FC2ブログ
台風直撃
- 2015/08/25(Tue) -
台風が通り過ぎました。熊本をかすめる台風はときどき来ましたが、今回の15号は、まさに直撃でした。
休診日なのに、風雨があまりにも激しいので、心配で(興奮して?)いつもよりも早く起床したぐらいです。

一般の職場では、今朝の皆さんの話題は「いやあ、風がすごかったね」などと、台風一色だったことでしょう。
「よその屋根瓦が飛んできて窓に当たりそうになったよ」「ウチは犬小屋が飛んでった」「ウチは浸水した」

こういった場合、より被害の大きかった人、より怖い目に遭った者が、その場の話題をさらうことになります。
ちょっとした「被害自慢」です。まあ、本当に重大な被害に遭った場合には、自慢にもなりませんが。

こういった、ネガティブなことを言う場合も、自慢と言えるのでしょうか。辞書を引いてみると「自慢」とは、
「自分で、自分に関係の深い物事を褒めて、他人に誇ること」(大辞泉)
「自分のことや自分に関係のあることを他人に誇ること」(大辞林)
「(略)自分のこと、自分の持ち物、自分が所属するものなどの良さを他に対して得意げに示すこと」(日国

「被害自慢」はつまり、めったに遭遇できない貴重な体験をしたことを誇示する、ということなのでしょう。

まあこのようなことを書いておれるのも、わが家に大きな損害が無かったからです。これは幸いなことです。
前に住んでいた家では、ガレージの屋根を吹き飛ばされたこともあり、台風直撃はいつも恐怖です。

関連記事
この記事のURL | 生活 | CM(0) | ▲ top
<<漢和辞典を比べる | メイン | 野次馬としての読書家>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |