FC2ブログ
師走の総選挙へ
- 2014/11/18(Tue) -
NHKニュース7は、高倉健さん死去のニュースもそこそこに、首相官邸からの生中継に切り替わりました。
安倍首相の、解散表明記者会見です。その趣旨は、
(1)個人消費などの経済状況等を総合的に判断し、消費税10%への引き上げは1年半ほど延期する
(2)このように重い決断を行う以上、国民に信を問うべきであり、衆議院を解散する
(3)予算編成作業の遅れを避けるため、21日に解散する
(4)連立与党で過半数の議席が得られなければ、退陣する
(5)平成29年4月の消費税率引き上げは、確実に実施する

安倍首相が「21日に解散」と発言した数秒後に、「21日解散へ」というニュース速報のテロップが出ました。
え〜っと、前にも言いましたけど、生中継で首相の発言を伝えている途中で、そのテロップ要りますか?

今夜の安倍首相を見ていると、2年前の野田首相の、突然の解散表明を思い出してしまいます。
野田首相は、党内の反対を押し切って消費税関連法を成立させ、その後に解散した衆院選挙で大敗しました。
安倍首相は、一部の反対を押し切って消費税増税の延期を決め、ただちに衆議院を解散することにしました。

増税を決めて解散したか、増税延期を決めて解散するか、両者のタイミングは真逆です。
迅速に解散する理由は(3)というよりも、野党が共闘するための準備時間を与えないためでしょう。

民主党の海江田代表が今夜、「なぜこの師走に解散するのか」と演説していましたが、まったく笑えます。
2年前に野田首相が衆議院を解散したのは11月16日、総選挙は12月16日。今回とほぼ同じじゃないですか。

増税延期という重要な政策変更をしたので国民に信を問う、という論法には異論もあります。
しかし結局、選ぶのは国民です。選挙後の政権(たぶん安倍政権?)を信頼していくしかないでしょうね。

関連記事
この記事のURL | 社会問題 | CM(0) | ▲ top
<<1台1億円の車 | メイン | 痛みが軽くな〜る>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |