FC2ブログ
アンタレス爆発
- 2014/10/30(Thu) -
赤色超巨星アンタレスの超新星爆発ではありません。それならベテルギウスの方が先でしょう。

米国で昨日打ち上げられた無人ロケット「アンタレス」が、発射直後に爆発・墜落しました。
国際宇宙ステーションへの物資輸送を担う、補給船「シグナス」を送り出すのが、アンタレスの目的でした。
北朝鮮ならともかく、世界最高水準であろう米国のロケットでも失敗するのかと、あらためて驚きます。
まあ、無人でよかった。

爆発の原因は、ロケット1段目の主エンジン「AJ26」の異常だと報じられています。
このAJ26エンジンは、1960年代に開発された、旧ソ連製の「NK-33」エンジンの改良型だそうですね。
ここでまず、何じゃそりゃ、となります。ソ連製のエンジンを、このような重要な局面で米国が使うのかと。

ソ連では、ロケット計画変更のためNK-33は破棄処分となったはずが、こっそり保管されていたそうです。
ロシア時代になり、そのNK-33が米国の民間企業に売却され、改良されてAJ26と改名されます。
それが巡り巡って、今回の打ち上げを行った会社に渡り、アンタレスロケットに装着されたということ。

改名されても、そのエンジンの基本部分はNK-33。大昔にソ連で作られたものです。
そんなものを使わなきゃならない米国って、大丈夫なのかと疑いたくもなります。
一方でロシアは昨日、補給船「プログレス」を、ソユーズロケットで打ち上げました。もちろん成功です。
ロシアの宇宙技術は、なかなか侮れません。

関連記事
この記事のURL | 科学 | CM(0) | ▲ top
<<エボラ対策の心配事 | メイン | 遮断鉗子の大「助手」論>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |