FC2ブログ
勤労感謝よりも新嘗祭
- 2015/11/23(Mon) -
「勤労感謝の日」の今日11月23日は、元はと言えば「新嘗祭」の日でした。

新嘗祭とは、天皇がその年の新穀を神に供え自らも食するという、宮中恒例祭典でも最も重要なものです。
宮中以外に全国の神社でも行われ、今朝不審な爆発事件が起きた靖国神社でも、新嘗祭が行われていました。

「新嘗祭が済むまでは、新米を食べるべきではない」という人もいるようですが、私には関係の無いことです。
近年私は、主食としてのご飯は、なるべく食べないようにしているからです。ただしデザートは食べます。

ではなぜ11月23日なのか。建国記念の日(紀元節)や文化の日(明治節)のような由来のある日でしょうか。
もともと新嘗祭は、日付は固定されず、陰暦11月の2回目の卯の日(=中卯の日)に行われていたそうです。

最重要な宮中祭典である新嘗祭は、卯(うさぎ)の生命力にちなんで、卯の日が選ばれたといわれます。
子(ね)から数えて4つ目の卯は、方位では東、時刻では午前6時をさすのも、陽気を感じさせます。

日付の十二支は12日周期で巡り、卯の日は毎月2回か3回訪れます。1回目が「上卯」で2回目が「中卯」。
1873年の太陽暦導入時に、ちょうど11月の中卯の日であった11月23日が、新嘗祭の固定日となりました。

国民の祝日の多くが、ハッピーマンデー制度によって固定日を失った経緯とは、正反対の変化です。
しかし、前にも書いたように、歴史的由来のある祝日は、オリジナルの名称や日付を尊重・維持すべきです。

「勤労感謝の日」という、GHQに変えさせられた、ボンヤリした名称には、何の由緒も情緒もありません。
名称は「新嘗祭」に、日付は11月の中卯日に戻してこそ、祭日としての歴史的意義が感じられるというもの。
暦を見てみると、偶然にも、今日が中卯じゃないですか。今年から、元に戻すのはどうですか、安倍首相。

関連記事
この記事のURL | 社会問題 | CM(0) | ▲ top
<<ロケットの次は人工心臓 | メイン | ど見放題>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |