FC2ブログ
竹取物語
- 2014/09/08(Mon) -
旧暦8月15日の今宵、見事な中秋の名月が昇っています。月明かりは、まぶしいぐらいです。
でもよく見ると、わずかに欠けています。満月は明日なのです。などというウンチク話はさておきましょう。

今日は竹取物語の話。高校の文化祭で展示を企画したほど、私は竹取物語が好きでした。
日本最古の物語なのに、設定はSF。でも物語の大半を占める、求婚者たちのドタバタは、まさに喜劇です。
かぐや姫の無理な注文に対して、5人の求婚者たちがどのように応じたか。復習がてら、まとめてみました。

(1)石作の皇子:課題「天竺の仏の石の鉢」
手抜きして、山寺からとってきた鉢を差し出したら、かぐや姫に見抜かれて鉢を突き返され、恥をかきます。

(2)庫持の皇子:課題「蓬莱山の玉の枝」
秘密裏に、職人たちに偽造させたものの、工賃が未払いのために騒動になり、ばれて大恥をかきます。

(3)右大臣阿部御主人:課題「火鼠の皮」
大金持ちなので金に糸目は付けず、中国の商人に発注したところが、ぼられた上に偽物をつかまされます。

(4)大納言大伴御行:課題「竜の首の五色の珠」
家来に命じても従わないので、自分で船出しますが、嵐で散々な目に遭い、ひどい面相になって笑われます。

(5)中納言石上麻呂足:課題「燕の子安貝」
自ら屋根に登り、転落して気を失いながらも燕の巣の中で探り当てたものは、固くなった燕の糞でした。

どのエピソードにもオチがあり、笑わせます。登場人物がみな高貴な人物なのに、妙に人間臭いのもいい。
それにしても、1000年以上も前に、月と地球を人間が行き来する物語を書いた、その発想力がすごいです。

関連記事
この記事のURL | 言葉・文章 | CM(0) | ▲ top
<<白川発電所 | メイン | 帽子の効用>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |