FC2ブログ
年賀状の意義
- 2011/11/01(Tue) -
年賀状が発売されました。もうそんな時期ですね。
私は筆無精なので、年賀状の時期は憂鬱です。

そこで、年賀状を今の形で続ける必要があるのか、相手別に考えてみました。

(1)日常的に付き合いのある、友人・同僚・同業者
紋切り調の年始の挨拶など、はっきり言えば無駄。
「今年も年賀状出しましたよ」というのが、ほとんど唯一の目的なので、メールで十分。
それも本文なしの件名のみで。
「件名:謹賀新年、住所・家族構成・勤務先に変更なし」

(2)日頃会うことが少ない、知人や仕事上の関係者
同期か目下の相手には、Facebookとかメールで充分でしょう。
目上の人には、社交辞令として、やっぱり年賀状でしょうかね。
印刷+手書きの一言を添えて。

(3)年賀状がほとんど唯一の交流である、旧友・恩師や遠い親戚など
年賀状の意義は、こういった人との「音信」を保てることではないでしょうか。
近況報告をびっしりと書いてもいいのでは。


電通がこのたび、日本郵便と連携して、Facebookで年賀状を郵送するサービスを発表しました。
面白い試みかもしれませんが、ネット上で活発にやりとりしている相手に、あえて郵便物の形で年賀状を送ることの意味が、私にはよく理解できません。

関連記事
この記事のURL | 生活 | CM(0) | ▲ top
<<精神科医の文筆家 | メイン | 妖怪人間ベム>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |