FC2ブログ
ヒゲをこっそり伸ばす
- 2015/08/19(Wed) -
無精ひげは誰からも好かれませんが、きちんと手入れされたひげでも、誰からも嫌われないとは限りません。
なので一般の社会人がひげを伸ばすことは、ある意味チャレンジです。

勤務医時代、私は顔中にひげを生やしていました。顔中とは「くちひげ」「ほおひげ」「あごひげ」全部です。
3カ所すべて「ひげ」ですが、漢字で書くとみな違います。面白いことに、英語でも別の単語を使います。
(1)くちひげ:髭(し)、moustache
(2)ほおひげ:髯(ぜん)、whiskers
(3)あごひげ:鬚(しゅ)、beard

中国最古の漢字字書(ということは、世界最古の漢字字書)である『説文解字』によれば、
(1)髭:口上の須(ひげ)なり
(2)髯:頬の須(ひげ)なり
(3)鬚=須:面の毛なり
どうやら、ひげを全部ひっくるめて「須」のようです。さらに言うなら、「彡」がひげを表すようです。
よく見ると「鬚」の字は、「彡」を2つ含んでいるじゃないですか。

日本では、いつ頃から使われている漢字だろうと調べたら、日本書紀に記載があるそうです。
素戔嗚尊(スサノオノミコト)が、『乃拔鬚髯散之 即成杉』(ひげを抜き散らしたら杉になった)と。
ちなみにその後、胸毛や眉毛や尻毛も抜いて、それぞれ樹木を生み出しているようです。
スサノオの絵(想像図)を見ると、顔中ひげだらけですが、くちひげ(髭)は使わなかったのでしょうか。

考えてみると、古代の歴史上の人物(男性)はみな、顔中にひげをたくわえています。大国主命も神武天皇も。
ならば日本人においては、髭・髯・鬚すべてを生やすことこそ、正装ではなかろうかと、考えたりもします。

しかし、ダンディーでありながら不潔感のないひげ面というのは、なかなか難しいものです。
現在私は髭(くちひげ)を生やしていますが、他の部位のひげも伸ばそうかどうしようかと、思案中なのです。
とりあえず、日頃マスクに隠れる範囲だけ、髭のほかに鬚をこっそりと、伸ばしつつあるところです。

関連記事
この記事のURL | 生活 | CM(0) | ▲ top
<<こうのとり打ち上げ成功 | メイン | IKEAが来るけど>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |