FC2ブログ
好きな勉強、好きな本
- 2015/06/22(Mon) -
医学でも宇宙でも歴史でも数学でも昆虫でも音楽でも、いま知りたいことを勉強するのは楽しいもの。
知りたい医学知識を補強し、興味ある分野なら何にでも首を突っ込み、面白いと思った本を読む毎日です。

しかし、学校でやった勉強は、試験のため、成績のため、進学のため、という側面がありました。
勉強は手段であって、その結果何らかの目的を達成し、それがまた、別の目的のための手段となるわけです。

例えて言うなら、健全な肉体をつくるために、好き嫌いを言わず、何でもバランス良く食べるようなもの。

では、成人の肉体がそれなりに出来上がったとしたら、じゃあこんどは、何を食べる?
そりゃもちろん、好きなものでしょう。好きなときに、好きなだけ食べる。嫌いなものは、残す。

読んでる本が面白くなくなったら、途中で投げ出すので、読みかけの本が山ほどあります。
あとで興味が湧けば、また読み始めたりもします。買っただけで、まったく読んでない本も多数あります。

では、例の、又吉直樹の「火花」はどうだったかというと、純文学にしては珍しく、短時間で読了しました。
書評は控えます。ネガティブなことは言いたくないので。

関連記事
この記事のURL | 受験・勉強 | CM(0) | ▲ top
<<最初の3カ月は無料 | メイン | 麻薬の小分け>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |