FC2ブログ
炭化水素と脂肪酸
- 2014/07/24(Thu) -
「未来からの宿題」というタイトルの本が、注文もしていないのに宅配便で届きました。
どうやら「全国LPガス協会」が送ってきた、ていうか送りつけてきた、PR本のようです。しかも漫画。

主人公は、未来の小学生。タイムトラベルして、現代の小学生に意見を申し述べに来る、というストーリー。
エネルギー問題を提起するのは、まあ、許します。しかしこの「LPガス賛歌」みたいな話はなんですか。
「オール電化」の家に住む友達を、ちょっと意地悪っぽく描くところも、なんかイヤな感じ。
地震で停電になり、最後はオール電化の子が自分の過ちを認めて詫びます。電力会社にケンカ売ってますね。

昔の「プロパンガス」は、いつのまにか「LPガス(液化石油ガス)」という言い方になっているようです。
ボンベの中には、プロパン以外にブタンも充填されているからだそうです。

ブタンなんて懐かしい。化学で習いました。メタン、エタン、プロパン、ブタン、ペンタン、ヘキサン・・・
これらの「炭化水素」は分子式も単純。それぞれ、CH4、C2H6、C3H8、C4H10、C5H12、C6H14・・・

モノ、ジ、トリ、テトラ、ペンタ、ヘキサ、ヘプタ、オクタ、などの数詞を覚えとくと、便利なんですよね。

思い出して来ました。炭化水素にカルボキシ(ル)基が付いたのが「カルボン酸」。その一種が「脂肪酸」。
途中に二重結合が入った脂肪酸を「不飽和脂肪酸」と言い、二重結合のことを「エン」と言ったりする。

炭素数20(エイコサ)で5個(ペンタ)の二重結合(エン)があれば、エイコサペンタエン酸(EPA)。
炭素数22(ドコサ)で6個(ヘキサ)の二重結合(エン)なら、ドコサヘキサエン酸(DHA)、て感じ。

エイコサは「えいこらさ」に似てるし、ドコサは「どこさ?」って感じで、どちらも親しみが湧きますね。
二重結合の多い脂肪酸(=多価不飽和脂肪酸)は、細胞膜を柔軟にするので、人体にはとても有用なのです。

関連記事
この記事のURL | 科学 | CM(0) | ▲ top
<<使用済みの注射針 | メイン | 粉チーズ>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |