FC2ブログ
ミニカルテという試み
- 2011/10/01(Sat) -
本日、当院は開院4周年を迎えました。さて・・・

よその医療機関では誰もやってないだろう、と思うのは「ミニカルテ」。
開院当初から続けている、A6サイズの診療手帳を、そのように呼んでます。
その日の診療内容(病歴・所見・処方・検査結果など)と、私からのコメント(診断・見通し・注意点など)をすべて記入して、患者さんに渡します。
口で説明するだけでなく、印刷して、おまけにノート方式にして記録を蓄積していけば便利だろうと、そんな思いで導入したのですが、現在に至るまで、苦労の連続です。

ミニカルテの内容を全部手入力するとなると、それだけで1人当たり5分も10分もかかります。さすがに診療が滞ります。時間短縮と省力化のためには、電子カルテと連動するしかないと考えて、電カル会社と交渉しました。
数社からは門前払いされましたが、2社が興味を示してくれました。そのうちアガペ社は、社長自ら私のアイデアを高く評価してくれました。面白いアイデアなのでぜひ当社でやらせてほしいと。

私のアイデアを盛り込むためには、電子カルテのプログラムを書き換えて、新バージョンを作ってもらわなければなりません。上京して、開発担当者と細かい仕様を打ち合わせ、その後もメールでやりとりしながら、修正作業を繰り返しました。完成したのは開院の直前。
電子カルテの内容がそのまま印刷される仕組みなので、2号用紙部分さえきちんと記載してあればよいのです。でもこれがたいへん。いちばん大事なコメントの入力だけでも、一人当たり1,2分の時間を要します。
毎日多量の文章を急いでキー入力するので腱鞘炎になりました。ひところは、腕に装具を付け、手首には毎週ステロイド注射をしていました。スタッフに口述筆記してもらうことも考えましたが、誤変換チェックの手間を考えると、かえって時間がかかりそう。

面倒なことしてるなあ、という思いもありますが、誰にもマネできない(したくもない?)ことをしている自負もあります。時々「ミニカルテは助かります」と言ってくれる患者さんの言葉に励まされて、痛む右手首をさすりながら、今日もコメント入力しています。

※熊本市医師会発行の「森都医報」9月号に投稿したものを転載しました。
 投稿時には「アガペ社」の部分を「A社」と記載していました。
関連記事
この記事のURL | クリニック | CM(1) | ▲ top
<<脂肪税 | メイン | インフルエンザワクチン不足>>
コメント
- -
ブログでははじめまして^^
いつもお世話になっております。双子を含む3兄弟の母です。

「ミニカルテ」、すごくすごく助かっています!
子供たちの受診を夫にお願いするときなど、話を聞くよりミニカルテを見るほうが断然わかりやすいですし、なにより病歴がわかるのが本当にいいですね。

特に私はズボラ母なので、双子のどっちがなんの病気をしたんだっけ?と忘れることしばしばなのです(笑)

でも先生の腱鞘炎は心配です。今は大丈夫なのでしょうか・・・。

これからもどうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m
2011/10/03 16:55  | URL | 3兄弟の母 #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |