FC2ブログ
Apple Watch
- 2014/09/10(Wed) -
Appleの新製品「iPhone 6」と「Apple Watch」が、本日(日本時間)発表されました。

iPhone 6は、さすがにデザインは秀逸。スペックもNFC搭載も、期待通りです。
サイズは「大」と「特大」の2種類。さて、どちらを買おうか。予約開始は明後日。それまで悩みましょう。

それよりもApple Watchです。満を持して登場したAppleのスマートウォッチの、評価は分かれています。
スマートウォッチは、サムスン、ソニーなどがすでに発売し、Appleの遅れが目立っていました。
遅れれば遅れるほど、期待ばかりが高まり、よほど斬新なものでないと驚かない状況での、今回の発表です。

作りの完成度の高さは、さすがにAppleです。しかし、全体的なデザインが画期的かと言えば、微妙。
考えてみると、スマートウォッチって、難しいデバイスだと思います。
小さいことが最大の特徴ですが、小さいが故に、画面は見づらく、指先では扱いづらい。
いくら解像度を上げて細かい表示が可能になったとしても、指の太さは細くできません。

この課題をもしかすると、Apple Watchが克服した、かもしれません。その答えが「デジタルクラウン」。
腕時計の「リューズ(龍頭)」のようなボタンを、iPodのクリックホイールのように使う、新しいUIです。
ボタン類を減らしてシンプルを追究してきたAppleが、敢えてボタンを装着したところがミソでしょう。
その思い切りが、久々にAppleらしいイノベーションかと、私は思いました。

関連記事
この記事のURL | IT | CM(0) | ▲ top
<<国民医療費の膨張 | メイン | 白川発電所>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |