FC2ブログ
感染症と株価
- 2014/08/29(Fri) -
「フマキラー」と「アース製薬」の株価が、大幅に上がっているようです。
蚊が媒介するデング熱が国内で、しかも東京で発生したために、殺虫剤需要の高まりが見込まれるからです。
この両社はまさに「デング株」と言えるでしょう。

となると気になるのは「金鳥(大日本除虫菊)」の株価です。調べてみたら、この会社は非上場のようです。

記憶に新しいのは「エボラ株」こと「富士フイルム」の、株価上昇でしょうか。
新しいインフルエンザ治療薬「ファビピラビル」が、エボラ出血熱治療薬として有望視されているからです。

ファビピラビルを製造しているのは、富士フイルムHD傘下の「富山化学工業」です。
一般の方にはなじみのうすい会社ですが、抗生剤などで昔からお世話になっている製薬会社です。
ただしそれらの薬は、現在は関連会社の「大正富山医薬品」が販売しています。大正製薬グループです。
しかしながら、製造しているのは富山化学工業のようです。ここらへんの関係はややこしい。

ファビピラビルは本年3月24日に、厚労省の審議会で、製造販売が承認されました。
富山化学工業が製造販売を申請したのが、2011年3月30日なので、承認まで3年かかったことになります。
同社の研究者がこの薬を発見した1998年からだと、苦節16年。医薬品の開発って、まあ時間がかかります。

おまけにファビピラビルは、インフルエンザパンデミックの際の切り札として承認されました。
通常のインフルエンザには使わず、必要時に厚労相の要請を受けて製造する、というのが条件でした。

ところがそこへ、エボラです。ファビピラビルの作用機序なら、エボラにも効く可能性がありそうだと。
国家的危機への対応が早い米国で、迅速に臨床試験が進められ、日本より先に発売されそうな勢いです。

そういうことなら、日本国内でただちに、製造・備蓄しておくのが危機管理というものだと思うのですが。

関連記事
この記事のURL | 医療 | CM(0) | ▲ top
<<伊藤園とチチヤス | メイン | デング熱>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |