FC2ブログ
医療費助成、中3まで?
- 2016/03/26(Sat) -
「子ども医療費助成 付帯決議案可決」
「子ども医療費助成拡大 見送り」
この2つの見出しの記事が、同じ内容を報じているので、ちょっと戸惑いますが、先週の熊本市議会の話です。

子どもの医療には、その対象年齢や金額は自治体によって異なりますが、医療費に助成があります。
熊本市では、対象者が診療を受ける際には「子ども医療費受給資格者証(ひまわりカード)」を提示します。
これによって、医療機関の窓口で支払う自己負担は現在のところ、
(1)3歳未満のお子さんは、自己負担なし
(2)3歳以上小学3年生まで(9歳到達後の3月末日まで)は、1医療機関につき1カ月あたり500円

この対象年齢を中3まで拡大します、というのが、大西一史市長の選挙公約の一つでした。
(2−2)3歳以上中学3年生までは、1医療機関につき1カ月あたり1000円の自己負担

やたらに助成を増やすと過剰医療にならないか、という危惧もありますが、問題は別のところにありました。
つまり、従来の(2)の対象者については、自己負担額が500円から1000円に増額されてしまうということ。
このことなどを問題視して、助成制度の内容を再考するように市側に求めたのが「付帯決議」です。

少子化対策のひとつとしても、小児医療費助成の拡充は意味があるかもしれませんが、単純ではないのです。
現行制度でも、すでに過剰医療気味な側面は感じます。対象を拡充すれば良いというものではありません。
必要な医療には十分に助成し、不要な医療には自己負担を課す。そんな細やかな制度になればいいのですが。

関連記事
この記事のURL | 医療 | CM(0) | ▲ top
<<病気とニュース映像 | メイン | 人工知能が書いた小説>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |