FC2ブログ
水痘ワクチンの接種間隔
- 2016/02/25(Thu) -
水痘ワクチンが定期接種の仲間入りをして、1年半近くたちました。
1歳になったら、麻しん/風しん混合(MR)ワクチンとともに水痘ワクチンを接種する方が、いま多いです。
同じ時期から接種が可能になる、おたふくかぜ(ムンプス)ワクチンも、接種者は徐々に増えつつあります。

これら3つの生ワクチンは、それぞれ2回接種することで、ほぼ一生涯の免疫を得ることができます。

MRワクチンは、1歳児と年長児が接種します。よって接種間隔は、3年から5年ということになります。
おたふくかぜワクチンも、1歳の時に接種したら、2,3年後に2回目の接種をするように、私は推奨しています。

生ワクチンにより獲得した免疫は、その後ジワジワと低下してきます。
ある程度低下してきたタイミングで追加接種をすると、免疫が回復し長持ちします。ブースター効果です。
それを狙って、1回目の接種の3年後ごろに2回目を接種しているのが、MRとおたふくのワクチンです。

ところが水痘ワクチンは、1歳以上3歳未満で2回接種する、というのが定期接種の規定です。
2年の間に2回接種です。接種間隔は6カ月から1年が標準とされます。MRやおたふくよりも短い設定です。

このように短い間隔で、水痘ワクチンの2回目を接種するのには、理由があります。
今はまだ日本中で水痘が蔓延しているので、早く2回目の接種をしないと、水痘に罹ってしまうからです。
免疫を長持ちさせるよりも、確実な免疫を早く獲得させることの方が、いまは大事なのです。

現に、1回目の接種後1年以内に水痘に罹るお子さんを、私は何人も見てきました。
なので私は、規定ギリギリの3カ月間隔で、水痘ワクチンの2回目の接種を行うことにしています。

水痘患者は、いま明らかに減っています。ワクチンの定期接種化は、間違いなく効果絶大です。

関連記事
この記事のURL | 予防接種 | CM(0) | ▲ top
<<運転中の急性大動脈解離 | メイン | 年齢解釈と学年>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |