FC2ブログ
接種料金と接種者数
- 2015/11/30(Mon) -
インフルエンザワクチンの価格が上がり、接種料金も軒並み値上げされていることは、前にも書いた通りです。
4価ワクチンとなり「よく効く」ようになりましたが、値上げされればどうしても、接種希望者は減ります。

それを見越して、ワクチンの供給予定量は2,973万本と、昨シーズンよりも11.5%ほど減らされています。
昨シーズンの使用量が2,649万本と推計されているので、もともと供給過多だったようです。

さて、接種数は現実にはどうなっているのか。当院だけの数値では何とも言えませんが、集計してみると、
昨シーズン:10月377人、11月589人、今シーズン、10月303人、11月561人。

やはり減っていますね。あるいは、出足が遅いようです。その原因として考えられるのは、
(1)接種料金の値上げ(前述した通り、ほぼ全国的に値上がりです。もちろん、当院も)
(2)予約方法の変更(実質的にネット予約限定にしました。これは当院だけの事情です)
(3)定期接種の負担金の値上げ(2年前までは無料、昨年は1000円、今年は1500円。熊本市の事情です)
(4)先週までは、やや暖冬気味だったので、出足が遅い(この数日、急に寒くなってきましたが)
(5)化血研の出荷が出遅れた(化血研占有率の高い熊本では影響が大きかったようですが、当院は無関係)

今シーズンから4価ワクチンとなったので、ワクチン自体の予防効果は、増強するだろうと期待されています。
しかし一方で、接種人数が減ることにより、インフルエンザ患者数はむしろ増えるかもしれませんね。
さて、どうなりますやら。

関連記事
この記事のURL | 予防接種 | CM(0) | ▲ top
<<山手線新型車両トラブル | メイン | 生活習慣改善の指導>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |