FC2ブログ
「ひとみ」を失う
- 2016/05/06(Fri) -
今日は、熊本地震とは関係ない話。2月に打ち上げられた、人工衛星「ひとみ」のトラブルについて。

けっこう期待していたのに、運用断念という結末は残念です。JAXAのサイトによると、そのいきさつは、
(1)回転していないのにもかかわらず回転していると誤って判断し、回転を止めようとしたら逆回転を始めた
(2)危険な状態と判断してスラスタ(推進装置)を噴射したら、それが不適切で、余計に回転が加速した
(3)遠心力が増し、構造的に弱い太陽電池パドルの取り付け部分が破損し、両翼が分離した

スラスタ噴射の設定値を調節した際に、プログラムミスがあったとのこと。これじゃ、やりきれませんね。
万全を期した最初のプログラムではなく、途中で修正したときにこそ、うっかりミスには注意すべきなのに。

事実を明らかにするのは大事なことですが、私個人としては、こんな事実など知りたくありませんでした。
「隕石が衝突して破損したらしい」ぐらいの、ウソの発表をしてくれた方が、今回は良かったとさえ思います。
その方が、よほどガッカリ感が少なかったのに。
震災で大変なときに、300億円以上がムダになったという話はショックですが、いまそれを言いますまい。

全長14メートルの巨大な衛星は、いまも宇宙のどこかでグルグル回転し続けているのでしょうか。
遠心力で飛び出した2枚のパドルは、それぞれ別々の方向に、一定の速度で飛び続けているのでしょうか。

ブラックホールの観測や宇宙の成り立ちの解明が、いったい暮らしに役立つのか、というのは近視眼的発想。
すぐに役立ちそうにないからこそ、夢がある。これにめげず、再チャレンジしてほしいです。

関連記事
この記事のURL | 科学 | CM(0) | ▲ top
<<サンピアン全面改修 | メイン | 地鳴りと地震>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |