FC2ブログ
中国人は仕事が早い
- 2015/03/16(Mon) -
中国製の、Apple製品の模倣品には、驚くとかあきれるよりも、もはや感心してしまいます。
なにしろ、早い、安い、上手い、の3拍子が揃ってますから。

新製品が出るたびに、本家に先んじて、箱までそっくりなコピー商品が発売されてきました。
このような模倣品は、山賊を意味する言葉を使って「山寨機(さんさいき)」とも呼ばれます。

ブランドバッグのコピー商品と違い、Apple製品のコピーは、起動させるとすぐ、ニセだとわかります。
なぜなら、iOSではなくAndroidが立ち上がるからです。しかし、そこがまた、ある意味「特別仕様」で貴重。
正規品にもない「便利な」機能が盛り込まれていたりもします。もちろん、激安です。
名称も楽しい。「iPed」とか「HiPhone」とか「iPnoho6」とか、笑わせてくれます。

来月24日の発売を、首を長くして待っているApple Watchですが、模倣品はもうすでに、発売されています。
「AW08」とか「IWATCH」がそれ。かなりよく似てるし、当然、激安。200元(4000円)台から。

ブランドバッグのニセモノは、物を入れて持ち運ぶという機能においては、オリジナルと同等です。
これで外見がそっくりなら、欲しがる人がいてもおかしくはありません。それは、見栄のためだからです。

Apple製品の偽物は、起動すればニセモノとわかるのに、作る人がいて、売る人がいて、買う人がいます。
ホンモノかどうかなど問題ではなく、ホンモノに見えるかどうかが、大事なのでしょうね。

関連記事
この記事のURL | IT | CM(0) | ▲ top
<<イノベーター理論 | メイン | ホワイトデー>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |