FC2ブログ
エコノミークラス症候群
- 2016/04/27(Wed) -
避難生活、とくに車中泊を続けている人の間で、いま問題となっているのが「エコノミークラス症候群」。
これは下肢、とくに下腿の深いところの静脈(深部静脈)の中に、血栓(血のかたまり)ができる病気です。
その血栓が血流に乗って移動し、大静脈→右心房→右心室を経て肺動脈に詰まると、肺塞栓を引き起こします。
血栓が下肢にある間の症状は、下肢の腫れや痛みですが、肺塞栓を起こすと、胸痛や呼吸困難をきたします。

エコノミークラス症候群(正式には「深部静脈血栓症」)の原因は、おもに次の2つ。
(1)長時間同じ姿勢(とくに下肢を屈曲した状態)
(2)水分摂取不足

車中泊はまさに典型的な(1)だし、飲料水不足やトイレが不便な環境であれば(2)も重なってきます。
当院の患者さんの中には、いまだに車中泊をしている人もいます。余震の恐怖から、家で寝られないのです。

「血液サラサラの薬を飲んでるから大丈夫です」と言う方がいますが、それはたいてい、間違っています。

脳梗塞や心筋梗塞などの心配のある方が飲んでいるのは、「バイアスピリン」などの「抗血小板薬」です。
動脈硬化で血管壁が傷んだ場所に、血小板が集まって血栓を作り、動脈が詰まってしまうのを防ぐ薬です。

一方で、下肢の静脈とか、心房細動のときの左心房など、血液がよどむ場所にできる血栓は、また別物。
血液凝固因子が活性化して血液が凝固するので、治療薬は「ワーファリン」などの「抗凝固薬」です。

バイアスピリンを飲んでいても、エコノミークラス症候群を予防することはできません。ご注意ください。
足を定期的に動かし、可能なら高い位置に上げ、できれば時々歩き、水分は十分に摂る。それしかありません。

関連記事
この記事のURL | 医学 | CM(0) | ▲ top
<<車中泊生活とトイレ | メイン | ブログ更新連続4年過ぎ>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |