FC2ブログ
ラッスンゴレライ
- 2015/02/17(Tue) -
「ラッスンゴレライ」てなんですの? いや、ホントに。
演じている8.6秒バズーカー自身が、意味は無いと明言しているので、無意味なんでしょうね。
でも、何か英語を聴き取ったフレーズじゃないのか、って思いたくもなります。ならば元の英文は何なのか。

少々英語をかじっている知人に尋ねてみると、回答が2つ。
(1)lesson guerilla(ゲリラ兵を教育する)
(2)Listen, Gorilla!!(集中力のないゴリラを窘(たしな)める)
う〜ん。(2)はいいけど(1)がいまいち。座布団はプラマイゼロですな。

ゴリラが、遺伝学的にはチンパンジーに次いでヒトに近く、心優しい動物であることはよく知られています。
凶暴なイメージがあるのは、映画「キング・コング」の影響かもしれません。
あるいは、iPhoneにも使われているコーニング社の「ゴリラガラス」も、強いイメージを植え付けています。

考えてみると、私はゴリラのことをほとんど知りません。動物園で見た記憶もかすかです。
そこでこの機会に、ゴリラ研究の第一人者、山極壽一氏(京都大学総長)の本を読んでみることにしました。

初心者には「ゴリラ雑学ノート」がよさそうですが、残念ながら絶版だったので、Amazonで中古品を発注。
とりあえず近所の書店で、山極氏の新刊「父という余分なもの サルに探る文明の起源」を購入しました。

山極氏によると、「ニホンザルが優劣を決めるのに対して、ゴリラは勝ち負けを決めない」そうです。
平和を愛する優しいゴリラに、人間たる私が、逆に窘められた気がしました。なので(2)は逆ですな。

関連記事
この記事のURL | 言葉・文章 | CM(0) | ▲ top
<<ノンアルコール飲料 | メイン | ゆめタウン20倍>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |