FC2ブログ
大河ドラマの面白さ
- 2016/04/11(Mon) -
真田丸」は毎回、笑わせてくれますね。どうやら、歴史コメディーの様相を呈してきました。
時代も、人物も、それぞれ興味深い題材ですが、笑わせるのはやっぱり、脚本の力でしょうね、三谷幸喜の。
考えてみると、私がこれまでに面白いと思った大河ドラマには、いつも適度な笑いがありました。

歴史を教科書通りに映像化したのでは、面白かろうはずがありません。何しろ、ストーリーはネタバレだし。
かといって、史実をねじ曲げるのは困る。史実と異なるドラマは、また別の企画でやってくれればよいです。

大河ドラマの面白さは、史実とは矛盾しない範囲で、どれほど独自の物語を構築できるかで決まります。

架空の人物を登場させても構わないわけです。そのような人物がいなかった、という証拠はないからです。
だいいち、誰がなんと喋ったのか、その一語一句が完全に記録されているわけではありません。
登場人物たちのセリフは、つまるところ、ほとんどが創作です。
誰と誰が、じつは裏でつながっていたとか、あっと驚く設定にしてしまうのも、ありでしょう。

真田信幸が、妻と思って膝枕に寝そべってしばらく愚痴った挙げ句、気がつくとそれは妻ではなく母親だった。
昨日のそのシーンすら、そんなアホな出来事がなかったという証拠はないので、史実とは矛盾しません。
この場合は、「んなわけないやろ」と突っ込みながら笑うのが、われわれの正しい視聴態度というわけです。
今回の大河ドラマは、三谷幸喜の策にどっぷりとはまればはまるほど、その面白さを堪能できそうです。

関連記事
この記事のURL | 映画・TV | CM(0) | ▲ top
<<がん免疫療法 | メイン | 区名のユニーク度>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |