FC2ブログ
コレステロールと食事
- 2015/05/02(Sat) -
「コレステロール:『気にせず食べて』動脈硬化学会が声明」という毎日新聞の記事にひとこと。

日本動脈硬化学会はたしかに、昨日、「コレステロール摂取量に関する声明」を出しました。
「コレステロール摂取制限をしたら血中コレステロールが下がった」という証拠はない、と書かれています。

しかし解釈を間違えてはなりません。証拠がないから間違っている、ということにはならないのです。
摂取制限をしても、血中LDLコレステロールが下がるかどうかには個体差が大きい、という話なのです。

こんな例え話はどうでしょう。「カップ麺の摂取を制限したら血圧が下がるか、ガッテン大調査!」
被験者は10人。1カ月間、一切カップ麺を食べない生活を送ります。さて、血圧はどうなるか。

一部の人は、血圧が下がるかもしれません。どんな人かと言えば、
(1)日頃から、毎日のようにカップ麺を食べている人
(2)すでに血圧が高い人

しかし、全被験者を平均するとおそらく、血圧には変化なし、ということになるでしょう。
だからといって「カップ麺、気にせず食べて」と、言ってしまうのは早計です。

コレステロールの摂取制限も同じこと。
(1)日頃から、コレステロール食を多く摂る人
(2)すでに高コレステロール血症の人
このような方には、摂取制限が有効かもしれません。まずは、摂取制限をして調べてみるべきです。
それと同時に重要なことは、コレステロールだけでなく、食事内容全般を見直すことです。

動脈硬化学会の声明をきちんと読めば、そのようなことはすぐにわかります。
ところが新聞記事では、冒頭のような見出しになってしまうのです。
これでまた、食事指導がやりにくくなります。

関連記事
この記事のURL | 健康 | CM(0) | ▲ top
<<未曾有の演説 | メイン | 安倍首相演説>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |