FC2ブログ
滅菌作業の重要性
- 2015/03/31(Tue) -
テレビドラマで外科手術のシーンを見ると、いちばんあり得ないは、無菌操作のいい加減さでしょう。
手術において、すべての物品は、清潔か不潔のどちらかです。中間はありません。

手術操作で言うところの「清潔」とは、無菌状態であることを意味します。
滅菌した手術器具や材料、消毒薬で消毒した皮膚と体内が清潔なのであり、それ以外はすべて「不潔」です。
清潔かどうか自信がない場合は、すべて不潔とみなします。

手術するときの外科医の手(素手)も、不潔の範疇にあります。だから滅菌手袋をはめるのです。
消毒薬で手洗いをしておく理由は、万一手術中に手袋に針が刺さって、穴が開いたときのためです。

さて、自家製ヨーグルトを作るときも、器具の滅菌作業が必要です。
東芝のヨーグルトメーカーの取扱説明書には、熱湯水に浸して滅菌するようにと書いてあります。
大鍋で湯を沸かし、その熱湯で滅菌するのですが、これがかなり面倒くさい。水道代も電気代もかかります。

ところが、東芝の製品のOEM元であるタニカ電器の「ヨーグルティア」の取説を読んでみると、違うのです。
容器に少量の水を入れて、電子レンジで90秒チンすればよいと。これはお手軽な滅菌法じゃないですか。

さっそく電子レンジで滅菌してみたところ、どうもヨーグルトの出来具合が良くない。家族にも不評です。
発酵が不十分だから、固まり具合が悪いのでしょう。
滅菌法を変えて発酵が悪くなったということは、雑菌の混入が疑われます。つまり、滅菌が不十分と。

これは元外科医としたことが、滅菌作業を手抜きしてしまいました。次回からは、沸騰水法に戻しましょう。
ヨーグルトも、結構デリケートなんですね。

関連記事
この記事のURL | 食べ物 | CM(0) | ▲ top
<<予約システム更新 | メイン | テレビ番組全録生活>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |