FC2ブログ
五輪エンブレム白紙撤回
- 2015/09/02(Wed) -
東京五輪のエンブレムは、原作者・佐野研二郎氏の盗用・転用疑惑により、白紙撤回されることになりました。
新国立競技場に続き、またケチが付きました。次は何でしょう。二度あることは三度あると言いますが・・・

ベルギーの劇場ロゴとの類似が指摘され、盗用が疑われても、佐野氏は偶然の類似だと主張し続けました。
佐野氏のその他の疑惑も次々に露呈しましたが、五輪エンブレムとは別の話だと、突っぱねてきました。

ところが、盗用を否定する根拠として、組織委員会が佐野氏の「原案」を公表したのが、裏目に出ました。
ベルギーとは似ていないことを示すための原案開示でしたが、今度は、別の展覧会のものにソックリでした。

弁明のために出した証拠が、逆に疑惑を決定的に深めたわけです。こういうのを、墓穴を掘る、と言います。

さて、次のエンブレムは、誰が作って誰が選ぶにしても、あらゆる批判に耐える覚悟が必要です。
ひとたび候補作が発表されたら、一斉に、似たもの探しが始まるでしょうから。

シンプルな図案であればたいてい、似たようなデザインのものが、どこかで見つかるでしょう。
類似品が見つかる確率を減らすには、もっと複雑な図柄にするしかありません。
だいたい、プシンプルなデザインの方が優れているという雰囲気が、そもそも間違いの元です。

たとえば招致エンブレムの「桜のリース」は、そのまま正式エンブレムに格上げしてもいいぐらいです。
あるいは、屏風絵だとか浮世絵のような、よく知られた芸術作品を取り入れるのも、いいかもしれません。
私がデザインを任されたなら、北斎の富嶽三十六景をモチーフにしてみたい。赤富士なんか、いいですね。
北斎の著作権なら、もう切れているはずだし。

関連記事
この記事のURL | 社会問題 | CM(0) | ▲ top
<<チンキ植物 | メイン | 大震災と大地震>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |