FC2ブログ
台風の爪痕
- 2015/08/28(Fri) -
豊後街道を車で走ると、杉の倒木が目立ちます。今日もその撤去作業が、あちこちで行われていました。
平成3年と平成11年の台風では300本近く倒れたそうですが、今回の台風でも多数倒木があったと思われます。
加藤清正が植えた歴史的価値のある杉ですが、剪定をしない自然な樹形なので、風雨に弱いのでしょう。

わが家はちょうど、庭木の剪定と裏庭の片付けをした後だったので、台風被害はほとんどありませんでした。
しかしクリニックは、テレビアンテナを設置した屋上のポールが、根本からポッキリと折れてしまいました。
かなり太い鉄のポールです。パラボラアンテナが受けた風力は、さぞかし凄まじかったのでしょう。

地デジは普通に映りますが、BS/110度CS放送がまったく映らなくなりました。
赤道上の静止衛星に向くべきパラボラが、北の空に向いています。残念ながら、そっちに衛星はいません。

さっそく、修理を依頼しました。で、そこで思い出したのです。修理代には火災保険が適用されることを。
火災保険といいますが、風災への補償も行われます。ただし、風災に対しては、次のような条件があります。
「損害額が20万円未満の場合には、保険金をお支払いできません」

このような「保険金をお支払いできません」という条件でよく目にするのは、次のような場合でしょう。
「戦争、外国の武力行使、革命、政権奪取、内乱、武装反乱その他これらに類似の事変または暴動」
文字面を見るだけで身震いしそうな項目です。保険金請求どころではないでしょう。

戦争はともかく、この日本で、いったいどのような状況で、誰が革命なんて起こすのでしょう。
万一また民主党が政権を奪取したら(ほぼあり得ませんが)、保険金の支払いに影響は出るのでしょうか。

そんなことを考えてるうちに、修理完了。ポールを屈曲部で切断し、太いポールに差し込んで固定しただけ。
修理費用2万7千円。なんだ安いな。これでは保険金の支払対象外です。嬉しいような、がっかりしたような。

関連記事
この記事のURL | 生活 | CM(0) | ▲ top
<<コサイン教えて何になる | メイン | 自転車通勤路の探求>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |