FC2ブログ
アナログ放送終了
- 2011/07/24(Sun) -
ずっと先の話と思っていましたが、本日ついに、テレビのアナログ放送が終了し、デジタル放送だけになりました。

デジタルと言えば先進的で正確、アナログと言えば古臭くてアバウト、そんな印象がありますが、必ずしもそうではありません。

たとえば時報。
地デジでは時報を発信できません。正確な時刻すら表示できません。
これは、放送局で画像をデジタル情報に変換するのと、電波で送られてきたデジタル信号を、テレビが処理して画像化するのに時間がかかるからです。
画面の隅に表示される時刻(デジタル)も、数字が切り替わる瞬間はアバウトな表示になっています。
地デジが始まった頃からの問題ですが、慣れたのでしょうか、最近はあまり気にならなくなりました。
NHKの正時のニュースを見ても、冒頭にまともな時計は登場しなくなりました。せいぜい出てくるのは、いま何時かがわかる程度のアバウトなアナログ時計か、ただの数字です。
テレビの時報で時刻を合わせる、という習慣も過去のものとなりました。

アナログ放送ではデジタル時計も表示できたのに、デジタル放送ではアナログ時計すら満足に出せない。
先進的なのか後退したのか。おかしな話です。


関連記事
この記事のURL | IT | CM(0) | ▲ top
<<模倣と隠蔽 | メイン | フリクション>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |