FC2ブログ
芥川賞と本屋大賞
- 2015/07/18(Sat) -
又吉直樹の『火花』が、芥川賞を受賞しました。まさかとは思っていましたが、驚きましたね。
よく考えてみると、芥川賞受賞作を受賞決定前に読んだのは、『火花』が初めてかもしれません。
もう1人受賞した羽田圭介の「スクラップ・アンド・ビルド」も、ぜひ読んでみようと思います。

問題は、古舘伊知郎氏でしょう。2日前の報道ステーションでのコメントが、批判を浴びています。
「芥川賞と本屋大賞の区分けがだんだん無くなってきた気がするんですけどね」
「僕なんかの年代は『あれ?』っていう感じもちょっとするんですけどね」

何それ。「あれ?」って言いたいのは、こっちの方ですよ。もちろん、あなたに対して。

世間は「又吉に失礼」とか「本屋大賞に失礼」とか「『火花』読んだのか」などと、古舘氏を非難しています。
しかし私の考えは異なります。

芥川賞は、著名な選考委員が選ぶ、純文学の新人賞。本屋大賞は、全国の書店員が選ぶ、いちばん売りたい本。
2つの賞は、趣旨も違えば選考者も違います。区分けの有り無しをいうこと自体が、ナンセンスです。
それぞれの選考基準にかなえば、ひとつの作品が両方の賞を獲ることだって、あり得るわけですから。

それよりも糾弾されるべきは、古舘氏がしばしば口にする、わかった風な皮肉です。いつもムカつきます。
それでも私が毎晩報道ステーションを見ているのは、私とは異なる考えの人の意見も聞いてみたいからです。
ムカつきながら視聴するスタイルが、私は好きなのかもしれません。

関連記事
この記事のURL | 社会問題 | CM(0) | ▲ top
<<子連れ出勤 | メイン | 競技場白紙撤回へ>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |