FC2ブログ
胃酸を吐く
- 2015/04/08(Wed) -
胸痛を訴えて来院する方はたいてい、心臓のことを心配しています。
「今朝から左胸の痛みが続きます」「2,3日前から心臓が圧迫されています」

このような症状の場合は心臓の痛みではなく、おそらく逆流性食道炎です。
しかし心臓病の心配は、(1)証拠を示して、(2)理詰めで、(3)実証しなければ、解消されません。

(1)心電図検査をします。胸痛持続中の心電図に異常がなければ、狭心症や心筋梗塞の疑いはゼロです。
(2)その説明に納得した瞬間から、症状がなんとなく軽くなります。安心することが、何よりも大事です。
(3)逆流性食道炎の薬を処方すると、数日で治ります。効いたことがすなわち、心臓病ではなかった証拠。

逆流性食道炎の症状は、胸やけ、ゲップ、呑酸(どんさん)、のどのイガイガ、咳など。胸痛もそうです。
呑酸というのは、胃酸がのどや口まで上がってくることです。でもなぜ「呑酸」と言うのでしょうね。

空気を呑み込んでゲップの原因となる「空気嚥下症」のことを、「呑気症(どんきしょう)」と言います。
空気を呑むから「呑気」、これはわかります。なのになぜ、胃酸をもどすことが「呑酸」なのでしょう。
吐いた挙げ句に、結局呑み込むからなのでしょうか。どうも釈然としません。

私もひところ、夜中の呑酸に悩まされていた頃があります。呑み込んだ胃酸は、ひどく酸っぱいものでした。
しかし胃酸の量が多くて、口の外まで吐き出してしまったこともあります。これでも呑酸なのでしょうか。
もやは「吐酸(とさん)」と言うべきでしょう。

「吐く」つながりで話は飛びますが、「嘘をつく」を「嘘を吐く」と書くことを最近知りました。
息を吐(は)いても、ため息は吐(つ)きます。正論は吐(は)きますが、悪態は吐(つ)きます。
口から何かを出すとき、その量が多ければ「吐く(はく)」、少量なら「吐く(つく)」のように思えます。
呑酸(あるいは吐酸)の場合の胃酸は、「吐く(はく)」なのか「吐く(つく)」なのか。

関連記事
この記事のURL | 医学 | CM(0) | ▲ top
<<正確な発言と記述を | メイン | 午後4時1分の謎>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |