FC2ブログ
ビール工場
- 2014/06/30(Mon) -
最近よく飲むビールは、大手4社(アサヒ、キリン、サントリー、サッポロ)の製品ではありません。
輸入ビール、あるいは国内の中小メーカーのビールばかり飲んでいます。
プレモルとかスーパードライには、あまり面白味がないというか、つまり飽きたのです。

銘柄はともかく、ビールを美味しく飲む方法は、2つあります。
(1)ノドが乾いたときに、よく冷えたビールを飲む
(2)新鮮なビールを飲む

缶ビールの温度を氷点下(-2℃~0℃)まで下げる装置「エクストラコールドクーラー」を、使っています。
アサヒスーパードライのキャンペーンの景品ですが、通販で出回っていたので、最近購入しました。
これがまた、よく冷えます。「キンキン」という表現がピッタリ。

新鮮なビールなら、ビール工場やその直営ビール園で飲むのが最高です。
サッポロビール園やアサヒビール博多工場にも行きましたが、熊本ならサントリービール工場でしょう。

数年前の夏の休日、自転車でビール工場まで行ったことがあります。もう、汗ダラダラ、のどカラカラ。
自転車を職員用駐輪場に置き、工場見学の受付をして、極旨ビール試飲の時間を待っていたときのこと。
いよいよ私の見学の順番が来た、まさにその瞬間、係の方がこう言うのです。

「お客さま、自転車でお越しではないですか。その場合、ご試飲いただくのはソフトドリンクとなりますが」

炎天下をチャリでやって来て、小一時間待った私に、ビールを飲むなとはひどい仕打ち。
ソフトドリンクしか飲めないビール工場見学に、いったい何の意味があるのでしょう。
もともと、ビールの製造工程などに興味はありません。興味があるのは、できたてのビールの味だけです。

ていうか、私が自転車で来たことを知ってたのなら、ビールが飲めないことを早く教えてほしかった。
もちろん、自転車でも飲酒運転はいけません。わかってます。

関連記事
この記事のURL | 食べ物 | CM(0) | ▲ top
<<1000本目 | メイン | 眼電位センシング>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |