不具合ワクチン再登板
- 2015/12/02(Wed) -
「3種混合ワクチン納品希望申込書」を保健所に提出した件は、前に書いたとおり。その後日談です。
申込の数日後に、メーカーから連絡が入りました。要点は3つ。
(1)厚労省から連絡があったので、申込通りの日程で、ワクチンを納入いたします。(はいはい、よろしく)
(2)販売会社は、(私が指定していた)北里薬品ではなく、第一三共になります。(ふーん、そうなの)
(3)ワクチンの入った注射器は、針が外れて薬液が漏れやすいので、注意してください。(げ、やっぱり)

何度も書いてきたように、3種混合ワクチン(DPT)は現在、通常のルートでは入手できなくなっていいます。

3種に不活化ポリオを加えて4種に移行する過程で、3種混合ワクチンの供給量はどんどん減っていました。
各社は製造を中止し、ただ1社、北里第一三共だけが、在庫分の販売を継続していました。

ところがその、唯一残っていた北里第一三共のワクチンが、ある日突然、販売中止となりました。
その理由は、「ワクチンの注射器から針が外れやすい」という不具合でした。
くしくもその日が、北里柴三郎を記念した「血清療法の日」であったと、以前も書きました

そして今日、私の手元に届いたのはその、注射器から針が外れやすい、いわく付きのワクチンです。
かつて販売中止となった、言うなれば「不良品」が、緊急事態を救うために再登板してきたわけです。

ご丁寧に、針が外れやすいという「不具合」を、あらためて注意喚起(警告)する文書も送られてきました。
「もう日本の3種混合は、このワクチンしかないからな。文句言うなよ。注意して打てよ」という主旨です。

面倒な手続きを経て、やっと入手したワクチンですが、接種時に針が外れて液が漏れたら、接種は中止です。
もういちど保健所に手続きをして、新たなワクチンを手に入れなければなりません。
そしてまた、新たなワクチンが届いたとしても、それもまた「注射器から針が外れやすい」ワクチンなのです。

関連記事
この記事のURL | 予防接種 | CM(0) | ▲ top
<<化血研の隠蔽体質 | メイン | 山手線新型車両トラブル>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |