FC2ブログ
メールと偽サイト
- 2014/10/16(Thu) -
先日のことです。某銀行のインターネットバンキングサイトの挙動に、なにか違和感を感じました。
ピーンときましたね。これこそが噂に聞く「偽サイト」ではないのか。
偽サイトの偽ログイン画面から、利用者の認証情報を入手するフィッシングが、最近増えています。

念のため銀行に電話してみたら「正規のサイトからログインしたのであれば問題ありません」とのこと。
はぁ?「いま見ているサイトが正規かどうかを、いったいどうやって確かめたらいいのですか」と私。
すると銀行側の回答は意外でした。
「Googleで当行を検索していただき、検索結果から当行のサイトに来て頂くと間違いはございません」

なるほど、Google先生はウソをつかないと、そういうことですか。ま、おおむね正しいでしょうけど。
となると、銀行を検索するときのGoogleのサイトが真正どうか、最初の関門はそこになりますかね。

銀行から届いたように見えるメール内のリンクをクリックすることには、たしかにリスクがあります。
そのメールが、銀行から届いた本物かどうか、どこにもその保証がないからです。
もしも偽メールだと、その中にあるURLは間違いなく、100%、偽サイトへのリンクです。

そう考えると、メール内のリンクは怖くて、うかつにクリックできませんね。
そこで私は、銀行や通販などの重要サイトでは必ず、ブラウザのブックマークから入ることにしました。

となると、ブックマークが本当に正しいのかというと、そこはGoogle先生にお尋ねして確認しています。

関連記事
この記事のURL | IT | CM(0) | ▲ top
<<薄型・高解像度化 | メイン | 連鎖式ウインカー>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |