FC2ブログ
安保法制閣議決定
- 2015/05/15(Fri) -
安倍内閣は昨日、ついに新たな安保法制を閣議決定し、法案は今日、衆院に提出されました。
なかなか重いテーマなので、サラッと。とりあえず、主要各紙の今朝の社説を見てみました。

法案に対する、全体的な評価は、右から順に、
産経「成立を図ってもらいたい」
読売「成立に全力を挙げるべきだ」
毎日「検討すること自体は理解する」
朝日「この一線を越えてはならない」

毎日と朝日の間に、少々温度差があります。これはちょうど、改憲議論に対する姿勢と似ています。
毎日は、憲法については議論が必要だとする「論憲」、朝日は、改憲議論自体を忌み嫌う「護憲」です。

その、憲法がらみで言うなら、今朝の社説にはこういった記述も見られました。
毎日「本来なら憲法9条の改正手続きを踏まなければならないほどの戦後の安全保障政策の大転換だ」
朝日「憲法改正を国会に働きかけ、国民投票で是非を問わねばならなかったはずだ」

論憲の毎日や、護憲の朝日が、こういうときには憲法改正を条件にしてくるところが、なんとも面白い。

なお、日経の社説は、「シャープ再建」と「ギリシャ破綻」という経済テーマ。これまた一貫した態度です。

関連記事
この記事のURL | 社会問題 | CM(0) | ▲ top
<<タニタとタニカ | メイン | スタッフ>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |