fc2ブログ
インフルB型流行中
- 2016/02/28(Sun) -
当院で本日診断したインフルエンザは、A型よりもB型の方が多いという、珍しい事態でした。
このようなB型インフルエンザの流行は、私の開業8年間の経験では初めてのことです。

国立感染症研究所の、ウイルス分離報告を見ても、今シーズンの流行はかなり特異的です。

まず、現在の流行の約6割が、2009年に流行した、元「新型」インフルエンザ(A型(H1N1))です。
昨年の主流だった、いわゆる「季節性」インフルエンザ(A型(H3N2))は、今ほとんど検出されていません。
つまり、昨年A型インフルエンザに罹患した方でも、今年またA型に罹患する可能性があるということです。

B型が多いのも特徴。過去3年間は「山形系」主体だったのに、今期は「ビクトリア系」が拮抗しています。
つまり、この数年B型インフルエンザに罹患した方でも、今年またB型に罹患する可能性があるということ。

従来、A型に比べて比較的軽症と思われてきたB型ですが、今年のB型は重症が多い印象があります。
もしかすると、「ビクトリア系」は重症なのかもしれません。

ところで、来院する発熱者がすべてインフルエンザとは限りません。その他の感染症の方もたくさんいます。

南米帰りの方であれば、ジカ熱も疑うべきなのでしょうね、これからは。
先日、川崎市の高校生がジカ熱を発症しました。ブラジルに10日程度滞在し、帰国した後の発症です。
入国前に38度の熱が出ていたものの、空港では下熱、その後また発熱し医療機関を受診したようです。

発熱者を診た医者が、ジカ熱を疑うかどうかがカギ。海外渡航歴だけは、聞き漏らさないようにしなければ。

関連記事
この記事のURL | クリニック | CM(0) | ▲ top
<<2月29日生まれ | メイン | BCGの次は日本脳炎>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |