FC2ブログ
工場巡り
- 2014/08/12(Tue) -
いつもは歴史的興味をもって自転車で走っている豊後街道ですが、今日は沿線の工場を見て回りました。
三里木から六里木の間には、世界的シェアを誇る、ハイテク企業の工場が点在するのです。
諸事情により、工場内部の見学はしていません。工場の外観と周辺の自然を見ただけです。全行程48km。

(1)富士フイルム九州・本社
三里木からすぐ。豊後街道(豊肥本線)沿いに、白とベージュのツートン(緑ライン入り)の建物が4棟。
前にも紹介した、液晶ディスプレイ部材の「タックフィルム」では、世界シェア約6割を生み出す工場です。
正面ゲート左手に富士菊陽稲荷神社がありますが、部外者の参拝はできません、と守衛さん。厳しいです。

(2)東京エレクトロン九州・本社
四里木から豊後街道を離れ、山手に上って数分で到着。ゲートには女性の守衛さん。近寄りませんでした。
「半導体塗布現像装置」で、世界の8割以上という強烈なシェアを生み出しているのが、この工場です。

(3)ソニーセミコンダクタ・本社
東エレから東へ数分。盛土して高飛車な感じの巨大な建物。守衛さんはゲート中央に直立。動きません。
世界トップシェアの「イメージセンサー」を生産している工場です。
iPhone6でソニーのCMOSイメージセンサーの採用が決まったので、今月は休日返上で稼働中らしいです。

(4)本田技研工業・熊本製作所
五里木の北1.5kmの森の中にあります。その巨大な敷地を一周してみると5.6km。全周ほとんど森です。
入口からゲートまでが遠い。大豪邸の門から玄関が遠いみたいな感じ。守衛さんに睨まれたのですぐ退散。
この工場では二輪車が作られています。そして二輪車では、ホンダが世界のトップシェアを誇ります。
では、この工場がトップシェアを生み出しているのかといえば、残念。ほとんどは海外製造らしいです。

(5)HOYA・熊本工場
六里木のすぐ手前の清正公道沿い。お隣には東京エレクトロン九州の大津事業所などがあります。
HOYAといってもメガネレンズではなく「液晶パネル用フォトマスク」を製造してます。世界トップシェア。

山間部のハイテク工場は、周囲には道路と森があるだけで、商店や飲食店がありません。コンビニもない。
工場内には設備が充実しているのでしょうけど、自転車で工場巡りする者にとっては、ひどく不便な所です。

関連記事
この記事のURL | 生活 | CM(0) | ▲ top
<<ハットデビュー | メイン | 観測史上最大>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |