FC2ブログ
医者モノのドラマ
- 2015/04/28(Tue) -
医者モノのTVドラマは、昔と違って、手術シーンなどにそこそこリアリティーがあります。
おそらくそれは、専門用語をあえてそのまま飛び交わせ、ドラマがテンポ良く展開するからでしょう。
その意味でのリアリティーを私が感じたのは、「ER緊急救命室」が最初だったかもしれません。

専門用語の意味は解説しませんので、想像で補いながら見てください、ということなのです。
だからたまに、専門用語を説明するような口調のセリフが出てくると、リアリティーぶち壊しです。
実際の医療現場で、そのようなわざとらしい会話などありません。用語はテロップで解説すればいいのです。

「DOCTORS2」も「Doctor-X」も「医龍」も、主人公はスーパー外科医です。
そんなヤツはおらん、という人物ばかりですが、まあそれがドラマだからしょうがない。
ツッコミどころ満載でも、面白ければヨシとしましょう。

「Dr.倫太郎」は、堺雅人主演なので期待して見ましたが、どうも私の趣味ではありませんでした。
「医師たちの恋愛事情」は、外科医が主人公らしいですが、タイトルがもうダメです。

総合診療医ドクターG」は、ドラマじゃないのに、ドラマのように展開するところが面白いですね。
手術という見せ場のある外科医とは異なり、内科医の診察過程は地道ですが、興味深く見せてくれます。
メスを手にした真剣勝負が手術なら、病因を追い求める診察は頭脳戦。
外科医がアクションドラマの主人公なら、内科医は推理ドラマの名探偵というわけです。

関連記事
この記事のURL | 映画・TV | CM(0) | ▲ top
<<ギックリ腰 | メイン | 病児・病後児保育連絡票>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |