたと思い込んでしまった。

根本的な問題は、Aが手順通りの操作を行わなかった事に尽きます。
そしてその誘因は、Cがイレギュラーな介入を行ってAのルーティンを乱したことです。
現場での臨機応変な対処だったとはいえ、通常の手順を逸脱する場合には、極めて厳格な確認が必要です。

似たようなことは、医療現場でも別の業種のあらゆる現場でも、起こり得ます。
重要な作業を他人に任せる際には、双方に油断や思い込みがないか、細心の注意を払わなければなりません。
私がいつも、ダブルチェックはリスキーだと言ってるのは、そういう側面があるからです。

本当に重要な局面では、自分がすべき手順は自分の責任で全うすること。そのことに尽きますね。
人命救助のような緊急事態でも、基本的なことをおろそかにしてはならないという教訓のような出来事でした。

この記事のURL | 生活 | CM(0) | ▲ top
自転車通勤再開予定
- 2019/10/04(Fri) -
「ポケモンGO」で約2兆円の医療費抑制効果があったとの試算を、ポケモンの社長が講演で紹介してました。

ある研究によると、ウォーキング1歩あたりの医療費抑制額は0.061円と見積もられるとか。
で、世界中のユーザーがポケモンGOをしながら歩いた距離の合計230億kmから計算すると、総抑制額2兆円。

つまり、ポケモンGOをやることで、世界中の人々が2兆円分「健康」になったというわけですか。

興味深い計算結果ですが、もちろんそんなのは物事の一面に過ぎず、単なる数字の遊びです。
ポケモンGOをしながら運転したりして、事故を起こしたりケガをした損失のことは、考慮してないからです。

しいて言うなら、抑制した2兆円のかわりに、何億円か知りませんがゲーム会社が儲けたはずです。

私もひと頃、バカみたいにポケモンGOをやっていました。とは言っても、歩きじゃなくて自転車ですけどね。
自転車通勤の帰り道ではいつも回り道をしたし、休日には近隣をサイクリングして回ったりもしました。
ですが、ある日ふとやめました。飽きたというよりも、冷めたのです。急につまらなくなったのです。

しかし、得たモノが無いわけではありません。それまで行ったこともない公園や路地を知ることができました。
そうそう。武蔵塚公園に行ったのも、その時が初めてでした。何年も近隣に住んでいたんですけどね。

そういえば今年は、梅雨入り以降ずっと自転車通勤を中断したままです。これはマズイですね。
とっくに梅雨はあけました。ていうか、夏も終わりました。うかうかしてると寒くなります。

この運動不足の不健全な日々を反省しつつ、ふと思いついていま、久々にポケモンGOを立ち上げてみました。
がしかし、アカウントがわからず立ち上がりませんでした。まあ、いいけど。自転車通勤再開しようっと。

この記事のURL | 生活 | CM(0) | ▲ top
駆け込まない需要
- 2019/09/29(Sun) -
消費税増税を前に、一定の駆け込み需要はあるのでしょうけど、今回は微妙というか、複雑で面倒ですね。
つまり、例のポイント還元によって、増税後の方が安くなるケースがあるからです。

5%還元となる店舗での買い物を予定している場合、増税前に買うのはムダです。
2%上がるけど5%還元されるから、差引3%得すると思ったら、大間違い。そんなものでは済まされません。

10万円(外税)の家電で考えてみます。
9月に買えば税込み10万8千円。増税後は、11万円の5%引きで10万4500円。差引3.5%の得。

これが、保存食やらなんやらの買いだめで、総額10万円相当の食品だったら大変です。
9月に買えば税込み10万8千円。増税後も軽減税率で10万8千円。5%引きで10万2600円。差引5.4%も安い。

え〜っと、この計算であってるんでしょうかね。増税後の方が得すぎて、ウソっぽいんですけど。

経産省のサイトには、地図上に近隣のポイント還元登録加盟舗が表示されるようになっています。
当院の近所で見てみると、サンピアンの中のトイザらスとか明林堂書店も5%還元店舗のようですけど、本当?
自宅の近所だと、紀伊國屋書店も5%引きです。いったいどういう基準なんだろ。要確認ですね。

もしそうなら、増税後に買うばっかりでしょ、オモチャも本も。慌てて駆け込んだら、確実に損しますね。

いつも行くガソリンスタンドは、残念ながら加盟店ではないようです。なので今日、駆け込んどきました。
通常は2%ですが、5%ポイント還元のガソリンスタンドをご存じの方がいらっしゃいましたら、ご一報を。

この記事のURL | 生活 | CM(0) | ▲ top
敬老の日と秋分の日
- 2019/09/23(Mon) -
秋分の日の今日、今年は祝日の多い年だったなぁと、年間カレンダーを眺めつつ感慨にふけっています。
さらに気の早い話ですが、来年のカレンダーも見ながら、学会出張やその他モロモロの行事を計画中です。

今年の9月は、敬老の日と秋分の日の兼ね合いで、土日祝の、世間的には3連休が2回ありました。
来年は、敬老の日と秋分の日が連続するので、3連休はなく4連休が1回だけとなります。

敬老の日は9月の第3月曜日で、秋分の日は天文学的に決められるので、いろんなパターンになるわけです。
もしも秋分の日が9月21日で、なおかつ月曜日だったら、敬老の日と重なってしまうことになります。
このような、2つの祝日が重なることなど、想定外だとは思いますが、理論上は起こり得るようです。

西暦2876年に、敬老の日と秋分の日が同一日になると、ある人が書いています。
私の能力では検証のしようもありませんが、もし本当なら、国はどの様に対処するつもりなのでしょうね。
とは言え857年後のことですから、今から心配する必要はないです。

そもそも29世紀の時代に、人間の寿命はどうなってるのでしょう。敬老の日なんて存在するのでしょうか。
もしかすると、がんも感染症もなく、人間は老化せず、寿命は無限になっているかもしれません。
もはや肉体など存在せず、人はその意識だけが、どこかで電気的に活動し続けている状態かもしれません。
老化がなければ「敬老」の概念も存在せず、敬老の日も廃止です。秋分の日と重なる心配もありません。

この記事のURL | 生活 | CM(0) | ▲ top
旅行のアルバム作り
- 2019/09/20(Fri) -
旅行や行事などの写真は、あとで自分や家族が見られるように整理して残しておきたいと、常々思っています。
昭和の時代だとこれは、銀塩写真のプリントをナカバヤシのアルバムに貼り付けるというほぼ「一択」でした。

ところが平成以降のデジカメやスマホの時代になって、紙ベースでまとめるのが難しくなってきました。
撮影した写真の数が多すぎることに加えて、とくに最近では写真と動画の垣根がなくなってきたからです。

こうなるともう、スマホかPCベースのアルバムを作るしかありません。動画を含むならなおさらです。
そして現に、そのようなアルバムファイルを作るアプリはたくさんあります。

しかし私の理想としては、MacとiPhoneの両方で使える、できればAppleの純正アプリを使いたい。
これまでに、FileMakerやEvernoteで試行錯誤してきましたが、やはり使い勝手があと一歩です。

結局いまは、MacとiPhoneとテレビ画面でも供覧できる、プレゼンソフトに落ち着きつつあります。
Windowsでいうところの「PowerPoint」に相当する、Appleの標準ソフト「Keynote」を使います。

これを使うと、MacとiPhoneの両方で同じファイルを閲覧することができるのが、まず大きな利点です。
また、AppleTVを経由してリビングのテレビでみんなに見せて楽しむこともできます。

ご存じのように、プレゼンソフトでは「スライド」の編集や挿入や順番の変更が自由自在です。
なのでざっとストーリーを作って、あとから肉付けしていくことがいくらでもできます。
これをフエルアルバムでやろうとすると、貼った写真を剥がしたり台紙を挿入したりで大変なことになります。

というわけで今日は、先週のハワイ旅行のアルバムを作りました。準備編・苦闘編・感動編の3部作です。

この記事のURL | 生活 | CM(0) | ▲ top
いつやるか
- 2019/09/16(Mon) -
もともと私は手紙を書くのが苦手でした。今でも筆無精です。億劫でなかなか書き始められないタイプです。
毎日ブログを書いてますが、これは締め切りに追われているから成せること。
締切が緩いか、または締切の無い文書の作成だと、これがなかなか書けない。

日頃書く手紙類でいちばん多いのが、他の医療機関への紹介状です。その次に多いのが、紹介状への返事です。
紹介状は、すぐに患者さんに渡す必要があるときは、その場ですぐに書くしかありません。
ところが、あとで郵送すればいい場合には、途端に「億劫風」が吹き始めるのです。
昼休みにでも書けばいいのですが、どうも緊急性がないとズルズルと先延ばししてしまいがちです。

他院からの紹介状への返事ともなると、なおさらです。
明日書こうとか、別の書類とまとめて仕上げようなどと考えているうちに、何日も過ぎていきます。

長年の経験でわかったことは、手紙を書くのにいちばん良いタイミングは、書こうと思ったその時です。
手紙の執筆に限らず、やるべき仕事はその都度済ませる。いつやるか、いまでしょう、なんですね。

研修医の頃、何人もの受け持ち患者さんの翌日の検査の伝票を、毎晩遅くなってまとめて書いていました。
すごく時間がかかって帰宅が遅くなる、いちばんイヤな作業でした。
あるとき先輩から、翌日の検査を思いついたらその瞬間に伝票を書けと教えられました。目からウロコでした。
いや、耳で聞いたので、「目からウロコ」よりは「耳から耳クソ」の方が適切かもしれませんが、ともかく。

「あとでまとめてやろう」という考え方は、効率を重視したように見えて実は、単なる先延ばしでしょうね。
「いま済ませてしまえ」という発想に転換してすぐ行動した方が、きっといちばん仕事がさばけるのです。

この記事のURL | 生活 | CM(0) | ▲ top
ポイントでマネロン
- 2019/09/04(Wed) -
JR東日本が、ICカード「Suica」の利用でポイントがたまる制度を10月から始めるとのこと。
Suicaカードなら0.5%のところ、モバイルSuicaなら2%還元。もうカードで使うヤツはおらんでしょ。
地下鉄や私鉄では当たり前のサービスですが、新幹線運賃も2%還元になれば出張族への影響は大きいですね。

ただ、会社の経費で乗った新幹線代の2%を、はたして自分のフトコロに入れて良いものかどうか。

同様の議論として、飛行機を利用した出張でたまったマイルの私的利用が、だいぶ前から問題視されています。
いまのところ、マイルは搭乗者個人に付与されるという理屈で、私的利用しても横領にはならないようです。

さらに、マイルは運賃とは比例せず、飛行距離から算出された数値が付与されます。
すなわち、マイルは運賃の値引きではなく、お得意様への特典、あるいは「ご褒美」という位置づけなのです。
私の自己弁護の意味も含めて書いてますけど、多くの企業が、役員・社員のマイル利用を黙認しています。

ところで、来たるべき消費税増税に際して別の問題があります。キャッシュレス決済の5%ポイント還元です。
大手カード会社の多くは、還元分を1カ月ごとにまとめて、口座引落時に現金で還元しようとしています。

従来のカードのポイント程度は黙認してきた国税当局も、5%現金還元となると無視できないかもしれません。
おまけにその原資は国のお金。会社経費の5%が個人のフトコロへ還流する場合には見逃せないでしょう。

ただ、ポイント還元の趣旨は、増税後の消費の落ち込みを防ぎ、キャッシュレス決済を普及させることです。
であるならば、ポイント還元による国民の「小さな幸せ」を潰さないことこそが、国の正しい態度のはず。
増税後の9カ月間、国民の消費活動のひと工夫に、国はいちいち目くじらを立てないでくださいね。

この記事のURL | 生活 | CM(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ