FC2ブログ
ジョブズ死去
- 2011/10/06(Thu) -
Apple創業者、スティーブ・ジョブズ氏が、亡くなりました。

ニュース映像で見るたびに風貌はやつれていくのに、新製品・新機軸を発表し続ける彼のバイタリティーには衰えがありませんでした。しかしその病状・体調は、本当にギリギリのところだったのでしょう。

ジョブズはかつて、自分が創業したAppleから追放されたことがあります。革新的過ぎる彼の発想に、会社がついて行けなくなったのです。
その11年後、彼は経営の傾いたAppleに復帰し、立て直し、ついにAppleを株価総額で世界最大の企業にしました。
iMacに始まり、iPod、iPhone、iPadと、次々に繰り出される新製品には驚くばかりでしたが、これでもジョブズは、「革新的過ぎないように」スピード調整して、絶妙のタイミングを計っていたのかもしれません。

ジョブズが追求してきたのは「便利で、美しくて、新しくて、楽しいもの」です。
日本のメーカーが「高性能・多機能・汎用性・低価格」を優先して、ただの工業製品を量産してきたのとはまったく発想が異なります。

20年以上前、私がNECのパソコン(9800シリーズ)からAppleのMacintosh (SE/30)に乗り換えたとき、パソコンというものが、何か作業をするための道具ではなく、たださわるだけで楽しめるものだと感じ、驚きました。

「スティーブの才能、情熱、活力は、私たちの生活を豊かにし、向上させてきた数え切れない革新の源だった。スティーブのおかげで世界は計り知れないほど良くなった」
Apple社は今日、このような談話を発表しました。
私はこれに、「世界を楽しくしてくれた」と付け加えたいです。

関連記事
この記事のURL | 社会問題 | CM(1) | ▲ top
<<三権分立 | メイン | iPhone4S発表>>
コメント
- -
全くそのとおりです。
私も以前、WYSWYG、共通の操作性、絢ゆるデバイスがつながるADP?に見て、触れたときは感動を覚えた記憶があります。

さて、当方は、ジョブズの死後、アップルがどういった舵取りを行なっていくか非常に気になっています。
以前、ジョブズがアップルを去った時とは違い、アップルに対する世界の期待は大きくジョン・スカリーのような経営優先で面白みのない、製品を世の中に送り出せば、たちまち
期待や魅力は地に落ちていくでしょう。
そうならないためには、アップルには、ジョブズに変わる、豊かな発想のリーダーが必要と考えます。
例えば、以前、ライバル視していた、ビル・ゲイツなんか面白いかもしれません。
2012/02/03 00:32  | URL | 吉田家のパパ #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |