FC2ブログ
センター試験の出題ミス
- 2015/01/18(Sun) -
入学試験の出題ミスは、受験生の合否にさえ影響を与えかねない一大事。出題者の責任は重大です。
正解が2つあるような設問が見つかった場合、その両方を正解とみなす、という解決法がとられます。
しかし、ムダに悩んだ受験生の、時間の浪費や精神的ストレスに対しては、どうやって穴埋めしてやるのか。

昨日のセンター試験「世界史B」でミスがありました。渋川春海が作成した「貞享暦」についての設問です。
その設問文を、読点(、)の部分で改行して4行に分けて記載すると、以下のようになります。

(1)貞享暦は、
(2)中国『ア』の時代に、
(3)『イ』によって作られた授時暦を改訂して、
(4)日本の実情に合うようにしたものである。

出題者の意図は、「中国・元の時代に、授時暦が作られた」という知識を、問うことだったと思われます。
一方で貞享暦は、「中国・清の時代に、日本の実情に合うようにしたもの」であることもまた事実。
設問文の(2)が(3)にかかるのか(4)にかかるのかの解釈によって、『ア』の答が異なるわけです。

このような、読み方によって答が変わるような設問を作るなど、出題者の国語力に問題アリです。

この際、どうせ知識を問うのであれば、いっそのこと、もっと単純な設問にしたらどうですか。たとえば、
(問1)授時暦を作ったのは誰か。次から選べ。
(問2)授時暦ができたのはいつの時代か。次から選べ。
設問はひどく無機質ですが、求める知識は同じ。まったく誤解を与えない、率直な問い方じゃないですか。

知識偏重だと批判されるのを嫌ってか、問題文をヘンに長ったらしくするから、オカシなことになるのです。
いくら工夫を凝らしたところで、尋ねているのは単なる知識。ならばもっと簡潔な設問にすべきです。

関連記事
この記事のURL | 受験・勉強 | CM(0) | ▲ top
<<インフルエンザと高熱 | メイン | ワクチンのテレビCMを>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |