FC2ブログ
オンラインストレージ
- 2012/02/07(Tue) -
パソコンのデータを、クラウド上に保存するのが当たり前になってきました。
とくに同期型のオンラインストレージは、ホントに便利ですね。

職場でも自宅でも、いつも同じファイルで作業ができるので、USBメモリを持ち歩く必要がなくなりました。
現在使っているものは以下の3つ。

【Dropbox】
ケチなので、無料の範囲で利用していますが、八方手を尽くして6GBまで拡張した容量もパンク寸前。
そこで、古いファイルは他へ移動し、作業ファイルだけを一時保存する場所にしました。
データベースとか、作成中の図表とか、執筆途中の原稿などを置いています。
共有フォルダを利用して、誰かと共同作業をするのにも最適です。
スキャナ読み取り画像などの、自動保存先に指定するのも便利な使い方です。
Dropboxの良い点は、同期が速く「存在感がない」こと。

【SugarSync】
無料の範囲で利用中。ケチなので。
サクサク感はDropboxには及びませんが、多機能でよくできたシステムです。
完成した文書やpdfファイルなど、今後修正することはないけれど、参照する可能性はありそうなファイルのの保管場所にしています。
つまり、Dropboxを「卒業」したファイルを、SugarSyncに「移動」するという流れです。

【iCloud】
Apple純正のクラウドサービス。
ジョブズ氏は当初、Dropboxを買収しようとしたらしいですが、断られたのでiCloudを作った、という話です。
鳴り物入りで登場したものの、どうも見切り発車感が否めないのは、いつものApple流。
Dropboxそっくりの使い方もできますが、そのためにはちょっとした裏技が必要。つまり正式に認められた使い方ではないのです。
同期の進捗状況もわかりにくいので、同期できているのか不安でドキドキします(動悸)

関連記事
この記事のURL | IT | CM(0) | ▲ top
<<足の裏のホクロ | メイン | 友達5000人>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |