FC2ブログ
しもやけ&あかぎれ
- 2016/02/21(Sun) -
「しもやけ」とか「あかぎれ」の方が、ときどき来院されます。たいてい、ご高齢の女性かお子さんです。
私も子どもの頃は、足にしもやけ、手があかぎれでした。

【しもやけ】
寒冷による、末梢循環障害です。外用薬やビタミンEを処方しています。
漢字で「霜焼け」と書きますが、レセプトで書く傷病名となると「凍瘡」です。「凍傷」ではありません。
古い辞書「古事類苑」を見たら「瘃」という、見たこともないような字で書いてありました。
「箋注倭名類聚抄」には、「俗呼之毛也計」とあります。「俗にしもやけと呼ぶ」と読むのでしょうか。

【あかぎれ】
寒冷によって、皮膚が乾燥して裂けた状態です。保湿剤と抗アレルギー薬を処方することがあります。
「あ(足)」が「かかる(ひびが切れる)」ことから「あかがり」と言われたのが、語源だそうです。
「あか」から「赤」とか「垢」を連想(異分析)したために、残された「がり」が「ぎれ」になったとのこと。
一字で「皸」とか「皹」と書くようです。これも初めて見ましたが、左右を入れ替えても同じ意味の漢字です。
このような漢字は他にないのか、調べたらありました。「飄」と「飃」です。「つむじかぜ」と読みます。

私の両手の甲は今、あかぎれに近い状態です。速乾性擦式手指消毒剤を、毎日100回以上擦り込むせいです。
エタノールを約80%ほど含有するこの消毒薬を、手に擦り込むたびに、皮脂が溶けて流れ出していきます。
それを補うべく保湿剤を使いますが、それがまた次の消毒によって失われます。毎日、その繰り返しです。

保湿剤含有の消毒薬も使いましたが、あまり効果はありません。消毒薬含有の保湿剤なんて、ありませんかね。

関連記事
この記事のURL | クリニック | CM(0) | ▲ top
<<ロック解除拒否 | メイン | ワクチン再接種すべきか>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |