FC2ブログ
休肝日と休診日
- 2016/01/14(Thu) -
アルコール性と思われる肝障害のある方などには、「週に1回、休肝日を作りましょう」と言ったりします。

「休肝日」とは文字通り、「肝臓を休める(休ませる)日」ですが、それはある意味、ウソも方便みたいなもの。
たとえば週に1日でも禁酒すれば、その分、1週間のアルコール摂取量は減るだろうと、その程度の話です。

休肝日によって肝臓が回復するイメージがありますが、休肝日の翌日に2倍飲んだら、意味ないでしょう。

「休肝日」は「休刊日」をもじった言葉。しかし、両者の構造が違うのが、私は昔から気に入らないのです。
(1)休刊日:新聞などの刊行を休む日であり、その結果、販売店の従業員などを休ませることができます。
(2)休肝日:アルコール摂取を休む日であり、その結果、肝臓を休ませることができると思われています。

このように「休む」と「休ませる」の違いがあるのに、同じような使われ方をしているのが釈然としません。
「刊」と「肝」が似ており、造語としての出来がいいので、しょうがないのか。

明日は「休診日」。診療を休むので(1)の用法です。
これを(2)の使い方で書くなら、「休身日」または「休心日」あるいは「休神日」でしょうか。
いや、たとえ診療を休んでも、あれこれ残務があって、なかなか心身や精神は休まらないのですけどね。

関連記事
この記事のURL | 言葉・文章 | CM(0) | ▲ top
<<日本家電の行方 | メイン | 加湿器を一新>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |