FC2ブログ
インフルエンザワクチン不足
- 2011/09/28(Wed) -
待望のインフルエンザワクチンを、本日入荷しました。
10月1日から接種開始だというのに、例年このワクチンが届くのは9月下旬です。
しかし接種の予約は、それよりも前から受け付けなければなりません。
手元に現物がないのに、予約数が100人、200人と増えてくるのは、小心者の私には耐え難い恐怖です。

とくに今年はワクチン不足が懸念されています。

その理由のひとつは、先日も書いた、小児接種用量の変更(増量)です。
当院で、昨年と同じ年齢分布および人数での、今年のワクチン必要量を試算してみると、昨年よりも38%余計に必要であることがわかりました。
厚労省によると、今年のワクチン需要予測量は、2,771~2,798万本とのこと。
昨年の実使用数2,447万本で割り算すると、今年は13~14%増と見積もっているようです。
その程度の増量で済むのか、疑問です。

ワクチン不足のもう一つの原因は、北里第一三共の問題です。
もともと北里は、震災の影響による減産を発表していましたが、最近になって、製造されたワクチンに異物(トリレオウイルス)が混入していたことが判明し、236万本の出荷減です。
これによって、今年の国内ワクチン供給量(製造量)は2,700万本となりました。

さて、需要と供給の数字を、じっくり見比べてみましょう。
関連記事
この記事のURL | 予防接種 | CM(0) | ▲ top
<<ミニカルテという試み | メイン | 年齢が変わるのは誕生日の前日です>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |