FC2ブログ
皆既月食と月の色
- 2014/10/08(Wed) -
診療を終えて東の空を見ると、まさに皆既月食のさなかでした。
月は消え失せているわけではなく、妖怪の仕業かと思うような、妖しげな暗い光を放っていました。
もしも妖怪ウォッチを持っていたなら、そこにドンヨリーヌの姿を見出したかもしれません。

皆既月食のとき、屈折して地球を回り込んで届いた波長の長い太陽光に照らされて、月は赤っぽく見えます。
これを昔の人は「赤銅色(しゃくどういろ)」と表現したそうです。
赤銅鈴之助なら「あかどう」と読みますが、金属や色の呼び名としては「しゃくどう」らしいです。
色見本で赤銅色は「R:117 G:33 B:0」となっていますが、今日の月の色と比べると少し違う感じがします。

「赤」を「しゃく」と読む言葉は珍しいですが、よく見かけるのは「赤口(しゃっこう)」でしょうか。
大安とか仏滅とかの「六曜」のひとつですね。正午ごろのみが吉で、あとは全部凶という、難しい日です。

一節には、かの諸葛亮孔明が、この六曜を考案したとかしないとか。
6つの曜が順番に延々と繰り返されているかと思いきや、ときどき順番がとぶのが、昔からの疑問でした。
調べてみるとどうやら、旧暦の毎月1日に、一定の規則で順序がリセットされるシステムのようです。
こういうのって、学校では教えてくれませんね。

約1時間の皆既食が終わり、左側から徐々に、月がどんどん明るく、ついにはまぶしくなってきました。
その満月を愛でつつ、今日は頂き物の月餅を食べたのでした。

関連記事
この記事のURL | 生活 | CM(0) | ▲ top
<<ノーベル物理学賞 | メイン | 中島みゆき>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |