FC2ブログ
ジョブズ退任とApple信者
- 2011/08/26(Fri) -
スティーブ・ジョブズがAppleのCEOを退任することになりました。残念です。
カリスマ経営者が第一線を去り、Appleの独創性が失われるのではないか、心配です。

Apple信者にとってジョブズは教祖ですが、私が入信した1989年には、ジョブズはすでにAppleを追い出されていました。奔放すぎたのか先進的過ぎたのか、創業者ではあっても、経営者としては不適格との烙印を押されたようです。

1990年代はMacの暗黒期でした。信者という観点からは「苦行」の時期でした。
最初に買ったMac(SE/30)を超える魅力的なMacには出会いませんでした。そのかわり、へんてこりんな新製品が色々出てきました。
たとえば、パイオニアのMac互換機。Apple以外の会社が作った、音がやたらに良いMacでした。
あるいは、バンダイと共同開発したマルチメディア機ピピン・アットマーク。見事にこけました。
さらには、デザインのMacらしさが無くなってしまったパフォーマシリーズ。買いましたけど。

では、その頃ジョブズは何をしていたのか。
新会社NeXTを立ち上げて、画期的OSを開発しました。これが後のMacOSXの元になります。
ルーカスフィルムを買収して、CGアニメーション制作会社ピクサーを作りました。大成功です。

経営が悪化し、身売り寸前になっていたAppleを、どうせならソニーが買収してくれないかと思っていたころ、ついに教祖が復帰しました。
ジョブズは、iMacでAppleを復活させ、OSXを発売してMacの先進性を決定づけ、iPodからiPhone、iPadに至る快進撃を牽引し続けたことは、信者でなくてもご存じの通りです。

いま、スマホとクラウドがIT業界の関心事ですが、ジョブズならその次を考え始める頃でしょう。
はたして10年後にAppleが今の地位にあるかどうか、信者の不安は尽きません。

関連記事
この記事のURL | IT | CM(0) | ▲ top
<<トイレ関係の話 | メイン | 想定外>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |