FC2ブログ
2年縛りの罠
- 2014/11/29(Sat) -
スマホや携帯電話には、契約が2年単位なので解約しにくい「2年縛り」という悪しき制度があります。
契約期間満了の翌請求月を「更新月」といい、その月以外に解約すると、契約解除料がかかります。
私はソフトバンクのことしか知りませんが、ドコモやauでも、似たようなシステムになっていると聞きます。

契約満了前の解約に違約金がかかるのなら、まだ理解できます。しかし満了を過ぎてもダメなのです。
更新月に解約しなければ、契約は自動更新となるからです。そして、次の更新月は2年後になってしまいます。

私はこれまで、新型iPhoneが発売されるたびに機種変更してきたので、購入周期はおよそ1年。
そのため毎回、契約解除料を支払ってきました。ムダと言ってはなりません。これはお布施なのです。

さて2年前、iPhone 4Sから5へ機種変更した際、ショップの店員からお得なキャンペーンを勧められました。
手元に残る4Sを、2年間基本料金無料で通話にも使えるというのです。着信のみなら通話料もかかりません。
「着信専用のセカンド機として活用」などと、当時は得した気分で書いていましたが、それが大間違い。

あれから2年。4Sはあまり活用していなかったので、このたびキャンペーンを解約しようと考えました。

ショップに電話すると「契約内容は個人情報なのでショップではわかりかねます」との意味不明な返事。
しょうがなく、ソフトバンクモバイルに電話してみると、さんざん待たされた挙げ句の回答が衝撃的でした。
「更新月を過ぎているので解除料がかかります」と。はぁ?

無料キャンペーンなのに、途中解約したら違約金を取るという、ほとんど罠のようなシステムなのです。
「次の更新月は2016年の10月なので、それまでお待ち下さい」と、取り付く島もありません。
「そのときまた、解約をし忘れたら?」と尋ねると、「あと2年、お待ちいただきます」

関連記事
この記事のURL | IT | CM(0) | ▲ top
<<揚げすぎ注意 | メイン | ジェネリックと医療費>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |