FC2ブログ
お薬手帳が割引手帳
- 2016/03/02(Wed) -
来月からの診療報酬改定では、「お薬手帳」にまつわる改定が、今ちょっと話題です。
従来の「お薬手帳を断ると20円安くなる」が、「お薬手帳が無いと30〜40円高くなる」と逆転するからです。

調剤薬局が、薬についてあれこれ「指導」をすると、「薬剤服用歴管理指導料」という報酬が発生します。
現時点ではこれが41点(410円)なのですが、お薬手帳を利用しなければ、34点(340円)に減額されます。
お薬手帳を利用しないのなら、その分だけ指導も不十分だろうから報酬は減らしますよ、という理屈です。
これによって、3割負担の方の場合には、窓口での支払いが20円ほど安くなります。

この仕組みを利用(悪用)して、お薬手帳を拒み、支払いを20円ほど安くすることが、現行の制度では可能。
これが「裏技」として広まり、「おくすり手帳を拒んでムダな出費を省こう」みたいになっていました。

しかし本来、お薬手帳は、その患者さんの処方内容を一覧できる、便利で重要なもの。だから普及させたい。
それならば、お薬手帳を持参した方が安くなるようなインセンティブを付けよう、というのが改定の趣旨です。

来月からの薬剤服用歴管理指導料は、初回が50点(500円)、2回目からは38点(380円)になります。
同じ薬局に行くなら、2回目からは安くしますよという、リピーター割引です。
ただしこの割引は、お薬手帳を持参した者にのみ認められます。つまり、お薬手帳が「割引手帳」なのです。

関連記事
この記事のURL | 医療 | CM(0) | ▲ top
<<AppleとFBI | メイン | どこか痒いところ>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |