FC2ブログ
おたふくワクチンの問題
- 2015/08/21(Fri) -
おたふくかぜワクチンは、近い将来(2,3年以内?)定期接種ワクチンに組み込まれることになっています。
ワクチンの有効性と安全性は明らかです。だからこそ、日本以外の多くの国で、定期接種が行われています。

かつて日本でも、1989年から93年までの4年間、おたふくかぜワクチンの定期接種が行われました。
諸外国と同様に、生ワクチンを3つ混合した、麻しん/おたふく/風しん混合(MMR)ワクチンの形での接種です。

生ワクチン接種後には、自然感染(病気としてのウイルス感染)と同様の症状が起きる場合があります。
これが副反応として捉えられます。おたふくかぜワクチンでは、最も問題となる副反応が、無菌性髄膜炎です。
接種3週間後ごろに、高熱・頭痛・嘔吐などの症状で発症しますが、その経過は比較的良好です。

しかし、日本のMMRワクチン接種後の髄膜炎発生率は、1000に1人程度と、欧米の100倍以上でした。

この無菌性髄膜炎の多発が社会問題となり、MMRワクチンの定期接種は中止されました。
某メーカーは、きわめて副反応の少ないデータを出しましたが、ワクチンのすり替え疑惑などが発覚しました。
そうでなくても副反応に過剰に反応する日本人ですが、メーカーの不祥事が火に油を注いだわけです。

ワクチン後進国と揶揄されている日本が、先進国の仲間入りできるとすれば、MMRの再開がカギでしょう。

まずは、現在任意接種で行われているおたふくかぜワクチンの、安全性を再確認して、社会に示すことです。
先月より、おたふくかぜワクチン接種後の副作用調査が、全国規模で始まっています。当院も参加しています。

おたふくかぜに罹れば、数%の率で髄膜炎を発症します。睾丸炎や難聴などの合併症を起こす場合もあります。
子どもの難聴が日本に多いことについて、なぜ予防しないのかと、海外の学者はあきれているそうです。
ワクチンの副反応を無視することはできませんが、おたふくかぜに罹るよりもずっとマシなのです。

関連記事
この記事のURL | 予防接種 | CM(0) | ▲ top
<<お風呂が沸きました | メイン | こうのとり打ち上げ成功>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |