FC2ブログ
診療はノドが渇きます
- 2015/06/10(Wed) -
仕事中(診療中)の水分補給は、おもに「お〜い お茶」の間歇的摂取よって行っています。1日2本程度。
ペットボトルは、診察室のすぐ横の棚にこっそり置いていて、診療の合間合間に、ゴクゴクッとやります。
当院のスタッフも、診察室付近に各自の水筒等を用意して、適宜水分を補っているようです。

タクシーの運転手さんは、たいていペットボトルなどを運転席のそばに置いてます。
さすがに、乗客の前では飲みません。1人の時に飲むのでしょう。

勤務中に熱中症で倒れたJR東海の運転士はしかし、たとえ停車中でも、飲水は控えていたと報じられました。
停車中の飲水にクレームをつける乗客がいて、社内の規則が厳しくなっていたためだそうです。

どのような場合でも、一瞬たりとも安全確認を怠ってはならない、というのがクレーマーの言い分なのか。
お茶を飲みながらの運転ならともかく、停車の合間のひと飲みにさえ文句を言うとは、了見の狭い話。

そんな利用客のクレームに過剰に敏感になって、鉄道会社が事なかれ主義に走った典型とも言える事例です。

「乗務員の必要最小限の水分摂取について、ご理解ください」等の掲示物を、会社は早く出すべきです。
「運転してると、ノドが渇きます」とか「水分摂って、安全運転」などのコピーでもいいでしょう。

私も時々、お茶を飲んでいる姿を患者さんに目撃されることがありますが、それもどうか、ご理解ください。

関連記事
この記事のURL | クリニック | CM(0) | ▲ top
<<緊急速報のアラーム | メイン | 次は岩の名前>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |