スーツケース
- 2018/05/25(Fri) -
勤務医時代には、学会に行くときにはたいてい、ダレスバッグとガーメントバッグの2つを携行していました。

「ダレスバッグ」は、本来は「ドクターズバッグ」と呼ばれるもので、上部がパカッと開く手提げカバンです。
たいていは革製で、内部はポケットに乏しく、開けたら中が完全に丸見えになるという特徴があります。
書類を探し易いのは良いのですが、下着とか食べ物を入れていると学会の受付や空港などで恥をかきます。
私は昔から、ヌメ革の感触が好きで、茶色のダレスバッグばかりを3代ほど使いつぶしました。

「ガーメントバッグ」というのは、背広とズボンをハンガーに掛けたまま収納する、かまぼこ形のヤツですね。
下着類やお土産品なども収納できますが、あまり入れすぎると、手に提げたときすごく下ぶくれになります。

十数年前、海外の学会に参加するために、旅行グッズを買おうと街に出ました。
ある店の人に、旅行グッズを買うのはどこがいいかと尋ねたら、そのご高齢の女店主がこう言ったのです。
「ぼんぼ屋じゃろ」

ぼんぼり等を扱う店かと思いながらも、教えられた場所へ行くと、そこにあったのは「ボンボヤージュ」。
いや、ネタではなく、ホントにそう聞こえたのです、「ぼんぼ屋」と。

今日は十何年かぶりにその店に行き、スーツケースを買いました。
その店のサイトで見つけて一目惚れしたスーツケースでしたが、現物はさらに良かった。それにすごく軽い。
なにしろ昭和の時代のスーツケースなんて、ケース単体で制限重量の3割ぐらいありそうな勢いでしたから。

例に漏れず「TSAロック」です。ダイヤルロックはありますが、カギは付いていません(←コレ大事)。
数年前、「スーツケースのカギが無い!」と、旅行の出発当日になって大騒動したことを思い出します。
何でも早め早めに準備しておかないと、どうでもいいことで慌てますね。

この記事のURL | 生活 | CM(0) | ▲ top
名前が回文
- 2018/05/14(Mon) -
個人が特定されては困るので具体的には書けませんが、名前が回文の方に出会いました。
回文というのは、上から読んでも下から読んでも同じになる言葉、のことですね。
たとえば「成田里奈(なりたりな)」とか「今井麻衣(いまいまい)」みたいな名前です(←これは例です)。
そうそう、「木ノ葉のこ」なんて人もいましたね。

「秦文枝(しんぶんし)」とか「竹藪焼太(たけやぶやけた)」なんて名前も、まさに伝統的回文名です。

そこで、登録患者数が23,908人の当院の患者データベスの中から、回文名の方を探してみました。
まず、回文検索用の関数を考える必要がありますが、これはさほど難しくはありません。
「せい」フィールドと「めい」フィールドにおいて、
「せいの最初の文字=めいの最後の文字、かつ、せいの2番目の文字=めいの最後から2番目の文字」
で検索できるように仕組んだところ、候補が22名まで絞り込まれました。

しかしこのうちの回文名は、たったの2人でした。その確率は、およそ1万2千人に1人ということになります。

その2人のうち1人は、姓が4文字・名が3文字の、かなり高度な回文でした。
私の名前で例えて言うなら、「鶴原春津(つるはらはるつ)」みたいなものです。
そのお子さんのご両親は、命名の際にはきっと、回文を意識したことでしょうね。私なら絶対そう。

この記事のURL | 生活 | CM(0) | ▲ top
たまには洗車
- 2018/04/21(Sat) -
今の愛車は2年前に買ったもので、年齢相応の落ち着いたセダンです。10年間乗るつもりです。
その前の車は、年も考えずにクーペを買いましたが、訳あって5年しか乗りませんでした。
理想的には、居住性に優れたセダンと、ドライブを楽しむクーペの、2台持ちしたいところです。

そういえば、変なジンクス(?)があって、私が新車を買うと、大地震が起きるのです。
今の車は、2016年の3月18日に購入し、最初の2,3週間は、阿蘇方面を何度もドライブしたものです。
ところが4月に、熊本地震が起きました。ドライブどころか、しばらくは洗車もしたくなくなりました。

その前のクーペは、2011年の3月4日に買いました。納車の1週間後に、東日本大震災が起きました。
ちょうど、新車で阿蘇方面をドライブしていたときに、車のテレビの音声で地震と津波の発生を知りました。

さて、車というのは少しでも汚れると洗いたくなりますが、しばらく我慢するうちに汚れに慣れてきます。
さらにいよいよ汚れがひどくなると、逆に洗車する気が失せてきますね。どうでもよくなるというか。

最近ずっと洗ってなかった愛車が、まさにその状態。そこで今日は久しぶりに洗車しました。
仕事を終えて帰宅すると、ちょうど日が陰り始めていて、洗車するのには良いタイミングだと思ったのです。
車にはそれなりに強力なコーティングをしているので、洗剤等は使わなくても、水洗いできれいになります。

ところが、拭き上げの頃には日が暮れて暗くなり始め、水滴の有無がよく見えなってしまいました。
洗車でいちばん大事なのは、水分の拭き上げだと私は思っているので、今日は最悪の洗車になりました。
やはり洗車は、曇りの日(の昼間)に限りますね。

この記事のURL | 生活 | CM(0) | ▲ top
髪切虫
- 2018/04/18(Wed) -
毎月1回、私が定期的に犯している法律違反は、近所の美容室で散髪することです。
「男性」が「美容師」に「カットのみ」をしてもらうことは、前にも書いたように違法行為です。すみません。
ただし、この程度でお縄を頂戴すこることはないでしょう。なにしろ、総理大臣もやってることですから。

「髪切虫」なんて屋号の美容室を、よく見かけますね。当院の近所にもあります。たぶん、全国にあります。

平安時代、カミキリムシは髪を齧(かじ)ったり切ったりする虫だと思われ、「齧髪虫」との名が付いたとか。
それがやがて、遅くとも江戸時代には、「髪切虫」で定着したようです。
つまり「髪切虫」は、理容師か美容師の誰かが考案した当て字ではなく、由緒正しき本名なんですね。

いまのところ、「髪切虫」での商標登録はなさそうです。申請するなら、早い者勝ちです。

夢野久作に『髪切虫』という短編があり、以前から気にはなっていましたが、今日になって初めて読みました。
わが家には、三一書房の「夢野久作全集」全7巻があるのですが、実際に読んだのはネットの青空文庫です。
三一書房の方は、なにしろ古くて、ページを開いたらチャタテムシがウジャウジャ出てきそうだからです。

本棚には全集を揃え、読むのはネット。これは、音楽CDを所蔵して聴くのはネット、というのに似ています。
それなら、全集もCDも要らんじゃないか、と言う人もいるでしょう。最近、私もそんな気がしてきました。

この記事のURL | 生活 | CM(0) | ▲ top
ブロッコリーの花
- 2018/04/16(Mon) -
「ブロッコリー」を、ほぼ毎晩1株食べ続けて、もう7年ぐらいたちます。
栄養バランスとか、抗がん作用とか、血糖値の上昇を抑えるとか、もはやそんなことは、どうでもいいのです。
毎晩続けること自体が目的になってしまいました。

雑誌のブロッコリー特集に投稿したりしたせいで、患者さんからもときどき、質問を受けます。
「ブロッコリーって、体にいいんでしょう?」「美味しいんですか?」
前者の質問への答えは「なんか、そうらしいですよ」、後者には「どちらかと言えば、不味いです」

それでも毎晩続けているのは、止めるきっかけを失っているからです。
とは言え、時々食べない日もあります。
(1)外食した日:私の場合、これは極めて稀です。たぶん、月に1回以下。
(2)体調の悪い日:ブロッコリーなんて見たくもない、と思う日が、たまにあります。
(3)スーパーで品切れ、または値段が異常に高かった日:これが、意外と多いです。

国産品は、値段が高く、色が濃くて重みがあり、味も濃厚でズシッとくるので、1株食べると胃にもたれます。
外国産は、値段は安く、色が薄くてパサパサして、味は淡泊で食べていて味気なく、1株食べるのは苦行です。

ブロッコリーのあの、緑のツブツブはつぼみです。そのつぼみがだいぶ膨らんだものに、最近よく遭遇します。
黄色くなって、開花寸前のものにも出会います。適度な歯ごたえがありますが、美味しいわけではありません。

「ブログ」を、毎日投稿し続けて、昨日で丸6年を迎えました。
こちらの方は、たとえ外食しようと、体調が悪かろうと、仕事で疲れようと、毎晩必ず書いています。
毎晩書き続けているのは、いまさら止められないからです。止めるのがもったいなくて、それに怖いのです。

医療上の問題について真面目な考察を書く日もたまにありますが、たいていはパサパサした淡泊な文章です。
こう言っちゃナンですけど、書く方も書く方なら、読む方も読む方ですよ、みなさん。

この記事のURL | 生活 | CM(0) | ▲ top
時計の電池交換
- 2018/04/10(Tue) -
大学の後輩の、国際学会の理事就任とご子息の医学部合格を祝い、今晩食事会をしました。
彼のご家族全員の努力・苦労は、並大抵ではなかったことでしょう。

10年半前、私が開業するのに際して、彼は開院祝いに、電波時計の掛け時計をプレゼントしてくれました。
毎正時にオルゴールが鳴り、鐘などの装飾がぐるぐる回ります。診察室の壁に掛けています。

震災を乗り越えたその時計はしかし、2,3カ月前から秒針の動きが遅れ始め、オルゴールがかすれてきました。
そのまま様子を見ていたら数日前、分針・時針も遅れてきて、もはや時計としては役に立たなくなりました。

10年以上を経過し、時計も寿命かと思いましたが、電池を入れ替えたら、すっかり元に戻りました。
ただの電池切れでしたか。けっこう心配したのですが、いまではオルゴールの音もうるさいぐらい元気です。

子どもが小さい頃、正月の行事のひとつは、子どもと一緒に家中の時計の電池を入れ替えることでした。
時計が電池で動くことを教える教育的な側面と、時計を探してあちこちを回る探検的な楽しみがありました。

しかし今では、時計が何個あるのかわからないほど増え、それぞれの電池の残量がどうなのかもわかりません。
今回も、時計が止まったので電池を交換したのですが、できれば、止まる前に警告灯などがついてほしかった。

「単2」の電池という、もっとも在庫が手薄な規格だったのも、今回の電池切れで対処が遅れた要因です。

そういえば昔から、時計にはアルカリ乾電池ではなくマンガン乾電池を使うようにと言われていましたよね。
今でもそうなんでしょうか。ていうか、いまどきマンガン電池って、売ってるんでしょうか。

この記事のURL | 生活 | CM(0) | ▲ top
パスポート写真
- 2018/04/04(Wed) -
気が付くとパスポートの期限が切れていたので、あらためて申請するために、昨日は役場に行ってきました。
区役所でもなければ県庁でもない、町役場です。菊陽町民なので。

申請の準備として、あらかじめ本籍地の山口県から戸籍謄本を取り寄せており、昨日は写真を準備しました。
最近のスナップ写真の中から、まずまず納得のいく写真を見つけ出し、トリミングして印刷しました。

パスポート用の写真のサイズは、縦45ミリ横35ミリと決められています。
さらに、頭の大きさが縦34ミリ、頭の上から写真の上端までが4ミリ、という細かい規定もあります。

規定は細かいですが、パソコンでの作業はそれほど難しくはありません。
写真にルーラーを当てて、頭が縦34ミリになるように拡大し、頭の上4ミリ顎の下7ミリでトリミングします。
次いで、鼻を中心に横幅35ミリになるように左右をトリミング。これで初版が完成です。

試し印刷をしてみると、ソフト上での計測値と印刷した実測値が0.5ミリぐらいずれていました。
これを修正するためにサイズを微調整して再度印刷し、完璧なパスポート写真が完成しました。
ただし、完璧なのはあくまでサイズであって、その被写体の人相について言っているわけではありません。

パスポート写真に限らず、数年おきに撮影するような証明写真は、あとから見返すと笑えますね。
運転免許証の場合には、免許センターで必ず間の悪い瞬間に撮影されるので、いつも写真は不本意です。
それに比べればパスポート写真は自分で持ち込めるので、写真の悪さを誰のせいにもできません。

十年前のパスポートでは、写真の私は顔中ヒゲだらけで色黒で、きわめて怪しげなアジア人の風貌でした。
その前のパスポートはずいぶん若い頃に作ったもので、生白くて子どもっぽい顔つきをしています。
どれもが私なのですが、ひどくジェネレーションギャップを感じます。

この記事のURL | 生活 | CM(0) | ▲ top
コンビニの客層解析
- 2018/03/17(Sat) -
コンビニ大手3社が、10年ぶりにレジを刷新しています。
そのうちファミリーマートとローソンが、レジの客層ボタン(年齢キー)を廃止したことが話題です。
店員が客の年齢を想像してキー入力し、それを見て客が一喜一憂するという、あのボタンですね。
実際このボタンは、客の購買内容や日時と年齢を関連づけてデータ収集・解析するための、うまい仕組みです。

ボタンの撤廃を最初に決断したファミマの目的は、レジ操作を簡略化して店員の作業量を減らすことだと。
そのかわり、Tカードを使った客のカード情報から、年齢データを拾い出そうというわけです。

たしかに、客の外見で年齢を判断するのって、かなり主観的ですよね。客を観るというのに客観的じゃない。
レジが忙しいときは、店員もテキトーにボタンを押している、という話もある(ネット情報)。
それならば、ポイントカードの年齢情報を使えばいいじゃん、という発想なんでしょうね。たしかに合理的。

しかし、必ずしもカードを使わない客層があり、データ収集が偏ることを心配する向きもあります。
現に私も以前からTカードを持ってますが、一度も使ったことがありません。じゃあなぜ持ってるのかって話。

ならば、ですよ。AIで客の年齢を判定するシステムを作ってはどうでしょう。
防犯カメラの映像などを解析して、客の年齢を瞬時に判定し、レジの時点でその情報を入れ込む仕組みです。

その客がポイントカードを使えばカード情報から年齢がわかるので、AIの判断の「答合わせ」もできます。
そのようにして、AIが日々学習を繰り返せば、年齢判断の精度はますます向上するでしょう。
これって、いいアイデアじゃないですか。ていうか、もうやってたりして。

この記事のURL | 生活 | CM(0) | ▲ top
IKEA閉店へ
- 2018/03/11(Sun) -
IKEA Touchpoint 熊本」が、7月末に閉店することになりました。たぶん、出店は失敗だったのです。

当院から徒歩圏内のご近所の店なのに、そういえばまだ一度も行ったことがありません。
だって、店内に現物の無いカタログ店、おまけに配送も(タダでは)してくれないなんて、意味分からんし。

「文句言う前に、いっぺんIKEAに行けや」と言われそうなので、本日仕事帰りに寄ってみました。
はたして、想像以上に寂しい店でした。狭い店舗なのに空間が広い。つまりモノが無くて、客入りが少ない。

スウェーデン発祥の「IKEA」らしく、個性的な北欧雑貨でも取り揃えていればいいのに、それもイマイチ。
店内をグルグル回って、シロクマのぬいぐるみでも買って帰ろうかとよく見たら、 “made in Indonesia” 。

北欧雑貨って、都会には専門店もけっこうあるんですよね、独特の雰囲気で、楽しげなキャラクターもある。
もしもIKEAの跡を何かの店舗にするのなら、この際、北欧雑貨専門店にしてはどうかと、私は提案したい。

ムーミン関連グッズとか、トムテとか、イッタラの食器とか、そんなモノを九州一の品揃えでどうですか。
なんなら店舗の半分を「ムーミン谷」にしてもいい。壁際には「おさびし山」を作りましょう。

熊本でそのうような店が流行るのかって?「文句言う前に、いっぺんイッタラどうや」。

この記事のURL | 生活 | CM(0) | ▲ top
昼間走行灯
- 2018/03/09(Fri) -
運送会社のトラックや二輪車でもないのに、昼間っからライトを点灯させて走っている車を、最近見かけます。
たいていは、けっこう明るくてデザイン性のあるLEDライトをつけています。オシャレ?

と思ってたら、「デイタイム・ランニング・ライト(ランプ)(DRL)」だとか。格好付けじゃなかった。
昼間の走行時にライトをつけることで、対向車等からの視認性を高めるのが目的の、交通安全対策なんですね。

すでに欧州では2011年から、新型車への取り付けが義務化されているようです。知りませんでした。
日本でもようやく2016年10月から国の基準が改正され、欧州並みの明るさのDRL装着が認可されています。

一部の新型車を中心に、DRLの車が巷を走っているのですが、まだ少数派なので目立ちます。
となると、私も後れを取るわけにはいきませんね。なにしろ新しモノ好きなので。
さっそくディーラーで調整してもらい、今日からDRLがつくようになりました。

もともと私の車にはDRLが搭載されていたのですが、法令に違反するので、回路が切ってあったのです。
それが晴れて、今日から堂々と点灯できるようになりました。ただし、走行中に消灯はできません。
DRLは安全のために点灯するものなので、ドライバーが勝手に消すことは法令違反。消せない仕組みです。

今後私は、昼でも夜でも年がら年中、ライトを点灯して走りますので、ご了承ください。
消し忘れではありません。パッシングして教えてくれなくても結構です。

この記事のURL | 生活 | CM(0) | ▲ top
勘違いでクレーム
- 2018/03/08(Thu) -
個人差はあるにせよ誰もが、イヤなクレーマーになる可能性がある、という話。

クリニックでいうなら、不満の原因の第一は、待ち時間の長さでしょうね。格好のクレーム対象です。
予約システムを駆使しても、鉄道のように定刻通りに診察を進めることはできません。
喘息発作や痙攣の急患が割り込んだり、点滴や検査で手こずったり、診察時の会話が長引いたりするのです。

前にも書いたのは、休診日を返上して行っていた年末大掃除の最中に、診療を求めて来院した男性のケース。
「今日は休診日です」「いや予約した」「予約できないはずですが」「さっき電話で予約したから間違いない」

別のクリニックを予約したのに、間違えて当院に来てしまったということが、やがて判明します。
見事にバツの悪そうなその男性に、
「ほら、あなたの勘違いでしょ。あれだけ怒鳴り散らしておきながら、なんですかっ!」とは言いません。
「このような日に休診日で申し訳ありません」と、こちらが下手に出るのが上策。お互いが和みます。

その反対に、私がクレームを付けた恥ずかしいケースも紹介します。先日那覇市で買った土産のお菓子の件。
自宅で袋を開けたら、箱の裏側に何かが染み出たようなシミの跡が付いていたのです。これは不良品かっ!
すぐに販売店に電話。責任者は平身低頭。すぐに新品をお送りしますので、住所を教えてくださいと。

ちょうど今日、新品のお菓子と、お詫びの手紙と、さらにもうひとつ、別の豪華なお菓子も届きました。
で、その新品のお菓子の箱の裏を見ると、そこにもまたシミが付いている、いや、よく見るとイラストかっ!
私がクレームを付けた箱のシミは、単なるイラストだったのです。これは、なんたる失態!
さて、私はいったい、どう落とし前を付けるべきなのでしょう。(後日談を、いつか書きます)

この記事のURL | 生活 | CM(0) | ▲ top
機内の咳
- 2018/02/27(Tue) -
所用があって、日帰りで沖縄に行ってきましたが、服装を間違えました。ツイードのジャケットは暑かった。

最近なじみになった熊本空港のラウンジでは、今日もパソコンと向き合っている背広の男性が目立ちます。
ネットサーフィンやゲームなどではありません。どなたもひたすらキーを打ってます。文章を書いてます。
報告書とか、企画書とか、そういう類のものでしょうか。まさかブログじゃないですよね。
その企業戦士たちの姿を目の当たりにして私も、iPhoneでこのブログをいま、書き始めたところです。

出張の往路か帰路か、搭乗までの待ち時間も惜しんでキーを叩きまくるスーツ姿の男たち。
航空機での移動は私にはまだ非日常でも、彼らにとってはバスかタクシーぐらいの感覚なのでしょう。

さて搭乗。後ろの方の席から、幼な子の泣き声と大人の咳込みが聞こえます。
子どもは泣くもの。しょうがない。問題は咳。後ろの席の咳。インフルエンザの可能性だってありますから。
こういうとき、咳のすぐ前の席の乗客は、イヤな気分でしょうね。確実にしぶきを浴びるのに逃げられない。

日頃のインフルエンザの診療ではいつも、病状改善後の登園・登校・出勤等が可能な日をお伝えしています。
子どもの親御さんは確実に、その規則を守ってくれます。でも、大人の患者がそれを遵守するかどうか。
少々体調が悪くても、まだ熱があっても、見切り発車して出勤する方もいるでしょうね。
どうしても休めない出張も、きっとあるのでしょう。でも、周囲は大迷惑です。
多人数が密室で長時間をともに過ごす航空機ではとくに、感染のリスクを考慮したマナーが大事です。

この記事のURL | 生活 | CM(0) | ▲ top
自動運転車をあおる
- 2018/02/16(Fri) -
ホンダの自動運転の実証実験車が、首都高速道路で制限速度を守って走っていたら、渋滞を招いたとのこと。
そのことが、開発者のインタービュー記事で「あおられた」と表現されていたことに、驚きました。

もちろん、後続車が本気であおったのではなく、スピードが遅いから車間が詰まってきただけの話でしょう。
一般に、高速道路で制限速度を厳守してたら、たぶん迷惑なのです。全体の車の流れを悪くするのです。
たとえば、全体の車の流れが時速110キロなら、多少速度オーバーだけど、その流れに乗って走るべきです。

今後、自動運転車が実用化され、あちこちで走り始めることは間違いありません。
おそらくその、安全第一・法令遵守な走りっぷりに、一般の運転者は迷惑を被ることになるでしょう。
「おいおい、この前の車、自動かよ」なんて具合に、少々イラつくこともあるでしょう。

あるいは、わざと自動運転車の前で急減速したり幅寄せしたりする、悪質なドライバーも出てきそうです。
一般車と自動運転車が混在して走る過渡期には、なにかとトラブルが起きそうな気がします。

市街地や高速道で自動運転車を見かけたら、私はしばらくは、近寄りたくありませんね。
自動運転車に柔軟で臨機応変な人間的判断ができるのか、まだ信用できません。君子危うきに近寄らず、です。

自動運転車が本当の意味で理想的な走りができるのは、世のすべての車が自動運転になったときでしょう。
クルマ好き(ドライブ好き)にとって、そんな未来はすぐには来て欲しくないですけどね。

この記事のURL | 生活 | CM(0) | ▲ top
結婚と親戚
- 2018/02/13(Tue) -
結婚式と披露宴の間には、親族紹介タイムがあります。
両家の親族が向かい合ってずらっと並び、それぞれの代表者が、親族全員を紹介していく場面です。
おとといの長女の結婚式では、私が新婦側の代表として、ひとりひとりを間違えないように紹介しました。

30年前に私が結婚したとき、こちら側には私の親兄弟や叔父叔母が、向こう側に妻の親戚が並んでいました。
ところが今回は、その両家の親族が全部、こちら側(新婦側)に並びました。いまや全員私の親戚なんですね。

ああ、こういう風に、家と家が結びついていくんだなと実感した瞬間でした。
たぶん孫の結婚式のときには、今回の両家が、同じ側に並ぶことになるのでしょう。

こうした家と家との新たなつながりも、少子化が進んだ日本では、今後は減る一方かもしれません。
昭和40年代に年間100万件以上だった婚姻数は、平成22年は約70万件、昨年は約60万件と激減しています。

おまけに「完結出生児数(結婚した夫婦の間に生まれる子供の数)」も、2人以下に減っています。
今後しらばくは、人口が減り続けるのでしょうね。これを食い止める手立ては、結婚と出産の両方です。

ちなみに、誰にも必ず2人いるのは両親です。そしてその両親の両親(祖父母)は4人、曾祖父母は8人・・・
30世代ほどさかのぼったら、ご先祖様は10億人を超える計算になりますけどね。こりゃ面白い。

この記事のURL | 生活 | CM(0) | ▲ top
新婦の父親の父親
- 2018/02/10(Sat) -
年末に引き続き、また、家族の話を書きます。ご了承ください。
明日は、長女の結婚式です。福岡のホテルで行われます。そのため、明日は臨時休診にしております。
90歳の私の父は、足腰も弱っており、体調の不安から、当初は老健施設で留守番する予定でした。
しかし、挙式が迫ってきた先月、ふと思い直して、なんとか結婚式に参加してもらうことにしました。
そのために、私が自家用車で送迎することにしました。父は、私の車の後部座席の乗り心地が好きなのです。

長時間の乗車に備えて、先日、遠出の練習をしましたが、久々のドライブはとても良いものでした。

さて、今日は診療を終えてすぐ、実家で両親を乗せて、熊本インターに向かいました。
いつもなら1時間少々でピューッと到着する福岡までの道のりを、ゆっくりゆっくり走りました。

もう10年以上、新幹線にも高速道路に乗ったこともない父が、久しぶりに県外に出て福岡に着きました。
明日は私もいろいろと出番があるものですから、父の世話係は、おもに母に任せています。
30年前の、私自身の結婚披露宴では、私はよく覚えていませんが父の挨拶が皆の感動を呼んだとか。
明日の私の、親族代表としての謝辞がどれほど人々の心に響くのか響かないのか、それはわかりません。
今夜は寝る前に、少し練習しておきます。

明日の披露宴ではもちろん、一滴も飲酒しないつもりです。
父のお気に入りの私の車で、私自身の運転で、父を家まで送りとどけたいからです。
きっとまた、心地よいドライブになることでしょう。

この記事のURL | 生活 | CM(0) | ▲ top
ガソリンの総額表示
- 2018/02/05(Mon) -
今朝は積雪のため、路面が凍結していました。愛車が修理中なので、慣れない代車で恐る恐る出勤しました。

その修理中の愛車は、購入してもうじき2年になりますが、先週走行距離を見たら、まだ9,156kmでした。
年間5千kmも乗らないようでは、趣味はドライブ、とは言えませんね。愛車と呼ぶのもおこがましいかも。

当然、ガソリン消費量も少ないのですが、たまに給油すると、いつもガソリン代の金額の大きさに驚きます。

セルフの店が嫌いなので、どうしても価格が高めのガソリンスタンドで給油するからかもしれません。
通勤路に面していて、広くて待たされないところが好きなので、結局いつも同じ店に行くことになります。

看板の金額を見て結構安いなと思うのですが、あとでそれが税抜価格だと判明し、いつもガッカリします。

本来は税込価格を表示(総額表示)すべきですが、特例期間中なので、税抜表示がまかり通っているのです。
「消費税転嫁対策特別措置法」による特例期限は、平成33年3月31まで(その時は「平成」じゃないけど)。

それまでの間なら、「税抜」という文言を看板の片隅に記載しておけばOK、というわけなのでしょう。
私が店主なら、「税抜」の文字をデカデカと、すぐ見えるように書きますけどね(良心的!)。
「ハイオク1リットル99円(税抜)」なんて衝撃的な価格で掲示して、実は「ガソリン税」抜だったりして。

来年10月には、ついに消費税が10%になりますが(たぶん)、その頃にもまだ、税抜表示が可能なんですね。
特例措置は、事業者の事務負担軽減のためです。消費者の混乱軽減は、考慮されてないようです。

この記事のURL | 生活 | CM(0) | ▲ top
器物損壊事件
- 2018/01/12(Fri) -
休診日の今日、書類整理のために職場に向かおうとした私が目を疑ったのは、車のボンネットの傷でした。
近所の子どもの野球ボールが当たった跡や、ハトの糞ぐらいなら、まだ諦めもつきます。
しかしその傷は、石か釘か何かで、ボンネットに大きく深〜く刻まれた、「バツ印」でした。

悪ふざけやいたずらでは済まされない、嫌がらせです。犯罪行為と言ってもいい。
ただちに警察に通報しました。しばらくしてパトカーが来ました。警察官は3人。これは頼もしい。

警察官2名が現場検証(写真撮影やさまざまな計測)をする間に、残る1人が私と一緒に被害届の作成を開始。
たぶん夜中の犯行だし、使ったのはそこらの石ころでしょうから、目撃情報にも物証にも乏しいのが難点です。

車に傷が付いていないことを最後に確認した時から、今朝傷を発見した時点までの経過を、細かく記載します。
iPhoneのライフログアプリには、私の移動時刻と場所が細かく記録されているので、こういうとき便利です。

イモビライザーやドライブレコーダーは、今回まったく役に立ちませんでした。必要なのは防犯カメラです。
あとは、警察の方との連携を深めて、これまで以上の頻度で、近隣をパトロールしていただくことでしょうか。

ディーラーで修理の見積もり。うわ高い。傷が深いので板金塗装が必要とのこと。ボンネットは全部塗り替え。
保険で修理できますが、そうすると保険料がアップして、修理代分よりも値上がりする可能性があるとのこと。
なんじゃそりゃ。保険の意味ないし。とりあえず、保険料がどのぐらい上がるかの見積もりを依頼中なり。

この記事のURL | 生活 | CM(0) | ▲ top
元号と年齢計算
- 2018/01/11(Thu) -
昭和3年1月11日に生まれた私の父は、今日が満90歳の誕生日でした。
90歳というのは、「卒寿(卆寿)」のお祝いをする年齢ですが、本来これは数え年が基準です。
なので正式(?)には、昨年が卒寿だったはずなのですが、今回は満年齢で考えることにしました。
2年前の満88歳の誕生日に「米寿」のお祝いをしたので、それとの整合性をとるためでもあります。

数え年というのは、現代社会では古風かつ面倒なカウント法ですが、合理的な面がないでもない。

たとえば和暦は、数え年と同じで、元年(1年)から始まるシステムです。
平成元年生まれの人は、数え年と年数がちょうど一致します。今年平成30年は、数えで30歳というわけです。

来年4月30日に天皇陛下が退位し、翌5月1日に皇太子が即位します。さて新元号は何になるのでしょうね。
新元号を暫定的に「暫定」とすると、暫定元年は2019年。暫定の年数に18を加えれば西暦になります。
昭和のときにはこれがプラス25でしたが、いま平成だとマイナス12ですよね。

患者さんの年齢を、生年月日を元に暗算で計算しようとするときに、この換算がなかなか面倒なのです。
このブログを書いてる途中でも、少々混乱して、書き間違えてしまいました(修正済)。
来年からはさらに面倒な時代に突入します。子どもの年齢計算で、現場はだいぶ混乱すると思います。

この記事のURL | 生活 | CM(0) | ▲ top
年賀状が減っている
- 2018/01/01(Mon) -
年賀状が減っています。元日に配達される年賀状は、この10年で4分の3近くになったとのこと。
SNSやスマホのメッセージに置き換わってきたのが原因だといわれます。
そうかもしれませんが、そうじゃないかもしれません。

私の場合、人間関係の広がりと共に、年賀状投函数はどんどん増えていましたが、そのピークは越えました。
今年新たに、10人ぐらいの方に年賀状を出しましたが、それ以上に、今年から出さなくなった方がいます。

年賀状ソフトでデータ管理をしているので、過去の年賀状のやりとりが、ずっと記録されています。
私が年賀状を出しても先方からは届かない、ということが過去2年間続いた方には、今年は出していません。
その方の事情は不明ですが、ともかく、年賀状のやりとりはお終いにする時期だと判断したわけです。

こうして徐々に年賀状の数が減っていますが、それは決してSNSやスマホが原因ではなく、「自然減」です。

表面的には、年賀状のやりとりが続いている方でも、それこそ本当に、形ばかりの賀状の方もいます。
前にも書いたように、私は手書きのひと言が大事だと考えている人間なので、手書きなしの賀状は疑問です。

手書きなしの年賀状が2年続いた方は、来年の投函は止めておこうかと、真面目に考えているところです。
先方にとっても、形ばかりの年賀状を私に差し出すのは、もともと気がすすまないはずですし。

私は毎年の年賀状をすべてスキャンし、相手別にファイリングしているので、内容の変化がよくわかります。
人によっては、私への賀状が完全に形式だけになって来たことが、はっきりとわかります。
たとえ形ばかりの年賀状であっても続ける意味はある、と考えてきましたが、それも程度問題ですね。

この記事のURL | 生活 | CM(0) | ▲ top
プレミアムな気分
- 2017/12/31(Sun) -
怒濤の2日間が過ぎ、大晦日の今日は気分良く帰熊しました。

そうそう。東京ビッグサイト近辺の人出はすごかった。コミケですか。私にはよくわからない世界です。
「世界で2番目に人が集まるイベント」という表現は大げさだとしても、まあ、人が多い多い多すぎ。
何万人という参加者が、じつに整然と並んで待っている姿と、その人たちの独特の風貌にも打たれます。

今回の東京往復では、腰の負担を軽減するための措置として、航空券はプレミアムクラスの座席をとりました。
断っておきますが、贅沢のためではありません。私の腰が普通席に耐えられない状態なのです。
先月、日帰りで熊本・東京を往復(普通席)したら、もともと痛んでいた腰が、ついに悲鳴を上げました。
某整形外科で治療を受け、かなり改善したのですが、いつまた再発するかもわかりません。

そこでこのたびはやむを得ず、緊急措置としてプレミアムクラスに乗ったわけなので、ご理解ください。

ただし一昨日は、腰のみならず膝も痛めるという、想定外のフライトとなりましたが、それはまあ仕方ない。
そのぶん、今日の帰路では、空港ラウンジでつくろいだ後、ゆったりと広いシートを堪能して帰ってきました。

ゆったりできただけでなく、あちこちでANAの方からお礼の言葉を頂戴しました。
搭乗口を通過したら、係員が追いかけてきて、お礼の言葉と共に礼状とお菓子などをいただきました。
機内で着席すると、こんどはチーフパーサーから、これまた丁寧なお礼の言葉。着陸後にもまたお礼。
一昨日の件が、各部署に申し送りされていたようです。まことにプレミアムな気分で、熊本に帰って来ました。

この記事のURL | 生活 | CM(0) | ▲ top
新郎の父親と新婦の父親
- 2017/12/30(Sat) -
珍しく、私の家族のことを書きます。

長男が本日、東京で結婚式を挙げました。長女は来年2月に、福岡で挙式の予定です。慶事が続きます。
示し合わせたわけでもないのに、どちらも同じ、今年11月22日の「いい夫婦の日」に入籍しました。

入籍と、挙式と、披露宴とが、全部同じ日だった昔から考えると、今はずいぶん、フレキシブルになりました。
法的には入籍が、個人的には挙式が、社会的には披露宴が、それぞれ「結婚記念日」かもしれません。

昨日から上京して今日に備えたのは正解でした。昨日のような出来事が、いつ起きるとも限りませんから。

それにしても、なにぶん「新郎の父親」となるのは初めてのことです。それなりに緊張しました。
しかしその緊張も、挙式前の待ち時間の間に新婦側親族と歓談するうちに、すっかりほぐれました。

いまどきの結婚でも、家と家、親族と親族のつながりや人間関係は、いちばん大事なものだと感じました。
ですから今日は、ふたりの門出を祝福すると同時に、新しい人たちとの出会いに感謝する会でもありました。

さて、来年2月には「新婦の父親」になります。また別の感慨があることでしょう。
当ブログをお読みの皆さまにも、良い年になりますように。

この記事のURL | 生活 | CM(0) | ▲ top
戌年の年賀状
- 2017/12/26(Tue) -
もう何年も前から、年賀状の裏面は印刷会社に任せており、宛名は年賀状専用ソフトで印刷しています。
全部印刷だけというのもイヤなので、裏面の余白部分に、下手な字で手書きのコメントを書き入れています。
「今年もよろしく」とか「元気?」ぐらいの、形ばかりのフレーズであっても、自分の手で書きたいものです。

なにしろ、年賀状のやりとりをしている相手のうち大多数は、年賀状だけが唯一のつながりです。
そんな、年に一回の音信をオール印刷で済ませるのもどうかと思い、どこかに手書きを加えているわけです。

とは言え、形式的な文言を手書きするよりも、近況報告を詳しく印刷した方が、もっと有意義かもしれません。
家族ひとりひとりについて詳細に記述してある年賀状を、時々受け取りますが、あれが本来、よい年賀状かも。

さて来年は戌年なので、わが家の愛犬「花(はな)」を、年賀状デビューさせることに決めました。
当初はフジカラーに委託しようかとも思いましたが、レイアウトの自由度を考えて、全部自分で印刷しました。

全面的な自作年賀状は、たぶん愛犬「アンナ」をフィーチャーした前回の戌年以来、12年ぶりのことです。
写真や文章のレイアウトが自由自在なのも、作ってて楽しいものですね。
この年末から来年初めにかけて、家族のイベントが続くので、そのことを報告する年賀状になりました。

裏面レイアウトは3バージョン作成。ザックリ言うなら、まじめ版・ふつう版・ふざけ版、の3つ。
元旦に、私からの年賀状を受け取られた方は、どのバージョンが届いたかで私との親密度がわかる仕組みです。

この記事のURL | 生活 | CM(0) | ▲ top
電話で本人確認
- 2017/12/24(Sun) -
会員情報を変更する必要が生じて、あるサイトの問合せ窓口に電話しました。
「電話口の方は、鶴原様ご本人でしょうか」などと尋ねられますね。「はい、そうです」と答えるとさらに、
「では、本人確認のため、誕生日を昭和からお願いします」などと訊くので、私がスラスラと答えると、
「本人確認が取れました」などと言ってくれます。なんていうか、平和ですなあ。

形式的なマニュアル作業なのですが、もしもこちらの回答が間違った場合は、面倒なことになります。

おととい、NTTの電話料金徴収を引き受けている、東京の「NTTファイナンス」に電話したときのことです。
電話番号の「登録名義」を問われて「ツルハラヨシカズ」と答えたのですが、確認できないというのです。

「他の方が名義人ではないですか」と向こうは言うのですが、名義なんて、私以外であるはずがありません。
「思い当たる名前を言ってみてください」とも言ってくれますが、それもオカシな話です。
念のため家族名などを言ってみましたが、一致しません。ついに、最後まで本人確認ができませんでした。

「では、名義人は誰になっていますか?」という質問にも答えてくれないので、打つ手なしです。

その後、試しに「NTT西日本」に電話してみると、電話番号の名義人名と私の名前はすぐ一致しました。
ファイナンスでは突っぱねられたのに、西日本ではあっさり受理されるとは、いったいどういうことなのか。

西日本の人は口を濁しましたが、西日本からファイナンスに情報を移すときに、ミスがあったようです。
私はかなりしつこく食い下がって、その詳細を問いただし、ヒントを得ました。
どうやら、私の名前「由一(ヨシカズ)」の読みを、勝手に「ユイチ」と登録していたフシがあるのです。

私が何度も「ヨシカズ」と言うのを聞きながら、「惜しいなぁ」て思ってたでしょうね、ファイナンスの人は。

この記事のURL | 生活 | CM(0) | ▲ top
キャッシュアウト
- 2017/12/17(Sun) -
主役が直虎か家康かよくわからなくなった大河ドラマが終わりましたが、あの碁石の「完」はどうなんかなぁ。

それはともかく、「キャッシュアウト」サービスが日本で初めて、来年4月からイオンに導入されるようです。
全国のイオンのレジで、「デビットカード」機能を使って、ATMに似た現金引き出しが可能になるとのこと。

少なくともマックスバリュで買い物をする前には、どこかのATMでお金をおろしてくる必要はなくなります。
現金を持たずにレジに並んでも、支払いが出来るどころか、逆に現金を手にして帰ることができます。

少し似たシステムでいうなら、Edyのオートチャージは以前からあります。便利です。
Edyの残高が足りなくても、支払う瞬間に自動的にチャージされ、残高が増えた状態で支払いが完了できます。
よほど高額の(オートチャージ限度額以上の)商品を買わない限り、残高で心配することがありません。

首都圏等の電車に乗る機会がないので私には関係ないですが、Suicaのオートチャージも便利らしいですね。
自動改札機から入場する時点で、もしも残高が足りなければ、自動的にチャージされるシステムです。
Suicaを持っていれば必ず乗れるので、残高を気にする習慣自体が無くなりそうです。

「JRがお金をくれているような錯覚に陥る」と友達がFacebookに書いてました。
たぶん「金の心配はするな。とりあえず電車乗れ」的な、JRの気遣い(戦略)なのでしょう。

レジ業務の煩雑化や手数料負担にもかかわらず、キャッシュアウトを導入するイオンの意図は想像がつきます。
たぶん「金の心配はするな。とりあえずモノ買え。なんなら小遣いも引き出しとけ」でしょうね。

この記事のURL | 生活 | CM(0) | ▲ top
デスクワークの区切り
- 2017/12/15(Fri) -
書類整理でも勉強でも片付けでも、その日の作業を終了するのは、ある程度区切りがついたときです。
もしくは、何か別の優先事項が生じたり、外的要因による中断もあるでしょう。

ところがお役所や企業の作業は処理案件が途切れないためか、機械的に区切るようですね、キリが悪くても。

九州電力の支払いをクレジットカード払いに変更しようと、手続きをしたのは、火曜日の昼間でした。
立て続けに2件の申し込みをWeb上で行うと、ただちに九電から受付を知らせるメールが2通、届きました。
2件の「お申し込み番号」はもちろん、連番でした。

ところが、その3日後の今朝、九電から届いた登録完了のメールは、1件分だけの内容でした。
私のミスか九電の手違いかと、電話で問い合わせして驚きました。2件目の登録は、月曜日になるようです。

どうやら担当者は、1件目の処理をしたところでその日の作業を終了して、2件目は翌日回しにしたようです。
同じ顧客からの2件連続の申し込みの、その途中で、処理作業が日をまたいだわけです。

まあ九電にしてみれば、誰からの申し込みかいちいち気にもせず、粛々と処理しているだけの話でしょう。
もしかすると、1件目を処理した直後に飲み会に誘われるという「優先事項」が生じたのかもしれません。
2件目まで処理しようとしてたのに、強引な同僚からの「外的要因」で中断させられた可能性もあります。

そんなわけで、2件の申し込み時刻のわずか30秒の時間差は、3日違いの登録に増幅されてしまったのです。

この記事のURL | 生活 | CM(0) | ▲ top
寒いのが嫌い
- 2017/12/13(Wed) -
寒くなってきましたね。今朝の気温は0度でした。明日はマイナス2度らしい。想像しただけで震えます。

インフルエンザ患者は、とくに数日前から急に増えています。成人に多いような印象があります。
また当院受診者に限れば、熊本市内ではA型、菊陽方面の方はB型が主流です。
B型よりもA型の方が重症だ、というのはほぼ都市伝説に近く、どちらの型にも重症の方と軽症の方がいます。

免疫の働きからして、子どもの方が高熱が出やすく、大人は出にくいものです(とくに高齢者!)。
なのでインフルエンザで高熱が出たとき、同じ39度なら、大人の方がよほどぐったりしています。

「子どもは風の子、大人は火の子」などと昔から言います。
寒風の中を元気よく走り回る子どもの姿が「風の子」だろうと認識していますが、ならば「火の子」って何?

「昨日ずっと寒いところで遊んでたので、今朝熱が出ました」と来院するお子さんは、まさに風邪の子です。
しかし暖房の効いた屋内でゴロゴロするよりも、外で元気よく遊びなさい、と言いたい気持ちはわかります。
その願いが「子どもは風の子」なのでしょうね。「火の子」はわかりませんが。

「犬は喜び庭駆け回り、猫はこたつで丸くなる」などというステレオタイプの考え方も、正しくはありません。
わが家の愛犬は、寒い屋外も嫌いじゃないけど、暖かい部屋のソファーで丸くなるのが大好きだからです。

この記事のURL | 生活 | CM(0) | ▲ top
通販にのせられ中
- 2017/12/10(Sun) -
私がよく使う通販は、みな頭文字が「A」の、「Askul」と「Amazon」と「Apple Store」の「3A」です。
最近これに楽天が加わりましたが、できれば名称を、Aから始まる「悪天(Akuten)」にしてほしかった。
そうそう、たまにYAHOO!ショッピングも使いますね。あれも「AHOO!」だったらいいのにね。

楽天カードを作ったので、ポイントが優遇されるなどの文言にそそのかされて先日、売り場を巡りました。

近所のゆめタウンには、2倍とか5倍の日があります。商品によっては、10倍や20倍の場合もあります。
ところが楽天には、20倍をも超え得る独特のポイント還元システムがあって、なかなか楽しいですね。

あれこれ手続きをするうちに、私の基本倍数は7倍。つまり、7%がポイント還元される状態になりました。
そこへもってきて、20倍の店で何かを買うと、7x20=140倍、なんと140%還元!、なわけありませんね。

みなさんご存じのように、楽天の「倍」は、数学的には「かけ算」ではなく「たし算」だからです。
7倍とは基本より「+6倍」、20倍は「+19倍」のことなので、合計で「+25倍」つまり26倍!合ってます?

このヘンテコリンな倍数システムに翻弄されて、先日の楽天のセールでは、だいぶ買わされてしまいました。
冷静に考えたらあまり必要でなかったかもしれないグッズやら食品の山が、いまわが家に築かれています。
でもって今度は、Amazonがセール中なんですよね、まったく。

この記事のURL | 生活 | CM(0) | ▲ top
勧誘電話あれこれ
- 2017/12/09(Sat) -
研修医時代から最近まで、時々かかってくる迷惑電話は、マンションの勧誘です。
若い頃は、イラついたり手こずったりしてましたが、最近は適当にいなすことにも慣れてしまいました。

業「マンションのご紹介です」(実際は関西弁)
私「紹介ですか、勧誘ですか」(勧誘の場合、業者は勧誘であることを明言する義務があるので)
業「ま、勧誘ですね」
私「では、お断りします。再勧誘は宅建業法に違反しますのでよろしく」(電話終了)

ところが数カ月後、また、同じ業者からかかってきます。
私「またかけてきたけど、再勧誘じゃないの?」
業「営業マン100人以上が、それそれ電話をしているので、電話をかけた情報は共有していません」
私「それならば、2度3度と電話しても、再勧誘にならないといえるわけか」
業「そうなります 」(ウケる)

少し前には、九州電力を名乗る詐欺電話が横行してましたが、最近多いのはNTTですね。
つい先ほども(夜の9時前!)、「光コラボ」を扱う業者から、自宅に電話がかかってきました。

業「こちらNTTです。光コラボに乗り換えれば安くなります。手続きは不要です」(NTTのわけないだろ)
私「NTTなの?」
業「はい。では手続きしますので、そばにスマホかパソコンはありますか?」(手続き要るんかい)
私「意味わからんから、NTTのサイトから入って確かめてみるけど、おたくの・・・」(電話切れました)

この記事のURL | 生活 | CM(0) | ▲ top
国税納付でポイント?
- 2017/11/26(Sun) -
国税をクレジットカードで支払ったという話を一昨日書きましたが、実は微妙な懸念があります。
(税務署・国税庁関係の方は、この先を読み進まないよう、お願いいたします)

小心者なので、税金をカードで払って付いたポイントに課税されないだろうかと、心配しているのです。

カード決済で得たポイントは所得にならないのかという一般的な議論は、厳密には決着していないようです。
期待できる材料としては、ポイントは「値引き」に相当するので所得ではない、という理屈があります。
値引き方法の選択は販売業者の経営判断によるものであり、現金値引きもポイントも同じだという考え方です。

しかし昨今、ポイント制度が普及・発展し、あたかも現金のように(あるいはそれ以上に)便利に使われます。
当然、国税当局は、ポイントへの課税に目を付けているはず。近い将来、法整備がなされることでしょう。
それどころか当局は、現行法下でもポイントに課税できるように、理論武装しようとしています。

もしかすると、課税の最初のターゲットは、国税のカード払いで得たポイントかもしれません。
国税に値引きの概念はありません。そこが問題です。ただし、幸か不幸かカード払いには手数料がつきます。
その、トヨタファイナンスに支払う手数料分を、仲介したクレジット会社が値引きする、という理屈はどうか。

これがOKだとしても、手数料を超えたポイントは、問題になるかもしれません。
なので弱気な私は今回、0.5%という低いポイント率のカードを使い、手数料を超えない配慮をしました。

ふるさと納税では3割の返礼割合がまかり通っている現状ですから、ポイントぐらいは、お目こぼし願います。

この記事のURL | 生活 | CM(0) | ▲ top
シワシワのポスター
- 2017/10/07(Sat) -
スコットランドの地図を、Amazonで発注しました。100cm x 70cmのサイズの大型ポスターです。
英国からの取り寄せだったので、2週間ほど待たされて、ようやく届きました。
ところがその包装(硬い紙製の筒)に、大きな亀裂が入っていたのです。テープで修復した跡もありました。
「破損していたので補修しております、川崎東郵便局第三国際郵便部」という注意書きが添付されていました。

開封してみると、地図には大きなひび割れのようなギザギザのシワが、縦に2本入っていました。
丸めたポスターを入れた包装を、2カ所で強く折り曲げたらそうなりそうな、ひどく醜悪な傷跡です。

とりえあえず、証拠写真を撮影し、ただちにAmazonの返品フォームに厳しいクレームを入力して送信。
すると30分ほどしてAmazonから返答あり。出品者に返品リクエストをメールしました、と。
さらに3分後に、その業者からメール。恐れ入りますが破損部分を撮影した写真を送ってください、と。
そんなの想定済みです。すぐに写真を3枚添付して送信。
すると15分後に、商品の再送か返金をお選びいただけます、とのメール。破損品の返品は不要です、とも。
すぐに、どうしても欲しい商品なので再送をお願いします、と返信。
そしたら40分後に、在庫がなくなり入荷未定となったので返金します、という一方的なメールあり。
その1時間半後にAmazonから、返金処理終了の連絡が入りました。まあ、なんていうか、さばけてます。

さてそうなると、手元に残った破損した地図をどうするか。修復するしかないでしょう。
ネットで予習してから、霧吹きとアイロンで、シワ伸ばし作業を念入りに行いました。
完璧ではありませんが、シワはそこそこ伸びました。ポスターフレームに入れると、なかなか格好いい。
まんまとタダでせしめましたね、なんてこと言わないでくださいよ。

この記事のURL | 生活 | CM(0) | ▲ top
希望のシャンシャン
- 2017/09/26(Tue) -
上野動物園のパンダの赤ちゃんの名前は、「シャンシャン(香香)」に決まりました。
「香」と書いて「シャン」と読むのは、よく行ってた中華料理店「一品香(イーピンシャン)」で知ってます。
選考会はたぶん、すんなり委員の意見が一致して決まる「しゃんしゃん会議」だったのでしょう。

「シャンシャン」の命名を記者会見で発表したのは、ほかならぬ小池百合子・東京都知事でした。
引き続いて小池氏は、自身が立ち上げて代表に就任する新党の名称を、「希望の党」にしたと発表しました。
1日に2つの「命名案件」を、立て続けに晴れがましく披露するとは、なかなか上手い演出です。

どうせなら、旗揚げ会見の場で、「希望の党」のかわりに「シャンシャン」のパネルを出してほしかった。
「あ、うっかり間違いました」とか言って笑ってみせる。すると誰か記者が、
「どうせなら『シャンシャン党』にしてはどうですか」と突っこむ。
「いえ、それでは『シンシン党』に響きが似てて、縁起が悪いです」といなす小池氏・・・(以下略)

「希望の党」ではなくて「野望の党」だ「失望の党」だと、言葉遊びが始まっています。良い傾向ですね。

「○望」という二字熟語を調べてみると、聞いたこともない言葉がたくさん出てきました。
「鶴望」は、首を長くして待ち望むことだそうです。文字面も良いですね。いつか使おう。

「望望」なんてのもある。意味は(1)がっかりするさま、(2)遙かに望み見て思い慕うさま。
2つの意味がだいぶ違いますが、遙かに望み見たけれど叶わずがっかりする、ということなのでしょうか。
「ヒゲ望望」とは、ダンディーになりたくて伸ばしたけれど、結果ガッカリなヒゲのことなんでしょうね。

この記事のURL | 生活 | CM(0) | ▲ top
菊陽のトライアングル
- 2017/09/25(Mon) -
地方都市の、そのまた郊外に住んでいると、どうしても街に出る機会が減ります。
近所に郊外型の大型ショッピングセンターなどがあるので、日頃の生活はほぼ地元で完結してしまうのです。

でもたまには街の空気も吸いたいし、その反対に、もっと田舎の自然を満喫したくもなる。
福岡に住んでいた頃は、たびたび上京して東京の街をうろついたり、阿蘇方面に遊びに行ったりしていました。
熊本に来てからは、ときどき福岡に遊びに出るか、あるいはやはり阿蘇をドライブしたりしてきました。
それから菊陽町に引っ越すと、たまに熊本市中心市街に出かけるか、そうでなければ阿蘇方面を訪れます。

求める街の規模が、だんだんと小さくなっていますが、満喫する自然はいつも、阿蘇なんですね。
それと同時に、自分自身の居住地がだんだんと阿蘇に近づいていることに気付き、愕然としました。
もしかして、終の住み処は阿蘇なのか。そのときは街の空気が吸いたくなると、菊陽に出てくるのか。

最近、菊陽の中でもやや郊外にある、「ドン.キホーテ」「ハンズマン」「デサキ」の3店舗をよく巡ります。
これを「ド・ハ・デ」トライアングルと命名しましょう。庶民的な客層の店ですが、あなどれません。

ドンキは、一部の銘柄の商品(酒類)が、ネット通販の最安値よりも安いという、穴場なのです。
ハンズマンは、最近特殊なネジを購入したときに、そのありがたみを再認識したばかり。とにかくネジが多い。
デサキは・・・う〜ん、余計な日用品置くのやめて全部文具にしたら、そうとう面白い店だったんですがね。

この記事のURL | 生活 | CM(0) | ▲ top
書斎のバー化
- 2017/09/20(Wed) -
未開栓のウイスキーを、20年以上自宅で寝かせて(=放置して)いたものが何本もあると、以前書きました。
栓のコルクが傷んで気密性が悪くなり、中身が揮発して、未開栓なのに内容量がだいぶ減ってたりします。
密閉できてないくせにガラスにしっかり貼り付いたコルクが抜けなくなり、砕けてしまうこともしばしばです。
そのコルク抜きの苦労談は前に書いたので、今回は別の話を。

まず、すでに開栓して日頃ときどき飲んでるウイスキーボトルの扱い、とくに密栓法をどうするか。
1,2カ月で飲み干すつもりなら特段の工夫は必要ないでしょうけど、開栓後何年も保管するとなると問題です。

私が自宅でウイスキーを飲むとき、1銘柄につき1杯25mlほど、それを3,4銘柄というパターンが多いです。
大衆的な銘柄はたびたび出番が来ますが、ちょっと高級なヤツは月に1回飲むかどうか、という頻度です。
それが750mlのボトルだと、月に1回の飲み方では飲み干すのに30カ月かかる計算。中身の揮発が心配です。

そこで、コルク栓の気密性を補強するために、周囲に巻き付けて使うのが「パラフィルム」なのです。
医学・生物学や化学実験の経験がある方なら、おなじみですね。試験管やフラスコの口を密閉するシールです。
手で引っ張るとグニューンと伸びて、色んな形状の部分に密着し、その内部を密閉し、しかも剥がれません。
幅4インチのパラフィルムを長さ1インチほど切り取り、コルク栓の根元に巻き付けて綺麗にシールできます。

もちろん、ボトルの保管場所(=書斎)の温度管理にも気を付けています。夏場はエアコンつけっぱです。
もともと暗い部屋ですが、窓には常にシャッターを下ろし、日光が入らないようにしています。

書棚にはウイスキーボトルを産地別に整然と並べ、地震で落ちないように、棚にはチェーンを張ってます。
先日は糸を張っていると書きましたが、どうも見栄えが悪いので、すべて黒いチェーンに取り替えました。
かくしてわが書斎は、震災後の混沌から立ち直ったどころか、いまや私には快適なバーと化しているのです。

この記事のURL | 生活 | CM(0) | ▲ top
誕生日に台風
- 2017/09/17(Sun) -
私の57回目の誕生日を、はるばる祝いに来たかのようなタイミングで、台風18号が九州に襲来しました。
鹿児島・宮崎、この時間帯だと四国方面の方が大変だと思いますが、熊本が直撃を免れたのはさいわいでした。
なにしろ熊本のあちこちではまだ、震災後の復旧作業が続いている現状なのです。そこは勘弁してください。

メールやFacebook等で、お祝いのメッセージをいただきました。みなさん、ありがとうございます。
しかしこの数年、私自身は、Facebook等で知人・友人の誕生を祝うことを控えてきました。
その理由は1年前に書いた通りです。ていうか、面倒くさがりなんですね、私は。

台風18号は、南方海上でしばらく力を蓄えた後、いきなり東へと舵を切り、列島を駆け抜けつつあります。

私は24歳で医者になり、ずっと心臓外科医の道を歩んできましたが、47歳で突然開業して現在に至ります。
まだ、駆け足段階とは思いませんが、時間を無駄にしている場合でもないことは、十分承知しています。

最近読んだ『定年後』(楠木新著・中公新書)によれば、60歳から74歳が「黄金の15年」だそうです。
50代までは、そのとき輝くための助走期間だと。ならば私はすでに、準備の仕上げ段階というわけですか。
・・・などという意識をもちつつ、さてこの1年で、何をやらかそうか。

この記事のURL | 生活 | CM(0) | ▲ top
忘れ去られたカード
- 2017/09/09(Sat) -
街に出かけたときなどに、何らかの特典が目当てで、その場でクレジットカードを申し込むことがありますね。
最近は、そのような理由で新しいカードを作るのは極力控えてますが、以前私は良く誘いに乗ってました。
おかげでクレジットカードが、ザクザク増えて来ます。使わないので引き出しにしまい込んだカード多数。

問題は、年会費です。
1年に1度でも利用すれば年会費は無料ですよ、などという誘い文句にも乗って作ったカードが危ない。
初回の特典さえゲットすれば、来年には退会すればいいと考えて、安易に入会してしまうからです。

ところがそのカードはどこかにしまい込み、カード会員になった記憶すらなくしてしまいます。
Web明細に設定していると利用明細書が郵送されないし、明細メールもうっかり見逃しやすいものです。
そうこうするうちに何年か経ち、期限の更新されたカードが郵送されてきて、思い出すのです。

先日「JQカード」の更新カードが送られてきて、何年か前に博多駅で入会したことを思い出しました。
あ、こんなカードあったなあ、と。そして次の瞬間、ムダに数年間年会費を払い続けていたことに気付きます。

これって、私の不注意のせいだけじゃないでしょう。カード会社にも問題があると思いますよ。
クレジットカードは、会員であることを年に1回ぐらいは確認させる仕組みが欲しいですね。
そして年会費徴収の前月ぐらいには、年次更新してよいかと尋ねるメールをくれませんかね。
あるいは、1年間一度も使わなかったら自動退会にしてもらっても結構。私はぜひ、そうしてもらいたい。

この記事のURL | 生活 | CM(0) | ▲ top
ゴールド免許喪失
- 2017/09/01(Fri) -
3回連続獲得していた「ゴールド免許」を、本日の運転免許証更新で、ついに喪失してしまいました。
「ブルー免許」に転落です。その原因は、4年前のスピード違反です。痛恨の極みです。
過去5年間に、1度でも違反を犯してしまうと、次の更新ではゴールドはもらえないのです。厳しい掟ですね。

ただし私の場合、軽微な違反が1回のみなので、ブルー免許なのに有効期間は5年です。初めて知りました。
違反が2回以上だったり、軽微でない場合には、ブルーの3年になるようです。
つまり同じブルーでも、比較的優良なブルーと比較的不良なブルーの2種類あるわけですね。

ゴールドは「優良運転者」、ブルーの5年は「一般運転者」、ブルーの3年は「違反運転者」と呼ばれます。
前回の講習は30分でしたが、今日は60分に倍増です。ブルーの3年だと120分も拘束されるところでした。

でも、ブルーの5年って、今後いくら優良な運転を続けても、ゴールドに復帰できるのは5年後なんですよね。
もしもブルーの3年なら、3年後にはゴールドに戻れる(可能性がある)のに。なんか、やりきれません。
2年以上前までに、もう1回違反をしておけば良かったのか。う〜ん、それを知ってたらどうしたでしょうね。

スコッチウイスキーの「ジョニーウォーカー」は、黒ラベルの「ジョニ黒」で有名ですが、別の色もあります。
低価格の方から順に、「レッド」「ブラック」「グリーン」「ゴールド」「プラチナ」「ブルー」です。
最上位の「ブルー」に比べたら、「ゴールド」なんて屁みたいなものですよ。そう思っとこう。

この記事のURL | 生活 | CM(0) | ▲ top
ぽんぽこぽ〜んの是非
- 2017/08/31(Thu) -
「お好み焼 道とん堀」では、「ぽんぽこぽ〜ん」という、おかしなフレーズが飛び交ってますよね。

「庄やグループ」の合い言葉「ハイ!よろこんで」の方が、まだマシです。なんなら好感すら持てます。
それに比べて「ぽんぽこぽ〜ん」の違和感はどうですか。一般人なら一生に2,3回しか使わない言葉ですよ。

「道とん堀」に行くとまず、「いらっしゃいませ、ぽんぽこぽ〜ん」という元気な声に出迎えられます。
初めて行った時は、聞き間違いかと思いました。ところが、他の客が来ても「ぽんぽこぽ〜ん」と言ってる。
何かを注文しても「ぽんぽこぽ〜ん」。そこでようやく私は悟りました。変な店に来てしまったと。

店員さんは恥ずかしくないのでしょうか。私が学生だったら、絶対にこの店ではバイトしたくありません。

さて先日、久しぶりに近所の「道とん堀」に行って驚きました。出迎えの「ぽんぽこぽ〜ん」が無いのです。
お好み焼きを注文しても、無ぽんぽこ。結局一度も「ぽんぽこぽ〜ん」の声を聞くことができませんでした。

帰宅後、Googleで「道とん堀 ぽ」まで入力した時点で、「道とん堀 ぽんぽこぽん 言わない」と出ました。
なるほどそうか。「ぽんぽこぽ〜ん」は、言わなくなったのか。そりゃそうでしょう、だって、オカシイもん。

確認のため「道とん堀」のサイトを見ましたが、「ぽんぽこぽ〜ん」についての記載が見当たりません。
しょうがないので、株式会社道とん堀に、メールで尋ねてみました。

私「ぽんぽこぽんは、言うのをやめたのでしょうか。全社的な方針なのでしょうか」
社「本部からは掛け声指導をしておりますが、任意のため、店舗によっては掛け声をしない場合もございます」

近所の道とん堀の店長さんって、きっと常識的で正直な人なんでしょうね。メールには続きがありました。

社「お客様のご来店された店舗名を教えて頂くことはできますか? 店舗責任者に指導して参りますので」

それは教えられません。

この記事のURL | 生活 | CM(0) | ▲ top
ジェットストリーム化
- 2017/08/25(Fri) -
文字を手書きすることが減りましたが、もし書くことがあれば、たいていボールペンを使っています。
鉛筆やシャーペンを使う機会は少なく、万年筆などもう何年も握ったことがありません。

かつて私は、ボールペンは消耗品と思っていました。製薬メーカーの3色ペンばかり使っていました。
ボールペンに高価なブランド品を使う同僚がいましたが、私には彼の神経がわかりませんでした。
なぜなら、ボールペンの書き味が嫌いだったので、ボールペンにこだわる気がしなかったのです。
油性インクだと、書き始めの「ダマ」や「かすれ」が不愉快だし、水性インクでも「にじみ」がイヤです。

ところが、インクが進化してきて、書き味が格段に良くなってきたので状況が変わります。
とくに好きなのが、三菱鉛筆の「ジェットストリーム」です。油性なのにサラサラです。
なのでいま仕事中に使っているのは、ジェットストリームの黒のスタンダードと、3色のプライムです。

問題があるとすれば、高級バージョンの「プライム」ですら、事務的でデザインがダサいことですね。

と思ってたら、ボールペンの「ジェットストリーム化」という裏技が横行している事を知りました。
他社のボールペンの替芯を、ジェットストリームのものに差し替えてしまうわけです。

早速、デザインが気に入ってる「LAMY」社の4色ボールペンを、「ジェットストリーム化」しました。
これはもう、最高の組み合わせですね。ていうか三菱鉛筆は、もっとデザインにもこだわってほしい。

この記事のURL | 生活 | CM(0) | ▲ top
Amazonパントリー
- 2017/08/24(Thu) -
「Amazonパントリー」というサービスがありますね。
複数の食品や日用品をまとめ買いして、ひとつの大箱に詰め込んで届けてもらう買い方です。
商品価格は少し安くしてあるけど、手数料がかかる(商品の選び方によっては無料になる)という微妙な設定。

ひと箱にまとめることで、少なくともAmazonが運送業者に支払う費用は、節約できていると思われます。

ためしに先日、実家宛に、保存の利く食品・飲料・菓子や洗剤などをまとめて送ったら、とても喜ばれました。
ひと箱に入れられる量は商品のサイズが基準のようで、空き容量を考えながら商品を選んでいきます。
商品サイズの合計が容量一杯になるように選ぶのはパズルみたいで楽しいけど、結局、余計なものを買います。

先日は、自分用に思い切ってウイスキー7本と、容量を100%にするために食料品の小物を多数買いました。
ところがです。Amazonのサイトで配送状況を確認したら「荷物に損傷がないか確認中」という不隠な表示。

すぐヤマトに問い合わせると、輸送中に箱の中身が破損したらしく、何か液体が漏れているとのこと。
何か液体って、それウイスキーでしょうよ。あ〜あ、スコッチのボトルが割れたんじゃないの?

だいたい、ヤマト運輸の厚木ゲートウェイベースの仕分けシステムって、ちょっと乱暴だと思いますよ。

破損した商品は再手配するとヤマトは言うのですが、いやいや、そんな箱の中身は総替えが必要でしょう。
結局、今回のパントリー発注はすべてキャンセルしました。Amazonからは、返金+お詫びの300円(微妙)。

それにしても、厚木から熊本までを輸送したトラックでは、スコッチ臭がひどく漂っていたことでしょうね。
震災時に、わが家のパントリー(食品庫)のスコッチ瓶が割れてひどく臭ったことを、また思い出しました。

この記事のURL | 生活 | CM(0) | ▲ top
書棚の地震対策
- 2017/08/23(Wed) -
熊本地震では、自宅と職場の書棚が全部倒れ、本や置物がすべて床に散乱するという、悲惨な経験をしました。
地震後に突っ張り棒を何本か購入しましたが、どれほど役に立つのだろうかと、実は懐疑的です。
なぜなら、あの時と同程度の揺れに見舞われたら、突っ張り棒など何の役にも立たないと思うからです。
あの地震では、作り付けの棚でさえ、中身の本やファイルや置物が全部、床に落ちてしまいました。
つまり大きな揺れの時は、たとえ棚が倒れなくても、棚の中身は全部とび出すのです。

キッチンの棚から洋酒のボトルが落ちて割れ、家中にスコッチの香りが漂ったことは、忘れもしません。
そこでこのたび、最近なぜか増えてきたわが家の書斎の書棚の洋酒瓶の、地震対策処置を施しました。

本は落ちてもかまいません。割れないものは落ちてヨシ。割れては困るものだけを、徹底的に守りたい。

ショットバーなどに行くと、ナイロン糸などを張ってボトルの転落を防止している様子をよく目にします。
私に言わせれば、あんなので耐えられるのはせいぜい震度4まででしょう(根拠はない)。
目標は、昨年自宅で経験した震度6弱レベルです。あの揺れに絶えなければ、地震対策とは言えません。

私がとった方法は、アクリルの板でボトルの下部を支え、ボトル上部を糸で支える2段構えです。
そのために昨日はアクリル板を買い、それを切るノコギリを買い、断端を処理するヤスリも買いました。
こういう工作って、けっこう楽しいですね。自分の設計した通りに、精密に美しく仕上がれば、最高です。
となると欲しくなるのは、旋盤でしょうね。

この記事のURL | 生活 | CM(0) | ▲ top
靴の汚れと左右差
- 2017/08/16(Wed) -
その後、どうなったの?、という質問を受けたのが、8月1日のブログ
お気に入りの水色のスエードの靴に、黒い靴墨のスプレーをかけてしまった、あの忌まわしき事件ですね。

購入した靴店に相談したら、ブラッシングやら何やらしてくれましたが、結局、無理ですね、との結末。

そのとき、この靴を購入したときに使った某クレジットカードの「動産総合保険」を思い出したんですね。
購入後90日以内なら、破損に対して補償(場合によっては新品と交換)してくれるというサービスです。
さっそくカード会社に電話したところ、購入後92日経ってますねぇ、というきわめて冷徹な返答。
たった2日のオーバーなんだから何とかしてくれ、とねじ込みましたが、ムダな抵抗でした。

どうしても諦めきれず、自宅の近所の靴や鞄の修理をしてくれる店に、ダメ元で持ち込んでみました。

今よりも悪くならなければ何をしても良いから何とかしてくれ、と泣きつきいたら、やってみましょう、と。
で、1週間後に引き取りに行くと、これがまた予想外の裏技で、汚れが目立たなくなっていたのでした。

鮮やかな水色のスエードの、左側のつま先付近が真っ黒に染まってしまった靴を、いったいどうしたのか。
なんと、右の靴も黒く染めたんですねぇ。両方の靴が、あたかも最初からつま先が黒い靴だったかのように。

ダメ元でお願いした私に対して、店主は大胆な逆転の発想で対応してくれました。
元の状態よりも確実に汚れは広がりましたが、左右差が無くなったので、一見して汚れに気付かないのです。
オシャレは足元から、なんて言いますが、靴なんてそれほどジロジロ見るモノじゃないですしね。

この記事のURL | 生活 | CM(0) | ▲ top
ムーミンのシール
- 2017/08/15(Tue) -
ムーミン』は、小学生時代にフジテレビ系のテレビ西日本で放送していた、私の大好きなアニメでした。
当時、日曜日の夕方からは、『サザエさん』『アタックNo.1』『ムーミン』とアニメが90分続いていました。
いずれも好きだった私には苦渋の決断でしたが、『アタックNo.1』の途中で風呂に入っていました。

『ムーミン』枠ではその後、『アルプスの少女ハイジ』や『フランダースの犬』という名作が続きました。

多感な少年期の私は、これらのアニメによって、人の悩みや苦しみや悲しみを教えられ、ときどき泣きました。
なかでも『ムーミン』は、ユニークで不思議なキャラクターが多かったので、いまでも好きな物語です。

最近、ゆめタウンで、ムーミン関係のグッズのキャンペーンを、やっていますね。
買い上げ額1,000円ごとにもらえるムーミンシールを集めると、以前は食器に交換できてました。
ただし無料で交換できるのではなく、優待価格で購入できるという、微妙にケチ臭いシステムです。
いまはムーミンのタオルとかエプロンに交換できるようで、わが家でもまた、シールの収集を始めています。

昨日も、本を買った時にシールを何枚かゲットしましたが、今日もまた買い物に出かけました。
ところが、コーヒー豆店のレジに並んで、支払を済ませたのに、店員さんがなかなかシールをくれません。
あなた、何か忘れていませんか、ほら、例のあれですよ、と言わんばかりの顔で、店員さんを見つめる私。
すると向こうは、何か?と言いたげな怪訝な顔。まあ私も、あまりみみっちい事は言いたかないですけどね。

私「ムーミンのシールください」
店「お買い上げが1000円未満ですので・・・」
私「あ・・・」

店員と、私の周囲にいた数名の客らはみな、笑いをこらえていたはずです。50オッサンがムーミンだって?
オッサンのムーミン好きですが、何か?

この記事のURL | 生活 | CM(0) | ▲ top
啼泣
- 2017/08/08(Tue) -
子どもの診察で泣かれると聴診が不十分になるので、なるべく泣かせないように、あれこれ工夫します。
でも、こちらの顔を見たとたんに大声で激しく泣かれしまったら、まあ元気そうだなと諦めるしかありません。

赤ちゃんの、生まれて最初の「おぎゃー」のことを、「第一啼泣(だいいちていきゅう)」といいます。
大きな声で泣くことには、とても重要な意味があります。
最初の吸気で肺に初めて空気が入り、次に大泣きすることで、気道に圧力をかけて肺胞を膨らませるわけです。

「啼泣」は、赤ちゃんに限らず、声を上げて泣くことを意味します。
学生の時に初めてこの言葉を聞いたとき、なぜかピンときませんでした。
「ていきゅう」という読みから、「低級」とか「庭球」とか「定休」を連想するからでしょうか。

大声を上げて泣くなら、「号泣」をよく使いますね。たいていは、大げさに表現する場合です。
似たような言葉を調べたら、「叫泣(きょうきゅう)」とか「哭泣(こっきゅう)」があるようです。
どれがいちばん、強い表現なんでしょうね。

一方で、声を出さずに泣く表現は、「暗泣(あんきゅう)」「飲泣(いんきゅう)」だとか。知らんなあ。

大人になると私も、声を上げて泣くことは減りましたが、年のせいか涙もろくはなりました。
悲しいとか悔しいとかではなく、吉本新喜劇みたいな「いい話」で、つい、涙腺が緩むのです。
誰も見ていなければ、本当は声を上げて思いっきり泣きたいところです。

では、そのような、泣ける映画や芝居を見て回る大学のサークルがあるとしたら、何というクラブでしょう?

この記事のURL | 生活 | CM(0) | ▲ top
台風への備え、色々
- 2017/08/04(Fri) -
台風5号が九州に接近しています。日曜の夜ぐらいから、熊本は暴風・強風域に入りそうです。
皆さん、備えはできていますか。そういえば先ほどからもう、少し強い風が吹いてますね。

雨が降り出すと作業が面倒なので、今日のうちに庭やバルコニーの片付けをしておきました。
自転車や庭の諸物品をひもで固定し、車も洗いました。雨に濡れる前に泥汚れを落とすためです。
クリニックの樹木の剪定も、今日行いました。前から業者に依頼していたもので、ナイスタイミングでした。
もちろん散髪も、先週済ませています。夏なので短めにカットしてもらいました。強風に吹かれても大丈夫。

万一に備えて、食料備蓄も忘れません。「乃が美の『生』生食パン」を、今日も2斤ほど買っておきました。
糖質は体内にも蓄えておこうと、「雪氷(ソルビン)」タイプのかき氷も食べに行きました。食べ過ぎました。

アルコール分も、いまのうちに摂っておく必要があるかもしれません。
ちょうど今日、余市町からふるさと納税の返礼品が届きました。ニッカ余市蒸溜所限定のシングルモルトです。
通販じゃあ手に入らない品なんだろうと思って調べたら、Amazonでも楽天でも売ってました。なんだぁ。

シングルモルトをロックで飲んだら、香りが弱くて台無しなので、最近はたいていストレートで飲みます。
香りを味わうための、シングルモルト専用のグラスがないので、今日も白ワイン用のグラスで代用しました。

このように台風への備えは万全ですが、子どもの頃と違い、台風は来ないで欲しいと本心から願っています。

この記事のURL | 生活 | CM(0) | ▲ top
寝る時間がもったいない
- 2017/08/02(Wed) -
「寝る時間ももったいなく、胸を躍らせている。ワクワクするような時代に生まれてきたことを幸運に思う」
と、ここまで語れるとは、すごい充実度だと思います。ソフトバンクの孫正義社長の、最近の発言です。

比較にならないほどの小さな話ですが、私も休日には、時間がもったいなくて早起きするようになりました。

以前なら、休日は朝寝坊してました。どうかすると8時9時まで、ベッドでウダウダゴニョゴニョしてました。
目覚まし時計のスヌーズを無限に繰り返す間に、何度も何度も細切れの夢を見るのが好きだからです。
しかし、この頃はその朝方の夢よりも、早起きして何かすることの方が楽しいと感じるようになりました。

休日の朝、実際にやってることは、コーヒーを飲みながらTVを見ながらネットを見て回るぐらいです。
しかし、新着情報を入手して社会の流れをつかむと、その日を充実させるための作戦が見えてくる気がします。
それに、朝の情報収集は夜のそれと違って、すぐに行動につなげられるというメリットがあります。
書店に行くとか、街に出るとか、どこかにオープンした店に行くとか、したいことをすぐ行動に移せるのです。

睡眠時間が同じとすれば、夜型人間よりも朝型タイプの方が、より効率の良い行動パターンかもしれません。
だって、夜に思いついたアイデアをすぐに行動にも移せずに寝てしまうのって、もったいないでしょう。
あ、そうか。孫社長はそのことを言ってたのか。世界中を飛び回る彼は、一日中がビジネスアワーなわけだし。

この記事のURL | 生活 | CM(0) | ▲ top
判断力と反射神経
- 2017/08/01(Tue) -
高齢者の交通事故は、最近とくに加害者(=運転者)としての自動車事故が、よく報じられます。
アクセルとブレーキを踏み間違えたように見えるケースも多く、車種はプリウスが多い印象があります。
プリウス自体に問題があるのか、販売台数が多いことや高齢者が選びやすいだけなのかは、わかりません。

加齢によって、判断力や反射神経が鈍ってくるのは避けられないので、車の安全性をもっと高めるべきです。
自動ブレーキ機能は、高齢者が運転する車では必須の要件でしょう。そのへんは法制化できないのでしょうか。

あっ、と思ってブレーキを踏もうとして、逆にアクセルを踏み込んでしまうなんてのは、あり得る話です。
パニック状態になると体が固まり、頭ではわかっていることでも、とっさには行動に移れなくなるのです。

実は私もつい最近、身をもって経験した「事故」があるので、その不幸な出来事を報告いたします。

言い訳にはなりませんが、その日はとても急いでいたのです。しかも天気が崩れそうな雲行きでした。
家を出るときに、イヤな予感はしてました。だからこそ、あえて落ち着いた行動を心がけたのです。

まず玄関口で、靴に撥水スプレーをかけることを忘れませんでした。なにしろお気に入りの革靴ですから。
その、まだ新しい水色のスエードの靴に勢いよくふりまいたスプレーはしかし、黒い靴墨でした。

鮮やかな水色のスエードが真っ黒に染まったその瞬間、何が起きたのか、理解できませんでした。
理解できないのだから、スプレーのボタンを押す指の力も緩みません。むしろ、力が入ったかもしれません。

その次の瞬間には事の重大さに気付きましたが、スプレーをふりかけている手の動きがまだ、止まりません。
見る見るうちに、靴の先から左側面全体が黒ずんでいきます。そこまできて、ようやく手が止まりました。
あわててスプレー缶を放り出し、玄関にへたり込んでしまったのでした。

この記事のURL | 生活 | CM(0) | ▲ top
ウイスキーのふるさと
- 2017/07/30(Sun) -
ふるさと納税では、全国の4分の1超の自治体で、住民税の控除額が寄付金額より大きいと報じられました。
そのような「赤字」自治体のトップ3は、横浜市55億円、名古屋市31億円、世田谷区30億円だそうです。

横浜市は昨年度まで、驚くべきことに、返礼品を用意していなかったようです。
大都市だからこそ、下品な返礼品競争には加わるまいと、やせ我慢をしてきたわけです。
しかし寄附は受けるが返礼はしないという、堅物というか高飛車な態度で、横浜市は結局、大損をしました。

その反対に、ふるさと納税こそチャンスと、返礼品競争に活路を見いだした自治体も、たくさんあるでしょう。
農畜産物などの特産物の多いところは、ここぞとばかりに張り切っています。
「黒字」自治体のトップは、宮崎県都城市の73億円だそうです。私も今年寄付して、豚肉を受け取りました。

それどころか、もはや農畜産物なんてどうでもいいのです。返礼品が特産物である必要はないからです。
私が常飲してる「アイラモルト」(スコッチウイスキーの一種)も、いくつかの市町が返礼品にしています。
本来であれば、アイラモルトを返礼品に出来るのはアイラ島だけですよ。ていうかそこは、日本じゃない。

ラフロイグ」や「ボウモア」を得るために、日本のどこかの町に寄附するなんて、間違ってます。
「余市」をもらうために北海道の余市町に寄附した私の方が、よほど日本人として正しい態度でしょう。

この記事のURL | 生活 | CM(0) | ▲ top
磁気メディアを捨てる
- 2017/07/21(Fri) -
書斎を片付け続けて7年目ですが、今日はかなり進捗しました。懐かしい物品の多くを今日は断捨離しました。

私や家族や、もしかすると仕事上の個人情報が含まれている書類は、すべてシュレッダーにかけました。
問題は、そのような個人情報が含まれているかもしれない、デジタルメディアの捨て方です。

片付けてるとウジャウジャ出てきたのは、フロッピーディスク(FD)です。
「3.5インチFD」は、すぐにそのまま捨てても良いのですが、中身の情報がちょっと気になります。
ほとんどが20年以上前のものですが、患者データも含まれているかもしれず、うかつに捨てられません。

「5インチFD」も多量にありました。これはおもに実験データなので、個人情報は含まれていないはず。
25年以上前のデータなのに、しかも読み取り装置もないのに、なぜかいまだにしっかり保管していました。

大学で実験していた80年代は、「8インチFD」を使っていましたが、さすがに自宅では見当たりません。
90年代によく使っていた「MOディスク」は、容量も大きく便利だったので、ザクザク見つかりました。
そのMOも、その後に登場したUSBメモリに、すっかり駆逐されてしまいました。

3.5インチFDを捨てる前に、中身を見ておこうと思ったのですが、読み取り装置(FDD)がありません。
確認のためにドライブを購入するのもどうかと思うし、知らんぷりして捨てて良いのでしょうか。
念のため、パキッと折ってから捨てるのがよいかもしれませんね。

この記事のURL | 生活 | CM(0) | ▲ top
迷惑メールでアド変?
- 2017/07/12(Wed) -
インターネットの情報は玉石混淆と言われますが、メールも似たような状態になってきました。
本当に重要なメールが、毎日受信する数十から100件ほどの雑多なメールの中に、埋もれてしまうのです。

迷惑メールと思われるものは、開かずにゴミ箱に入れるのですが、毎日何十通と来るので、正直困ってます。
もちろん、それらが「迷惑メール」フォルダに自動的に振り分けられるように、ソフトを設定しています。
しかし、ごくまれに、迷惑メールに酷似した、そこそこ大事なメールが、迷惑メールフォルダに紛れ込みます。
だから無造作に、迷惑メールが自動的に削除されるような設定にもしにくいのです。
結局は、迷惑メールフォルダの全てのメールの、差出人と件名をいちいちチェックすることになります。
便利になると面倒になる世の中ですね。

迷惑メールのほとんどが、クリニックの公的なアドレス宛に送られてくるので、アドレスの変更も難しい。
とはいえ、これ以上状況が悪化する場合には、アドレス変更もやむを得ません。
となると、役所や取引先へ、アド変の連絡(手続き)をしなければならなりません。それも面倒な話です。
ホームページの修正も必要だし、なによりも名刺の作り直しは痛い。今月増刷したばかりなので。

この記事のURL | 生活 | CM(0) | ▲ top
豪雨と避難勧告
- 2017/07/06(Thu) -
西日本各地で豪雨被害が出ています。梅雨前線の南側にできた「線状降水帯」の仕業です。

雨雲レーダーで見ると、東西に延びた雨雲が東に移動するものだから、同じ地域にばかり雨が降るようです。
それが筑後川流域の広範囲に大雨を降らせ、水を集めた筑後川沿いには重大な被害が出ています。
日田ではJR久大線の鉄橋が流されました。日田の観光スポット豆田町から、そう遠くない場所です。
久留米市など各地では「避難指示(緊急)」が出されました。

わが家付近では、今朝3時から4時頃に豪雨があり、とどろき続ける雷鳴が、愛犬「花」をおびえさせました。
一昨日の台風では、庭の物品や樹木が揺さぶれれるのを見て果敢に吠え続けた花ですが、犬は雷に弱いのです。

雨が続くので地盤も緩み、熊本市では白川の氾濫も気がかりです。
そう思っていたら、仕事中の午前9時半ごろ、ケータイ(スマホ)がけたたましく鳴り響きました。

熊本市に、「避難準備・高齢者等避難開始」が発令されたようです。
昨年までの「避難準備情報」が、高齢者の適切な避難を促すために、こんな長い名称に変わりました。

避難場所は、熊本市ホームページで確認してください、とあるので念のため見てみると、
「非難準備・高齢者等避難開始」発令、と太字で記載あり。誤字がありますが、市を非難したりはしません。
誤字のチェックよりもきっと、避難情報の公開の方を急いだのでしょうから。

この記事のURL | 生活 | CM(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ