FC2ブログ
ストライサンド効果
- 2014/12/29(Mon) -
ソニー・ピクチャーズ(SPE)の北朝鮮映画「The Interview」は、iTunes Storeでの提供も始まりました。
そのSPEへのサイバー攻撃はしかし、北朝鮮犯行説が疑問視され始め、内部犯行説が浮上してきました。

まだ確定ではありませんが、いろんな記事を総合すると、次のような根拠があるようです。
(1)ネット経由で盗み出すには、100TBというデータは大きすぎる(内部犯行でないと無理)
(2)北朝鮮が過去に使った手口でハッキングしたことが、逆に怪しい(なりすましを疑わせる)
(3)犯行グルーブが最初に行ったのは、SPEの不当なリストラへの抗議だった(北朝鮮がする?)
(4)映画の公開中止を要求すれば、かえって映画が注目されてしまうことは明白(北朝鮮がする?)

この(4)については、「ストライサンド効果」という言葉を使って報じられています。
隠そうとすればするほど、意図に反して目立ってしまい、やぶへびになるという意味です。
バーブラ・ストライサンドが自宅写真の公開差し止め訴訟を起こしたら、逆に画像が拡散した一件が由来。

もともとB級映画といわれていた「The Interview」は、今回の騒動で知名度が飛躍的に上がりました。
じゃあ結局、ソニー・ピクチャーズは得をしたのかと言えば、そうでもないでしょう。
(1)内部犯行が起きたことで、会社側に問題があることが露見した
(2)漏れた内部情報による、会社や役員のイメージダウンも大きい
(3)米国政府と協調して、北朝鮮に濡れ衣を着せてきたのも問題

「自分たちは関与していない」と、いくら否定しても信じてもらえなかった北朝鮮が、いま思うと哀れです。

関連記事
この記事のURL | 社会問題 | CM(0) | ▲ top
<<バスロマンとバスクリン | メイン | Suicaと限定品商法>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |